礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

津田三蔵君は慧眼であった(林逸郎)

2017-05-28 02:19:55 | コラムと名言

◎津田三蔵君は慧眼であった(林逸郎)

 昨日の続きである。林逸郎弁護士の「血涙以つて守るべきは陛下の赤子の命なり」という文章を紹介している。本日は、その二回目で、昨日、紹介した部分に続く部分を紹介する(二三ページの途中から二五ページの途中まで)。

  津田三蔵と小島先生
 更に又今回の事件を以て大津事件と比較して論ずる者があるやうでああります。御承知の如く此の事件は露西亜の皇太子ニコラス、アレキサンドルウヰツチが明治二十四年〔一八九一〕五月に日本に巡遊に参つて、長崎に上陸し、漸次日本を巡遊致しまして、明治天皇陛下に対し奉り、拝謁を賜るべく大津まで参りました時に、警戒に当つて居りましたる巡査津田三蔵君が之に向つて三度斬りつけたのであります。殿下は此の時顔面より鮮血淋漓たりと記録に残つて居ります。左様な重傷を負はしめた。予審の調書に依りますと、津田君は言つて居ります。彼は日本帝国に参つて皇室に礼をしないで日本を巡遊するといふことは、日本を横領するものに違ひないと考へた。斯う〈コウ〉言つたのでありますが、それより僅かに二十年にして日露戦争が始まつたことを考へる時、津田三蔵君の眼は洵に〈マコトニ〉慧眼であつたと私は考へるのであります。此の時に廟議は非常なる問題と相成り、畏くも〈カシコクモ〉明治天皇に於かせられましては、皇后陛下、皇太子殿下御同列で神戸沖の軍艦にまで御見舞になつたのでありまして、幾度かの御前会議も開かれ、津田三蔵を死刑に処さなければならぬといふことであつた。然るに此の小島先生〔児島惟謙〕が断じて応じない。若し〈モシ〉斯様な〈カヨウナ〉ことから露西亜が戦争を仕掛けて来た時には一体どうするかと山田〔顕義〕司法大臣が小島先生に申したした所、若し〈モシ〉露国が事を構へて帝国を横領に参るが如きことがありましたならば、其の時こそは私共判事を以て一隊を組織し、奮戦して斬死致さん、其の時は法律は担ぎ出さざるべしと言つて居ります。之を以て遂に津田三蔵は無期徒刑を言渡された。此の時先生は大津京都の市民に恰も凱旋将軍の如くに迎へられたと言はれて居ります。
  血涙法を守ると云ふが如きは法律を解せざるもの
 此の小島先生の行は決して法律を守つて居るのでなく、血涙以て国家の恥辱を守つたのであります。今日亦同様に、青年将校を処するに当つて、血涙法を守ると云ふが如きは、日本の法律を真に解釈すべき人の云ふ言葉ではないと思ひます。血涙以て守るべきものは 陛下の赤子の命でなければならぬと云ふことを私は痛感するのであります。即ち法律を守ると云ふことは大してむづかしいことではありませぬ。吏僚の末、小役人でも法律を守る位は出来る。併しながら法律を生かすと云ふことは中々出来ない。大丈夫のみ之を為すのであります。法律を守るべきではなくして、生かすべきものでなければならないと私は思ふのであります。

 ここで、林逸郎は、一八九一年(明治二四)の大津事件を持ち出して、五・一五事件の青年将校を擁護しようとしている。要するに、青年将校の行為を、法を以て処置するのは適当でないという主張である。
 林は、その主張の根拠として、大津事件を挙げているわけだが、その同事件に対する林の理解が正確でない。大津事件においては、法を枉げて津田三蔵を極刑(死刑)に付そうとしたのは、政府であって、大審院長であった児島惟謙は、法に従って極刑を回避しようとしたのである。
 したがって、林が、法は守るべきものでなく活かすものだという持論を根拠づけるために、ここで大津事件を持ち出したのは、適切でなかったのである。しかし林は、全くそのことに気づいていない。大津事件のことをよく知らなかったのか、あるいは、知っていて、あえてストーリーを改変してしまったのか。
 それにしても、「津田三蔵君の眼は洵に慧眼であつたと私は考へるのであります」と言っているのは、いかにも、林らしい。ここで、大津事件を持ち出したのは、実は、このことを言いたかったからかもしれない。

*このブログの人気記事 2017・5・28(6・7・8位に珍しいものが入っています)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

