礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

「木畑壽信氏を偲ぶ会」開かる(2017・9・8)

2017-09-09 06:35:08 | コラムと名言

◎「木畑壽信氏を偲ぶ会」開かる(2017・9・8)

 昨八日夕、中野の中野区産業振興センターの一階にあるレストラン「けやき」で、「木畑壽信氏を偲ぶ会」が開かれた。主催は、『流砂』編集委員会・変革のアソシエ・社会理論学会の三者であった。
 木畑壽信〈キバタ・トシノブ〉さんは、多年、「変革のアソシエ」の運営の中心になってこられ、また、社会理論学会の機関誌『社会理論研究』の前編集長でもあった。
 木畑壽信さんは、『ことがら』という雑誌の編集委員だったことがあり、同じく同誌の編集委員であった青木茂雄さんから、何度も、お名前をお聞きする機会があった。お目にかかったことは、一度しかないが、畏敬する青木茂雄さんに誘われるまま、「偲ぶ会」に参加した。
 五十人前後が参加した盛会で、堅苦しくなく、それでいてシミジミとした集まりであった。司会は、社会理論学会の伊藤述史〈ノブフミ〉氏、献杯の発声は、社会評論社代表の松田健二氏、そのあと、評論家の三上治氏、経済学者の伊藤誠氏らによって、故人を追憶するスピーチが続いた。
 最後のほうで、青木茂雄さんがマイクを握った。青木さんは、一九七〇年代に「寺小屋」で木畑さんに出会い、一九八〇年代には、小阪修平氏を中心とする雑誌『ことがら』で、ともに編集委員をつとめた。その後、「変革のアソシエ」や「社会理論学会」でも交流があったという。青木さんは、用意した原稿に従って、たんたんと故人を追憶されていたが、この日の多くのスピーチの中で、最も深く心に残るものであった。
 木畑壽信さんの絶筆は、雑誌『流砂』13号(発売・批評社、二〇一七年五月)に載った論文〝敗戦後革命論Ⅱ――「大日本帝国憲法」体制と「日本国憲法第一章天皇」の創設〟だったという。会場で売られていた同誌同号を買い求めて、帰路に着いた。

*このブログの人気記事 2017・9・9(8位にかなり珍しいものが入っています)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大八洲出版の「古文化叢刊」... | トップ | 終戦直後におけるNHKの聴取料... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コラムと名言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。