礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

ヒュー・バイアス『敵国日本』と伊藤述史

2013-03-26 09:10:12 | 日記

◎ヒュー・バイアス『敵国日本』と伊藤述史

 三月二三日のコラムで、「中野五郎は、その職業柄、ヒュー・バイアスの『敵国日本』を持ち帰ってきたのではないだろうか」と書いた。その可能性は高いと思うが、まだ断言はできない。
 ただ、ほぼ言えるのは、雑誌『世界』が紹介した抄訳「敵国日本」のもとになった原本は、中野五郎が持ち帰ったものではないということである。内山秀夫・増田修代訳『敵国日本』(刀水書房、二〇〇一)の「訳者解題・あとがき」(内山秀夫執筆)によれば、これは、伊藤述史〈イトウ・ノブミ〉という人物が、交換船で持ち帰ったものだという。
関係する部分を以下に引用しておこう。

 この記述〔『細川護貞日記』昭和一八年一二月一八日の項〕から伊藤(述史)がアメリカからもち帰った書物の中にバイアスの本書があって、この頃になって伊藤が読んで考えさせられ、細川〔護貞〕、富田(健治)に論旨を語ってきかしたことが分かる。少なくとも帰国時に没収されたのではなかった。ちなみに、伊藤述史〈イトウ・ノブミ〉は明治十八年愛媛県に生まれ、東京高商領事科を明治四十一年に卒集、外務省人省。おもにヨーロッパ諸国に勤務し、昭和二年国際連盟事務局事務官、昭和五年事務局次長。国際連盟の満州事変審議では日本の権益を唱えて活躍。昭和七年リットン調査団の中国入りに同行。昭和八~十二年ポーランド公使。昭和十五年近衛第二次内閣の内閣情報部長、ついで初代情報局総裁。昭和二十年貴族院勅選議員。昭和二十一~二十六年公職追放(伊藤述史については、臼井勝美稿『朝日人物事典』〈朝日新聞社、一九九〇年〉による)。
 細川は〔日記によれば〕翌十二月十九日に「高松宮邸伺候、直に〈タダチニ〉拝謁」し、「各方面との会見談」を「言上申し上」げているから、バイアスの書物の「通読」も話題にあがったかもしれない。十二月二十八日に近衛邸を訪問し、「ヒュー・バイヤス〈ママ〉の『敵国日本』を拝借して帰る」との記述がある。十日にもたりない日時で「抄訳」ができあがったことになる。想像するより他に方法がないのだが、高松宮が細川の話に興味を示したことで大車輪の翻訳作業が行われたのではないだろうか。

 これによれば、ヒュー・バイアスの『敵国日本』は、日本の敗色が濃くなった昭和一八年末に、政府中枢の一部から注目され、ただちに「抄訳」が作成され、関係者に頒布されたということらしい。
 とすれば、憲兵が、この『敵国日本』という本に注目したのも、そうした政府中枢の一部の動向との関わりからであって、最初から『敵国日本』という本の存在に注目し、その危険性を警戒していたわけではなかった、という推定が成り立つのである。【この話、続く】

今日の名言 2013・3・26

◎少なくとも帰国時に没収されたのではなかった

 ヒュー・バイアスの『敵国日本』(1942)は、交換船の帰国時に日本に持ち込まれた。その際は、その危険性が認識されていなかったのか、没収を免れたものがあった。内山秀夫・増田修代訳『敵国日本』(刀水書房、2001)の「訳者解題・あとがき」(内山秀夫執筆)の190ページに出てくる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中野五郎『デモクラシーの勝利』(1946)を読む

2013-03-23 06:06:09 | 日記

◎中野五郎『デモクラシーの勝利』(1946)を読む

 敗戦直後、洋洋社という出版社から、「新日本建設叢書」というシリーズが発行された。その第一輯は武野藤介〈タケノ・トウスケ〉『外人の観た日本人』(一九四六年二月)、第二輯は、中野五郎『デモクラシーの勝利』(一九四六年三月)。
 先日、この第二輯を入手した。二段組六四ページで、定価は二円(税込)。著者の中野五郎の肩書は、「朝日新聞社前ニューヨーク特派員」。さっそく、その一部を紹介してみよう。