林逸郎弁護士と五・一五事件肯定論

2017-05-27 05:59:42 | コラムと名言

◎林逸郎弁護士と五・一五事件肯定論

 昭和期の弁護士で、林逸郎〈ハヤシ・イツロウ〉という人物がいる。今日、ほとんど話題にのぼらないが、ことによるとこれは研究に値する人物かもしれない。
 インターネットで、「林逸郎」を検索すると、3890件がヒットした(2017・5・26)。その筆頭に、コトバンクの解説がある。
 コトバンクのうち、「20世紀日本人名事典の解説」を引用させていただく。

林 逸郎 ハヤシ イツロウ 昭和期の弁護士
生年 明治25(1892)年9月5日
没年 昭和40(1965)年2月5日
出生地 岡山県
学歴〔年〕 東京帝大法学部〔大正9年〕卒
経歴 大正9年弁護士開業。東京第二弁護士会長、昭和37年日本弁護士連合会会長を務めた。この間、戦前には軍や右翼に顔が広く、井上日召らの血盟団事件、5.15事件、神兵隊事件、大本教事件など右翼関係の大事件の弁護を担当。戦後は極東軍事裁判で橋本欣五郎を弁護し、32年にはジラード事件の主任弁護人を務めた。また東条英機以下の「殉国七士の墓」建立にも尽力した。著書に「敗者」など。

 この短い説明を読んだだけでも、かつては、かなり活躍した弁護士、あるいは、かなり政治色の強い弁護士であったことがわかる。ウィキペディアに「林逸郎」の項がないのは不思議である。
 さて、上記にの説明中に、「戦前には軍や右翼に顔が広く」という字句があるが、林逸郎は、軍や右翼に顔が広かったというよりは、自身が革親右翼的な思想の持ち主であった。
 そのことは、一九三五年(昭和一〇)四月に、昭和神聖会から、『天皇機関説撃滅』という本を出していることで明白である。
 ちなみに、同書刊行時における林逸郎の肩書は「愛国法曹連盟理事」である。また、同書の発行元の昭和神聖会は、大本教(皇道大本)の組織として知られている。
 本日は、林逸郎の「思想」を知るために、彼の文章を、少し読んでみたい。紹介するのは、「血涙以つて守るべきは陛下の赤子の命なり」という文章である。これは、一九三三年(昭和八)九月二九日に、浅草公会堂でおこなわれた講演の速記録で、同年九月に、日本講演会から刊行された(菊地武夫の講演速記録と合冊)。なお、この講演時における林逸郎の肩書は「五、一五事件海軍側弁護士」である。
 林逸郎の講演記録は、原文で、二十九ページ分あるが(一~二九ページ)、本日、紹介するのは、二一ページ初めから二三ページの途中までの部分である。


  軍 人 精 神 を 生 か せ
 軍紀と申しますれば、軍人の行動を規律致しまする軍人精神といふものと同一でなければならぬのであります。又軍人精神と云ふものはどういふものかと申しますと、軍人に与へられて居ります道徳律であります。この軍人に与へられて居ります道徳律といふことは、取りも直さず、大義名分であります。取りも直さず、忠君愛国といふことであります。軍人に与へられて居りまする軍人精神を守らんとして軍紀に触れることがありましたならば、この時に於ては何れを先にするか,軍人精神に重きを置くべきか、即ち軍紀に重きを置くべきか、と云ふことを十分に考へなければなりませぬ。日清戦役の始まります前に東郷〔平八郎〕元帥が支那の軍艦を撃破された〔高陞号事件〕。この時閣議は非常に沸騰して伊藤博文公は東郷を拉し来つて軍法会議に付さなければならぬといつたのでありますが、この時西郷従道〈サイゴウ・ツグミチ〉侯が戦は既に開かれたのである。何処を咎むべき必要ありや、彼に与へるものは恩賞のみではないかといふので廟議〈ビョウギ〉が一決したさうであります。興廃の岐れる処の斯くの如しと私は思ふのでありますが、この場合と同じやうに、行為が軍紀に触れるが如きことでございましても、それが軍人精神を生かすといふことになります場合は、私共は十分なる覚悟を以て之に処さなければならぬのであります。
  勧 進 帖 を 吟 味 せ よ
 勧進帖と申す芝居がございます。山伏に身を扮したる義経の一行が安宅の関で咎められ、遂に弁慶が義経の頭に錫杖〈シャクジョウ〉を挙げて打擲〈チョウチャク〉致すのであります。此の場合の武蔵坊弁慶は軍紀を乱す甚しき者でありませうか、更にこの時武蔵坊弁慶は偽の勧進帖をば声高らかに読上げるなども亦軍紀を乱る甚しきものであると言はなければならぬでせうか。弁慶が義経を打擲致す時には、彼の心の中には萬斛〈バンコク〉の涙が流れてゐるのであります。而して後に彼は涙を湛へて〈タタエテ〉義経に詫びて居りますが、この涙こそは軍人精神其のものであると言はなければなりませぬ。又富樫佐衛門尉〈トガシ・サエモンノジョウ〉が義経一行の山伏をば通過せしめるといふことは、軍紀を乱す甚しきものと言へませう。况して〈マシテ〉義経一行と知りつつ落した〔逃がした〕のです。去りながら、富樫佐衛門が武蔵坊弁慶の読みまする偽の勧進帖を観破しながら落した、之を私共は軍人精神の発露と申すのであります。軍紀を乱したものに対しては、厳に之を処罰しなければならぬと同時に、軍人精神を生かしたる者に対しては、大いに之を称揚しなければならぬと私は絶叫します。

