礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

天皇を戴く民本政治に我より進んで復帰

2017-07-17 01:14:38 | コラムと名言

◎天皇を戴く民本政治に我より進んで復帰

 富田健治著『敗戦日本の内側――近衛公の思い出』(古今書院、一九六二)の紹介を続ける。
 一昨日および昨日は、第四〇号「『戦争終結』への木戸構想」を紹介したが、本日以降は、第四一号「対ソ仲介交渉」を紹介する。

(四一)対ソ仲介交渉
   (昭和三十四年〔一九五九〕三月十日記)

 前号に述べた通り、近衛公から委嘱を受けた酒井鎬次氏はソ連不信の念を懐きつゝも、近衛公の陛下に対する至誠の念と、大東亜戦争早期終結のためという名分に感激して、ソ連に対する仲介交渉案を一夜のうちに書きまとめ、更にこれに付、六時間にも亘って近衛公と二人、膝詰めで論議し合い、遂に「和平交渉の要綱」なるものが次の通り、でき上ったのである。
   和平交渉の要綱
  一、方 針
 (一)、聖慮を奉戴しなし得る限り速かに戦争を終結し、以って我国民は勿論世界人類全般を、迅速に戦禍より救出し、御仁慈の精神を内外に徹底せしむることに全力を傾倒す。
 (二)、これがため内外の切迫せる情勢を広く達観し、交渉条件の如きは前項方針の達成に重点を置き、難き〈カタキ〉を求めず、悠久なる我国体を護持することを主眼とし、細部については、他日の再起大成に俟つ〈マツ〉の宏量を以って、交渉に臨むものとす。
 (三)、ソ連の仲介による交渉成立に極力努力するも、万一失敗に帰したる時は、直ちに米英との直接交渉を開始す。その交渉方針及び条件に就ては、概ね本要綱に依るものとす。
  二、条 件
 (一)、国体及び国土
(イ)、国体の護持は絶対にして、一歩も譲らざること。
(ロ)、国土に就ては、なるべく他日の再起に便〈ベン〉なることに努むるも、止むを得ざれば固有本土を以って満足す。
 (二)、行政司法
(イ)、我国古来の伝統たる天皇を戴く民本〈ミンポン〉政治には、我より進んで復帰するを約す。これが実行のため、若干法規の改正、教育の革新にも亦同意す。
(ロ)、行政は右の趣旨に基づき、帝国政府自らこれに当るに努むるも、止むを得ざれば、彼我協議の上一部の干渉を承諾す。
 (三)、陸海空軍軍備
(イ)、国内の治安確保に必要なる最小限度の兵力は、これを保有することに努むるも、止むを得ざれば、一時完全なる武装解除に同意する。
(ロ)、海外にある軍隊は現地に於て復員し、内地に帰還せしむることに努むるも、止むを得ざれば、当分その若干を現地に残留せしむることに同意す。
(ハ)、内地にある軍隊は、(イ)項に関するものを除き、他を悉く速かに復員す。
(ニ)、兵器、弾薬、軍用艦船、航空機は(イ)項に関するものを除き、これを廃棄又は提出することに同意す。
  (四)、賠償及び其他
(イ)、賠償として、一部の労力を提出することには同意す。
(ロ)、条約実施保障のための軍事占領は、成るべくこれを行なわざることに努むるも、止むを得ざれば、一時若干軍隊の駐屯を認む。
  (五)、国民生活
(イ)窮迫せる刻下の国民生活保持のため、食糧の輸入、軽工業の再建等に関し、必要なる援助を得るに努む。
(ロ)、国土に比し人口過剰なるに鑑み〈カンガミ〉、これが是正のため必要なる条件の獲得に努む。
 三、休戦と和平との関係
 (一)、本要綱の諸条件は、なるべくこれを休戦条約に包含せしむることに努むるも、先ず速かに休戦を成立せしめ、国民を戦禍より救うの必要上、止むを得ざれば、その一部を平和会議に移すことに同意する。
 (二)、右の場合、前諸項条件中重要なるものに関しては、少なくとも好意ある保障を取り付くるに努む。

 以上が、「和平交渉の要綱」で、このあとに、その「解説」が付く。「解説」の紹介は、次回。

*このブログの人気記事 2017・7・17(6・9・10位に珍しいものが入っています)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒井鎬次は既に仲介案を奇麗... | トップ | 弱年次兵は残留し労務に服せ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。