礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

多胡碑の文面は81文字か

2016-11-20 05:55:22 | コラムと名言

◎多胡碑の文面は81文字か

 昨日の補足である。豊国覚堂は、その論文「我が多胡碑に潜める羊氏と多治比氏との関係」(『上毛及上毛人』第二一号、一九一八年七月)の最後のほうで、「多胡碑の文面八十有一文字」ということを述べている。
 ところが、今日、ウィキペディア「多胡碑」の項で、その文面を見ると、八十文字しかない。この一文字の差はどうなっているのだろうか。
 ウィキペディアの同項によれば、碑の文面は、次の通り。

弁官符上野國片岡郡緑野郡甘
良郡并三郡内三百戸郡成給羊
成多胡郡和銅四年三月九日甲寅
宣左中弁正五位下多治比真人
太政官二品穂積親王左太臣正二
位石上尊右太臣正二位藤原尊

 改行は、碑の文面に従っているようである。
 最初の行、片岡郡の岡は、原文では、「置」という字のカンムリの下に「正」がある異体字が用いられている。
 同項には、拓本の写真も載っているが、文字数を確認できるほど鮮明ではない。
「多胡碑」も文字数が八一文字というのは、ありえないことではない。八一というのは、九かける九で、縁起のいい数字だからである。この文字数については、再度、資料にあたってみるので、それまでペンディングとさせていただきたい。
 ちなみに、豊国覚堂の右論文が掲載された『上毛及上毛人』第二一号(一九一八年七月)には、「多胡碑」の拓本の広告が載っている。右論文のすぐあとである。

〇多胡碑碑記拓本
上毛及上毛人第十一号添付
代価三十五銭『無郵税』

『上毛及上毛人』の第一一号には、「多胡碑」関係の記事があると思われるが未確認である。

*このブログの人気記事 2016・11・20(4・8・9位に珍しいものが)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多胡碑の筆者は鋳銭司長官・... | トップ | 戦時下、盆踊りが復活する(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コラムと名言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。