 要するに、林逸郎は、軍人精神は軍紀よりも重いということを言おうとしているのである。それを言うために、東郷平八郎の高陞号砲撃や義経・弁慶の安宅の関の一件を持ち出したのである。
 では、なぜ、林は、「軍人精神は軍紀よりも重い」ということを強調したのか。それは、五・一五事件の被告を擁護するためであった。五・一五事件の被告を、法で裁いてはならぬ、彼らの行動は、昭和維新を実現しようとしたものであって、その軍人精神を否定してはならぬ。――こうして、林は、五・一五事件の被告を擁護し、五・一五事件を肯定したのである。

*このブログの人気記事 2017・5・27(5・6・7・9・10位が珍しい)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西神田「日本書房」の包装紙に見られる経文

2017-05-26 02:10:51 | コラムと名言

◎西神田「日本書房」の包装紙に見られる経文

 先日、西神田の古書店・日本書房で、店頭に置かれていたバーゲン本を数冊買い求めた。小額の買い物だったにも拘わらず、包装紙で包装した上に、「神田 本の街」と書かれたシッカリしたビニール袋に入れていただいた。
 その包装紙だが、これは日本書房のオリジナルで、記憶では四十年以上前から、デザインが変わっていない。扇の扇面に描かれた平安貴族と思われる男女の絵の上に、経文のようなものが、ビッシリと書き込まれている。
 この経文が何というお経のものなのか、ふと気になって注視したところ、途中に「妙法蓮華経方便品〈ボウベンポン〉第二」とあった。法華経の一部のようである。
 文字は一部、不鮮明な部分もあるが、今は、インターネットという便利なものがあるので、容易に復元できる。
 復元した経文は、次の通り。旧漢字は、新漢字に直したが、「佛」、「盡」は、そのままにしておいた。「断」、「万」は、原文でも、この字形を使っている。

佛此夜滅度 如薪盡火滅 分布諸舎利 而起無量塔
比丘比丘尼 其数如恒沙 倍復加精進 以求無上道
是妙光法師 奉持佛法蔵 八十小劫中 広宣法華経
是諸八王子 妙光所開化 堅固無上道 当見無数佛 
供養諸佛已 随順行大道 相継得成佛 転次而授記
最後天中天 号曰燃燈佛 諸仙之導師 度脱無量衆
是妙光法師 時有一弟子 心常懐懈怠 貪著於名利
求名利無厭 多遊族姓家 棄捨所習誦 廃忘不通利
以是因縁故 号之為求名 亦行衆善業 得見無数佛
供養於諸佛 隨順行大道 具六波羅蜜 今見釈師子 
其後当作佛 号名曰弥勒 広度諸衆生 其数無有量
彼佛滅度後 懈怠者汝是 妙光法師者 今則我身是

我見燈明佛 本光瑞如此 以是知今佛 欲説法華経
今相如本瑞 是諸佛方便 今佛放光明 助発実相義
諸人今当知 合掌一心待 佛当雨法雨 充足求道者
諸求三乗人 若有疑悔者 佛当為除断 令盡無有余
妙法蓮華経方便品第二
尓 時 世 尊 従 三 昧 安 詳 而 起 告 舎 利 弗 諸 佛
智 慧 甚 深 無 量 其 智 慧 門 難 解 難 入 一 切 声
聞 辟 支 佛 所 不 能 知 所 以 者 何 佛 曽 親 近 百
千 万 億 無 数 諸 佛 盡 行 諸 佛 無 量 道 法 勇 猛
精 進 名 称 普 聞 成 就 甚 深 未 曽 有 法 随 宜 所
説 意 趣 難 解 舎 利 弗 吾 従 成 佛 已 来 種 種 因
縁 種 種 譬 喩 広 演 言 教 無 数 方 便 引 導 衆 生