 日本では戦争は昭和十六年十二月八日早朝のラジオ放送で七千万国民には全く寝耳に水の如く突発し、悪戦苦闘の挙句、散々にいためつけられ国民はまるで神憑りより醒めた半病人の様に気息奄々たる状態で昭和二十年八月十五日の終戦の玉音放送を又もや突如として聞いたのであつた。即ち戦争の初めから終りまで七千万国民は全く何も真相を知らない侭に、自由どころかまるで木偶〈デク〉人形の如く乱暴なる軍人政権に尻を叩かれて嫌応〈イヤオウ〉なしに戦つて来たのであつた。【中略】
 日本の戦争指導者は開戦前より終戦後に至るまで実に徹頭徹尾、国民大衆を無視して無費任なる胡麻化しの連続であつたため、一度敗北するや正にボロの続出の有様で全く七千万国民をして呆然自失に陥れた。こでれに反してアメリカでは戦争指導者が開戦前より充分に民意聴き輿論に訴へて、つねに和戦の条理を明らかにして戦争努力(ウォァ・エフォーツ)の責任を確立してゐたので、開戦直後の騙まし〈ダマシ〉討ちに敗れてから総反攻の準傭取掛かるまでの苦境時代にも一向ボロを出さず、終始一貫、デモクラシーの勝利一途に邁進したのであつた。私自身、昭和十七年八月二十日、日米交換船で遥々アメリカより故国に還り横浜に上陸した第一印象は、
「日本は戦闘に勝ちながら、前途は暗澹として日本人は誰も不安である。これに反してアメリカは戦闘に敗れながら、将来に明朗でアメリカ人は誰でも楽観してゐる。これが同じ祖国の興亡を賭した大戦争をしながら、自由ならざる個民と自由なる国民との根本的相違であらう。」
 私は当時すでにアメリカの新聞が報ずる如く、ミッドウェー並に〈ナラビニ〉珊瑚海〈コーラル・シー〉の二大海戦の日本海軍の敗退を知つてゐたので、故国の人達が未だ勝利の夢に浮かれて愚かなる鼻息の荒さに失望したが、しかし誰一人として最後の勝利に対する自信がなくて「何んとかなるであらう」とか「戦争は理屈ではない」と前途の不安を勝手に慰めてゐる実状に蝕れると却つて同情を感じたものだ。これにひきかへて、日米開戦前後を通じて私の接蝕し或は見聞したアメリカ人は実にデモクラシーの勝利を自分の生活を通じて自信し、また自分の幸福のために懸命に努力したものであつた。

 ここを読んで興味深かったのは、著者が、日米交換船(第一次)で帰国した日本人のひとりだということである。ミッドウェー海戦で日本が敗れたことは、アメリカの新聞で知っていたという(アメリカ出国直前か)。ということは、おそらく、この交換船で帰った人たちの中には、ほかにも、そのことを知っていた人たちがいたことになる。日本の当局は、これらに人たちに「口止め」をしたのか、したとすれば、どういう形で口止めしたのかが気になった。
 また、おそらく中野五郎は、その職業柄、ヒュー・バイアスの『敵国日本』を持ち帰ってきたのではないだろうか。戦後になって初めてこの本を紹介したのは、実は、中野五郎である(『週刊朝日』一九四五年一一月四日)。そのことは、内山秀夫・増田修代訳『敵国日本』(刀水書房、二〇〇一)の「訳者解題・あとがき」(内山秀夫執筆)に書いてある。この「訳者解題・あとがき」は、なかなか興味深い一文だが、中野五郎が第一次日米交換船で帰国したことには触れていない。雑誌『世界』で紹介された「敵国日本」(『敵国日本』の抄訳)に中野五郎が関与しているかどうかについても、言及はしていない。

今日の名言 2013・3・23

◎戦争は理屈ではない

 戦争中の日本人が、前途の不安を慰めるために発した言葉だという。中野五郎『デモクラシーの勝利』(洋洋社、1946)の44ページに出てくる。上記コラム参照。

【昨日のクイズの正解】 1 1930年(昭和5)春から■1929年(昭和4)11月の文部次官通達は、事実上、学科試験の復活を認めたものだったそうです。平田宗史氏の『教育汚職』(溪水社、1991)より。

*お知らせ* 明日から3日ばかり、ブログをお休みします。今月は、いろいろとたて込んでいて、申し訳ありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入学者選抜における学科試験の廃止によって生じた弊害

