礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

国内革新のために事変を延長継続する

2016-10-29 05:30:27 | コラムと名言

◎国内革新のために事変を延長継続する

『日本週報』の第四八・四九・五〇合併号(一九四七年三月二三日)から、岩淵辰雄の「続 敗るゝ日まで 一」を紹介している。本日は、その三回目。

  〇太平洋戦争を挑発した理由
 太平洋戦争、即ち、日本の対米英戦は、その支那事変を基盤とし、その延長として誘導くされた。支那事変を不当に延長継続することによつて、日本人をして対米英戦争を不可避と認識せしむる手段に出でゝ〈いでて〉、太平洋戦争を国民の認識の上に合理化することに成功して、日本人の愛国心を戦争に巻き込むだのである。
 近衛内閣が、昭和十六年〔一九四一〕、日米交渉を開始した時に、東條を初めとして陸軍の中枢が、一応近衛の戦争を避けんとする外交方針を認めて、これに協力するかの如き態度を示しながら、その半面で、民間における彼等の協力者はあらゆる手段によつて、その交渉の成功することに反対した。彼等は、それをこういう理論で合理化した。
「……日本の国内革新は、将に〈マサニ〉、完成せんとしている。然るに、日米交渉によつて、その原動力であるところの支那事変が解決したのでは、これまで運んで来た革新の成功を、九仭〈キュウジン〉にして一簣〈イッキ〉に欠くことになる。支那事変は、日本が欲すれば、いつでも解決し得る。せめて、もう少し事変を継続して国内革新を実現、完成せしむべきである……。」
 ところで、こうして陸軍の走狗となつて、軍人と表裏を為して事変の拡大、進展に拍車を掛ける重大なる役割を為したものは、日本革新の理論を振り翳して、国内輿論の誘導に努力したインテリとジヤーナリズムであつた。

*このブログの人気記事 2016・10・29(8・10位に珍しいものが入っています)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼らは満洲事変が満洲で止ま... | トップ | 日本の陸軍軍人は左翼思想の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。