 経文は、キリの悪いところから始まって、キリの悪いところで終わっている。おそらく、法華経を写した一連の扇子が作られるということがあって、ここにある扇子も、そのうちのひとつなのではなかったのか。

*このブログの人気記事 2017・5・26(6・9位に珍しいものが入っています)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

役人や知識階級はドイツ流の統制主義一本槍

2017-05-25 03:54:55 | コラムと名言

◎役人や知識階級はドイツ流の統制主義一本槍

 実話雑誌社発行の月刊誌『実話雑誌』一九四八年新春号(第三巻第一号)について、もう少し述べておきたい。
 同誌同号の裏表紙に、唱歌「箱根八里」一番の替え歌が載っていることは、今月二一日のブログで紹介した。同号四二ページの余白には、著名な和歌をモジった「狂歌」が、五つ載っている。
 本日は、まず、これを紹介しておこう。

○なげけとて闇屋は物を思はする
  買ふことならぬ我がくらしかな
○もろともにあはれと思へ引揚者
  やみより外に食ふすべもなし
○無償ではくれぬものとは知りながら
  なほうらめしき配給の品
○心あてにそれと思ひし番号の
  人まどはする宝くじかな
○闇市の店に吊りたる裾模様
  流れし質の紅葉なりけり

 いずれも、当時の世相を皮肉たっぷりに描写したものである。一応、それぞれの「本歌」も引いておこう。

○嘆けとて月やはものを思はする かこち顔なるわが涙かな(西行法師、百人一首86)
○もろともにあはれと思へ山桜 花より外に知る人もなし(前大僧正行尊、百人一首66)
○明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしきあさぼらけかな(藤原道信朝臣、百人一首52)
○心あてにそれかとぞ見る白露の 光添へたる夕顔の花(源氏物語26)
○山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり(春道列樹、百人一首32)

「箱根八里」一番の替え歌にせよ、和歌のモジリにせよ、時代に対する批判精神と相当の教養、それに加えて、機智のセンスを持った人物でなければ、とても、こういうものは作れない。作ったのは、編集担当の畠山清身、畠山晴行兄弟のいずれかだったのだろう。あるいは、兄弟の合作だったのかもしれない。
 ところで、同誌同号の最終ページ(五〇ページ)には、「編輯後記」というものが載っている。署名もなく、非常に短いものだが、感心させられた。次のようなものである(改行は原文のまま)。

  編 輯 後 記
 明けましてお芽出度う。いよい
よ終戦四年目の年を迎へる訳だが
今年こそ何んとか目鼻のついた年
にしたいものだ。それにつけても
一般庶民が一足先に民主的になつ
てゐるのに、お役人や所謂知識階
級が、戦争中の味が忘れられず、
独逸流の統制主義一本槍の机上プ
ランに終始してゐるのは困つたも
のだ。ともあれ、平素の御愛顧を
謝し、読者諸氏の艶福を祈る。

 ここで注意したいのは、「お役人や所謂知識階級が、戦争中の味が忘れられず、独逸流の統制主義一本槍の机上プランに終始してゐる」という指摘である。
 敗戦後、軍部が解体され、国民主権・民主主義の世の中に変わったが、戦中の統制経済は、そのまま維持された。占領軍のニューディール派の主導によって、農地改革・財閥解体などの社会変革がおこなわれたが、これは、戦前戦中に進行していたナチ的(国民社会主義的)社会政策を引き継ぐものだったとも言える。
 当時、「ヤミ」が横行したのは、国家の統制主義が経済の実態に合わなかったからである。庶民にとっては、「ヤミ」は、生きるための手段であり、国家の統制主義に対する反抗でもあった。この「編輯後記」の筆者は、そのあたりを、よく見抜いていた。だからこそ筆者は、当時における「ヤミ」の横行を、皮肉な目で観察することができたし、また、「戦争中の味が忘れられず、独逸流の統制主義一本槍」という指摘をおこなうこともできたのである。
 なお、今でこそ、「戦中戦後体制連続論」という議論が、知られるようになってきたが、こうした視点が初めて提起されたのは、一九九〇年前後のことであった。「編輯後記」の筆者は、直観的にではあったが、まさにリアルタイムで、戦中戦後体制の「連続」に気づき、それを指摘していたことになる。

