礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

梨本祐平「社会大衆党解党秘史」(1959)

2016-10-16 04:52:01 | コラムと名言

◎梨本祐平「社会大衆党解党秘史」(1959)

 昨日の続きである。防共護国団の背後にあって、防共護国団を操っっていた強力な「政治グループ」について言及している文献は、いろいろあると思うが、私が読んだのは、梨本祐平の「社会大衆党解党秘史――近衛新体制の捨石となつた麻生久」という文章である。
 この文章は、『日本週報』第四八三号(一九五九年六月四日)に載っている。この文章は、三段組みで十五ページ分あり、以下の各節からなっている。
○真相は解明されていない
○麻生久の社会主義理論
○大山郁夫、アメリカへ亡命す
○軍、官僚とのむすびつき
○永田鉄山暗殺さる
○三多摩壮士を説得する
○「国民組織の党」を近衛に進言
○天皇の権威を革命に利用
○世紀の大芝居か、自己欺瞞は
○圧殺された勤労国民党
○「日本党部」の大構想
○甘かった「軍」の認識
○ジレンマに悩んだ近衛
○「何のための解党か」
○幻滅と死と
 このうち、「防共護国団」に言及しているのは、「三多摩壮士を説得する」の節だが、それを操った「強力な政治グループ」を知るためには、この文章全体、特に、「軍、官僚とのむすびつき」の節以降の数節を読む必要がある。
 筆者の梨本祐平については詳しくないが、『中国のなかの日本人』(平凡社、一九五八:同成社、一九六九)の著者として知られている。この本は、実はまだ読んでいないのだが、昨年の九月一一日のブログにおいて、「人間の記録双書」シリーズのチラシを引用する形でこの本について紹介したているので、それをそのまま再掲する。【この話、続く】

梨本祐平著 中国のなかの日本人(一・二部) 定価 二三○・二五〇円
 筆者は松岡洋右の懐刀。昭和三年渡満して以来二十年、
謀略の渦まく華北で、翼東政府顧問としてつぶさに強盗的
侵略の実態を目撃した。本渓湖の暴動、通州虐殺事件等々
の秘史を通して明らかにした日本侵略史の驚くべき内幕。

*このブログの人気記事 2016・10・16(10位に珍しいものが入っています)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防共護国団を操った強力な政... | トップ | 永田鉄山軍務局長と内閣調査局 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。