2013-03-22 05:13:35 | 日記

◎入学者選抜における学科試験の廃止によって生じた弊害

 昨日の続きである。平田宗史氏の『教育汚職』(溪水社、一九八一)によれば、一九二七年(昭和二)一一月、文部省が中学校試験制度を改め、入学者選抜における学科試験の廃止を指令した際、次の諸点が懸念されたという。
(一)内申書の公正の問題。
(二)内申書重視の結果、以前より小学校での席次争いが激しくならないかの問題。
(三)学校間各差の間題。
(四)口頭試問の問題。
 このうち、(一)は、小学校側が、はたして公正な内申書を作るかという問題であろう。(三)は、小学校間で学力に差があるので、学力が高い小学校の児童は、内申書で不利になるという問題であろう。(四)は、学力試験口頭試問が実質的な学力試験になる恐れがあるという問題であろう。
 そして、これらの懸念は、一九二八年(昭和三)以降、すべて現実のものとなったようだ。また、このときは懸念されなかったようだが、「メンタルテスト」の過熱という問題も、実際に生じたのではないだろうか。
 以下は、上記(一)の懸念にかかわって実際に生じた事例である。『教育汚職』から引用する。

 先ず、内申書に絡んで、問題が生じたのであった。ある女学校では、内申書一二〇点以上(一三〇点満点)が志願者の半数以上もおり、一小学校で満点の者が十二人もいたという。ある中学校では、二三〇名の募集に対して、小学校席次一番の者が、一七五名、二番の者が、一三〇名もおり、一~二番だけで、すでに定員を超過しているのである。
 昭和三年の第一回の改正法実施につき、文部省の調査をしたところによると、小学校の報告と中等学校の判定とは、一致しなかったという。中学校官公立私立四八二校中、入学考査成績と内申成績と一致したもの一七七校に対し、一致しないもの三〇五校、女学校五七八校中、一致したもの二五七校、一致しなかったもの三二一校である。
 このように、内申書を重視すれば重視したで、いろいろの問題が生じたのであるが、大阪府では、昭和四年には、その年の三月に行なわれた入学試験で、内申書偽造が表面化したのであった。大阪では、昭和二年十一月、文部省の訓令が出ると、試験地獄に代って、情実地獄が登場すると言って、各方面より反対運動が起った。その結果、大阪市教育会は、委員をわざわざ上京させて、文部省に向って反対の陳情をした。というのは、大阪市は、小学校の格差が特に著しいのと、殊に情実の世界、金力の最も物を言う世界だということからである。したがって、内申書重視となったら教育界が、他の圧力により混乱すると言うのである。しかし、それが実施されるとなると、大阪市は、「大阪市内の中等学校長及び小学校長より成る連合協議会を開き、島田視学官を委員長とする十一名の調査委員をあげて、新選抜法による実行案を作った。」のである。中等学校側から、いろいろと苦情があったが、一年目は、文部省の訓令通りに実施された。中等学校長中には、最初から小学校より提出される内申書は信用出来ないという者があり、昭和四年三月、「いよく各公立中等学校が一斉に入学試験を行はんとする二、三日前に、二、三の中等学校長諸君は、何思ひけん、突然某校に集り、各小学校長より提出された内申書を持ち寄て、之れを一々突き合せて見た処が、果して、数点の不正内申が現れて来た。」のである。このことを府当局に知らせたところ、これを無視出来なく、府当局は、急拠、「本年施行の入学試験は、内申に重きをおかず、なるべく口頭試問、筆記試問とによって、選抜を行うべきこと」を内々告示する一方、試験終了後、全部にわたって調査したところ、意外にも、大阪府市内の各小学校約五百校のうち、五十五校、すなわち、その一割まで、不正内申を行なっていた事実が発覚したのである。その不正内申の動機を調べてみると、小学校訓導が、白分の担任児童を一人でも多く、その志望する学校へ入学させたいという単純な考えから出たもので、志望する学校の入学に有利ならしむるよう、その児童の成績の順位をくり上げ、したがって各学科の点数を変造したものが多かったということである。五十五校の小学校にわたる不正内申事件で、百二十名の小学校長および訓導が、譴責〈ケンセキ〉若くは戒告処分を受げた。