*このブログの人気記事 2017・5・25(4・8位に珍しいものが入っています)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老僧の背後に瞋恚の形相の年増女が

2017-05-24 03:31:43 | コラムと名言

◎老僧の背後に瞋恚の形相の年増女が

『実話雑誌』一九四八年新春号(第三巻第一号)に掲載されていた「心霊座談会」の記録を紹介している。本日は、その三回目(最後)。昨日、紹介した二節のあと、次のように続いている。

 写真に写つた亡霊
藤村 亡霊が写真にうつるのは、さう珍らしいことでばないやうですね。永年、写真屋をしてる連中は、よく言ひますが、時々、写した人の肩や、横の方に、人間の顔や、動物の姿が現はれてゐることがある。そんな時は、修正するか、写し直してやるんだ――と言つてましたが……。
道島 写真を見て、その人の運勢を占ふといふのがありますね。
岡沢 占ふんぢやアないんでせう? 例の水沼(仮名)あれぢやアないんですか?
道島 さうです。
岡沢 あれはね、憑き物をさがすんですよ。たとへば、女に恨みをうけてゐるとする。その女の生死にかゝはらず、恨みなりなんなり思ひがかゝつ居れば、必ず写真に写つてゐるといふんですよ。玄人の写したものでは、修正してあるからいけない。素人の写したものに限るといふんで、それに現在の住居の、成可く〈ナルベク〉四六時中ゐる部屋、たとへば居間のやうな処を写した写真をならべて鑑定すると、百発百中だといふんですが……。
羽田 あたりますか?
岡沢 責任をもつて言へないが、まア相当なもんです。やはりこれで、素人で相当なのがゐるさうですよ。下谷〈シタヤ〉あたりに住んでるんださうですが……。
藤村 写真に写つた幽霊ですがね、大正十年〔一九二一〕の春のことです。奈良県高安〈タカヤス〉の天理教支部の学校に、山本寛三郎といふ生徒がゐたが、卒業間際に心臓まひで死んだんです。すると、それから半月程して、卒業紀念の写真撮影があつた。その時、山本と仲のよかつた一人が
「山本がゐたらなア」
 と呟いたさうですが、撮影を終へて数日後に、写真屋が蒼くなつてとんで来た。
「この方、山本さんでせう? 私、前に一度写真をうつして知つてますが、たしかに死んだ筈ですが……」.
 と示された写真には、写真屋のいふ通り、山本が教服姿で後列にひかえてゐたといふんです。
岡沢 ぢやア僕も一つ。話は古いですよ、明治六年〔一九七三〕の十一月です。横浜のある写真屋に老僧が来て撮影を依頼した。写真屋が、ピントガラスをのぞいて見ると、肉眼では老僧一人より見えないのに、ガラスには老僧の背後に瞋恚〈シンイ〉の形相すさまじい年増女が現はれてゐるので、大いにおどろいて所轄署に駆けつけ警官立会の上で写真を撮影し、その珍写真をその筋に提出した。この記録は、戦災後どうなつたか知らないが、写真とともに僕も見ました。まことに珍らしいものです。
畠山 その因縁話といふやうなものは伝はつてゐないのですか。
岡沢 あるんです。老僧は、神奈川県相模郡程ケ谷の浄土寺天徹寺の住職試補で、小山天領(50)といふんですが、写真の女は同人の先妻です。一子を残して病死したんですが、その死ぬ前に、
「子供までゐるのですから、私が死んでも独りで暮して下さい。それが気がかりで死ぬにも死ねない」
 と言つたのです。すると天領坊さん、どうせ死ぬんだから、安心させてやれと思つたのでせう。
「よしよし、後添ひはきつと貰はない。お前を思って泣いて暮すよ」
 と約束手形をふり出した。ところがどつこい、さうはゆかない。死んで一年もたゝない中に、遺言にそむいて後妻を迎へてしまつたから、しつとのあまり亡霊となつてつきまとつてゐたわけです。  (新井五郎画)

 座談会の記録はここまでである。ながながと紹介したが、出てくる事例が、あまりにも古い。戦中や敗戦後の事例を期待したブログ読者がいたとすれば、まことに申し訳ないことであった。ことによると、同誌の他の号には、そうした事例も紹介されているのかもしれない。
 明日は、『実話雑誌』一九四八年新春号(第三巻第一号)について、若干の補足をおこなう。

*このブログの人気記事 2017・5・24(2・6位に珍しいものが入っています)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加