礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

鈴木貫太郎を蘇生させた夫人のセイキ術

2012-11-30 06:07:47 | 日記

◎鈴木貫太郎を蘇生させた夫人のセイキ術

 本日も、二・二六事件の話である。幣原喜重郎の自伝『外交五十年』(読売新聞社、一九五一)の中に、「鈴木貫太郎夫妻」という文章がある。
 鈴木貫太郎侍従長(元・海軍軍令部長)は、二・二六事件の際、麹町の侍従長官邸にいたところを襲撃され、瀕死の重傷を負った。その鈴木貫太郎から、幣原が聞いた話がメインである。早速、引用してみよう(二八一~二八二ページ)。

 鈴木貫太郎君は二・二六事件(昭和十一年)の遭難者の一人であった。私は当日難を鎌倉に避けていたから、彼の遭難の事を知らなかった。鈴木君と私とは、彼は海軍次官、私は外務次官だった頃からの知合いで、何か問題が起ったとき、よく二人の意見が合ったので、それから非常に懇意になった。事件の後、私は東京の家〔六義園〕に帰り、彼は負傷もどうやら癒った〈ナオッタ〉ので、ブラブラ歩いて私の家へ来た。そして遭難当時の詳しい話をしてくれた。以下彼の生々しい直話〈ジキワ〉。
 夜中に何だか騒々しい音がする。人がどやどや入って来る気配である。鈴木は寝床を跳ね起きて、そこへ行って見た。鉄砲を持った七、八人の兵隊と一人の指揮者が入って来た。「君らは何だ」というと、「済みませんけれども、閣下の生命を頂戴に参りました」という。鈴太は「よしッ、それなら少し待て」といって、引返して奥へ入った。
 奥の室には、切味〈キレアジ〉のいい日本刀が刀架にかけてある。それを取りに行ったのだ。鈴木はどうせやられるにしても、斬れるだけ斬ってやろうと、刀を取りに行った。ところが幾ら探しても、刀架はあるが、懸けて置いた筈の刀が見えない。これは後になって判ったのだが、その刀のなかったのは、部屋に置いて埃〈ホコリ〉がつくので、奥さん〔たか夫人〕が前の晩にそれを倉の中にしまったからで、鈴木はそれを知らなかったのである。
 あちこち探したが、刀はない。ぐすぐすしていて、あいつ卑怯にも裏から逃げたと思われては、一生の名折れだ。
「よしッ」と素手で出て来て、
「君らの見る通り、オレは何も手に持って居らん。やるならやれ!」
といって、立ったまま両手を拡げた。すると中隊長は中尉ぐらいだったが、「最敬札!」と号令して兵隊たちに鈴木に敬礼させた。そして続いて、「射て」と号令した。バンバンと銃声がして弾丸が頭にあたったので、鈴木はそこヘバッタリ倒れた。
 そのとき、偉いのは奥さんであった。流石〈サスガ〉は武人の妻で、少し離れたうしろの方にキチンと坐って、ジッと良人〈リョウジン〉の最後を見届けていたという。射撃が終ると、一人の兵隊が倒れた鈴木の側へ寄って、脈を見ていたが、「脈があります、止め〈トドメ〉を刺しますか」と隊長にいった。隊長は、「それには及ばん」といって、倒れた鈴木に対して、また最敬札をさせた。そしてそこに鈴木夫人が端然と坐て〈スワッテ〉いるのを見ると、今度は夫人に最敬礼をしたうえ、
「奥さん、誠に済みませんでした。私は御主人に対して何の恨みもないのです。むしろ私は個人としては、御主人を尊敬しておったのです。しかしこういう事になったのは、私の力が及ばなかったからです。奥さんをこういう目にお遭わせして、本当に済みません」
と、さんざん詑びをいって、帰り際にまた鈴木と奥さんに最敬礼して引揚げて行った。後に残った奥さんは、字はどう書くか知らんが、セイキ術とかいうものを心得ていたので、血がドクドク出て来る鈴木の傷口ヘ手を当てていた。すると二、三十分で出血が少なくなった。そのうち医者が駈けつける、手術をする、それで鈴木は九死に一生を得たのであった。

 ここに出てくる「中隊長」とあるのは、二・二六事件の首謀者のひとり、安藤輝三〈アンドウ・テルゾウ〉陸軍大尉(歩兵第三連隊第六中隊長)のことである。安藤大尉は、事件の一週間ほど前、侍従長官邸に鈴木を尋ね、親しく面談している。
 また、たか夫人が心得ていた「セイキ術」というのは、おそらく、石井常造〈イシイ・ツネゾウ〉が始めた「生気自強療法」のことであろう。石井常造には、『生気応用家庭看護法』(生気療養研究所、一九二五)などの著作がある。
 ここには触れられていないが、諸書には、トドメを刺そうとした兵士を制止したのは、たか夫人であった旨が記されている。ウィキペディア「鈴木貫太郎」にも、たか夫人が、軍刀を抜いた安藤大尉に対し、「老人ですからとどめは止めてください。どうしても必要というならわたくしが致します」と言い放ったとある。
 前日、夫人が刀を片付けたのは、ムシの知らせとでも言うべきものであろう。もし、このとき、鈴木が日本刀を振るって抵抗していたとすれば、おそらく鈴木は銃で「蜂の巣」にされていたことであろう。刀架に刀がなかったからこそ、鈴木は命びろいしたのである。
 夫人の「セイキ術」に止血の効果があったかどうかは不明だが、大量出血している鈴木に対し、冷静な態度で看護に尽したであろうことは疑いない。
 いずれにしても、鈴木寛太郎の命を救ったのは、夫人の判断であり、対応であったことは間違いない。なお、ウィキペディア「鈴木貫太郎」は、たか夫人について、次のように記している。
―たか夫人は東京女子師範学校附属幼稚園(現・お茶の水女子大学附属幼稚園)の教諭であったが、東京帝国大学教授菊池大麓の推薦により、1905年(明治38年)から1915年(大正4年)まで皇孫御用掛として、幼少時の迪宮(昭和天皇)、秩父宮、高松宮の養育に当たっていた。―

今日の名言 2012・11・30

◎こういう事になったのは、私の力が及ばなかったからです

 二・二六事件の首謀者のひとり安藤輝三大尉が、鈴木貫太郎侍従長を襲撃した直後に、たか夫人に語ったとされる言葉。上記コラム参照。なお、安藤大尉は、最後まで決起には消極的だったという説がある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警察から邪険にされた幣原喜重郎 | トップ | 江南文三によって平易に訳さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。