 ここで、「情実地獄」というのは、言うまでもなく、児童の親と学校との間に生じうる「贈収賄」のことを指している。平田宗史氏が、なぜ、『教育汚職』というタイトルの本で、「入学試験」を扱っているのかは、すでにおわかりのことと思う。
 いずれにしても、先日来、紹介している『メンタルテスト集』(興文社、一九二九)という本は、こういう過渡的な状況の中で、出版された本であり、きわめて貴重な「史料」と言えるのである。

今日のクイズ 2013・3・22

◎文部省の「入学者選抜時の学科試験廃止」の方針が後退し、事実上、学科試験が復活したのは、何年からだったでしょうか。

1 1930年(昭和5)春から
2 1931年(昭和6)春から
3 1932年(昭和7)春から

【昨日のクイズの正解】 3 内申書■この言葉は今日、中学校から高校に送られる生徒の成績表の呼称となっています。

今日の名言 2013・3・22

◎試験地獄に代って、情実地獄が登場する

 一九二七年(昭和二)一一月、文部省が中学校試験制度を改め、入学者選抜時の学科試験廃止を指令した際、大阪では、「試験地獄に代って、情実地獄が登場する」として、各方面から反対の声が上がったという。上記コラム参照。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文部省、「中学校試験制度改正」を指令(1929)

2013-03-21 05:37:51 | 日記

◎文部省、「中学校試験制度改正」を指令(1929)

 昨日の続きである。平田宗史〈ヒラタ・ムネフミ〉氏の労作『教育汚職』(溪水社、一九八一)によれば、文部省が、「試験地獄」の解消を目指し、入試制度の改革に着手したのは、一九二六年(大正一五)六月のことであった。翌一九二七年(昭和二)九月に改革案をまとめ、同年一一月二二日、「中学校令施行規則中改正」を公布。同月二三日、文部次官名で、「中学校試験制度改正ニ対スル入学者選抜方法ニ関スル準備」という文書を、各地方長官あてに発した。
 この文書の内容を、平田氏の前掲書から引用しておこう。原文は、濁点のないカタカナ文であるが、これをひらがな文に直し、濁点を加えた。句読点も、適宜、追加した。

一 中等学校第一学年入学志願者に就ては、出身小学校長をして、当該児童の小学校に於ける凡そ〈オヨソ〉最終二学年の学業成績、身体の状況、特性、其他必要なる事項(上級学校進学に関する志望の確否、性能の適否、小学校卒業に於ける学歴又は経歴、及、其の成績等)に付、詳細に調査し、志願中等学校長に直接の意見を報告せしむること。
前項の外、中等学校長より要求ありたるときは、出身小学校長をして必要なる調査書を提出せしむること。
二 中等学校に於ては、大体左の要項に依り入学者の決定を為すこと。但し、実業学校に於ては、学校又は学科に種類に依り、特別の考慮を為すこと。
イ 小学校長の報告に基き、募集員数以上、適宜の員数を考査選抜すること。
ロ 前号に依り選抜したる者に付、人物考査(常識、素質、性行等の考査)、ならびに並、身体検査を為すこと。
但し、人物考査に就ては主として平易なる口頭試問の方法を用ひ、かつ且、小学校長の報告をさんしやく参酌すること。
ハ 前項に依り考査選抜したる者、尚〈ナオ〉、募集人員を超過するときは、順次優良と認むべき者を入学せしめ、同一順位に依りて優秀を判定し難き者に付ては、抽籤に依り入学者を決定すること。
三 都市等に在りては、数多の学校間に於て連合して考査を行ひ、入学志願者の志願順位に依り入学せしむる等、所謂綜合制を採るを可とすること。

 かなり意味の取りにくい文書だが、要するに、まず、出身小学校長が作成した書類によって一次選抜をおこない(イ)、人物考査と身体検査を内容とする二次選抜によって絞り込む(ロ)。それでもなお募集定員を越えている場合は、優良と認められるものから、順次入学させよ(ハ)、といった指示を与えているようだ。
 文書が出た時期は、一九二七年(昭和二)一一月で、適用は、翌一九二八年(昭和三)春の入学者を選抜する入試からであった。【この話、続く】

