礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

大屋久寿雄の『戦争巡歴』を読む

2016-10-20 05:25:55 | コラムと名言

◎大屋久寿雄の『戦争巡歴』を読む

 大屋久寿雄〈クスオ〉の遺稿を編集した『戦争巡歴』(柘植書房新社、二〇一六年九月)を購入した。定価七五〇〇円、これに消費税がつくと、八一〇〇円となる。高い。本文七四八ページ。厚い。あまりに厚いので、まだ、全部は読んでいない。
 とりあえず、「敗戦雑記帳」の部を読んだ。文章がよい。興味深い話が多い。六八五一ページから六九一ページに、「終戦前夜」という文章が載っているが、その末尾に次のような「付記」があった。

(付記 私はその後、松本俊一氏から、終戦に至る詳細な事情を聞いて、これを「終戦の前夜」と題し一冊の小冊子に纏めて発表した。十一月十日)

 この「終戦の前夜」というのは、時事通信社から、一九四五年(昭和二〇)一二月一五日に刊行された『終戦の前夜』〔時事叢書6〕のことである。
 当ブログでは、この小冊子の本文全文を、九月一一日から一〇月四日にかけて、断続的に紹介した。この小冊子に素材を提供したのが松本俊一(戦争末期の外務次官)であったことは、今回、『戦争巡歴』を読んで、はじめて知った。

*このブログの人気記事 2016・10・20(8位に『戦争巡歴』が入っています)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会大衆党と三多摩壮士の接点 | トップ | 大屋久寿雄、43歳を一期と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。