今日のクイズ 2013・3・21

◎この当時、小学校長から中等学校長に送られた入学希望者に関する報告書は、何と呼ばれていたでしょうか。

1 効果表  2 調査書  3 内申書

【昨日のクイズの正解】 1 1928年度(昭和3年度)入学生から■上記コラム参照。

今日の名言 2013・3・21

◎強い嫌悪感と、激しい愛着の念

 作家の五木寛之さんが、渋谷のハチ公前に立って抱いた感情。「雑然たる渋谷ハチ公前に立つとき、私は強い嫌悪感と、激しい愛着の念を同時におぼえずにはいられない」。この言葉は、半世紀近く前のエッセイに出てくるらしい。本日の日本経済新聞「春秋」欄より。本日の同欄は、大きく様変わりしようとしている渋谷駅について語っている。ただ、冒頭で引用した五木さんの言葉のインパクトが強すぎて、結局、渋谷について何が語りたかったのか、よく読みとれなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「試験地獄」の解消とメンタルテスト

2013-03-20 05:41:58 | 日記

◎「試験地獄」の解消とメンタルテスト

 この間、興文社の「小学生全集」の一冊『メンタルテスト集』(一九二九)を紹介してきたが、この時期、なぜ、このような本が出されたのかということを説明するのを忘れていた。
 とりあえず本日は、同書の「はしがき」を紹介させていただこう。

 は し が き
 ―特に父兄方へお願ひ―
 当然学ばなければならない学問をするための学校へ入るのに入学試験といふものがあつて、学生とその父兄を苦しめ、『試験地獄』といふ呪はしい〈ノロワシイ〉言葉さへ出来たのですが、文部省がその不当に気がついて、おそまきながら『入学試験廃止』が実行されるやうになりましたので、今度は入学試験といふものの代りに、智能検査、常識考査、口頭試問なぞといふ方法が行はれるやうになりました。
 これは、日本に中等学校、専門学校が沢山出来て、入学志願者の悉くが、希望の学校へ入ることが出来るやうな時代が来なければ、私達の理想とするやうな、全く関門のない入学なぞといふものは望まれないのでありますから、せめて少しでも、その関門を楽に自然に通れるやうなものにしたい、といふのが、世間一般の希望であります。それで、今までのやうな学問試験の代りに、今度は精神考査が行はれるやになりましたのは、どうも止むを得ないこととと思ひます。
 次に、入学の他に、就職の場合なぞにも、同じやうな理由から、普通に雇入〈ヤトイイレ〉試験といふやうなものが行はれて居りますが、それは、特にその職業に必要な智識があるかないかといふことの他は、やつぱり一種の精神考査が行はれてゐるのであります。
 それで、これからの少年少女諸君には、この精神考査といふものが、非常に大切な関係を持つやうになつたのでありますが、精神考査、智能検査、即ちメンタルテストといふものの、根本的の意義、及びその検査の仕方なぞを知つてゐますのは、ほんの一部の専門家か研究家に過ぎませんので、それを少年少女諸君、及びその父兄方に知つて頂きたいために、この本を編みました。
 それに就きましては、この本に収めて置きました沢山の問題を、なるべく少年少女諸君に、実際にやつて貰ひたいと思ふのであります。そして、その指導なり、監督なりを、その父兄方にお願ひしたいのであります。メンタルテストの実際問題には、必ずその所要時間が示してありまして、『時間五分』と、指定してありますものは、必ず五分間で終らなければならないのであります。若し、五分で終らない者があれば、それはやつぱり智能が不足してゐるといふ結果になるのでありますから、父兄の方々は、少年少女諸君が、この本の問題を実際にやる時には、是非その答よりも、所要時間に重きを置いて、宜しく御指導、御監督下さるやう、特にお願ひ申し上げて置く次第であります。
 尚、本書中の問題には、念のためなるべく答をつけて置きましたが、答もなるべくは、少年少女諸君には直接見せず、父兄方がお調べ下されば、大変少年少女諸君のため有益だと思ひます。  小学生全集編輯部

今日のクイズ 2013・3・20

◎コラムでいう『入学試験廃止』が実行されたのは、いつからだったでしょうか。

1 1928年度(昭和3年度)入学生から
2 1929年度(昭和4年度)入学生から
3 1930年度(昭和5年度)入学生から

今日の名言 2013・3・20

◎畳の外からは甚だ分かりづらい

 全日本柔道連盟の幹部全員が決まったことに対するコメント。本日の日本経済新聞のコラム「春秋」より。それにしても、この切れ味の悪いコメントには呆れはてる。もちろん、コラム全体にも切れ味がなく、読むに値しない駄文であった。春秋子は、昨日の東京新聞に載った山口香さんのコメントを参考にすべきだったと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加