礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

左右の高官すべて凡人、勇将賢臣は用いられず

2017-07-13 02:57:30 | コラムと名言

◎左右の高官すべて凡人、勇将賢臣は用いられず

 昨日の続きである。東久邇宮稔彦著『一皇族の戦争日記』(日本週報社、一九五二)から、敗戦の年(一九四五年)のちょうど今ごろの記事を紹介している。
 本日は、一九四五年七月二八日から八月六日までの記事を紹介する。

 七月二十八日(土)
 午前十時、P-51約三百機、関東地方に来襲。今朝の新聞は英国総選挙の結果、保守党が敗れ、労働党が絶対過半数を獲得し、労働党党首アトリーが新内閣を組織し、チャーチル内閣は総辞職したことを報ず。
 また、新間はポツダムからの放送として、米国大統領トルーマン、英国首相チャーチル、および蒋介石の連名で、日本降伏の諸条件を発表している。(注)
 (注)トルーマン、チャーチル、スターリン三巨頭会談は、七月十七日から八月二日まで西ドイツのポツダムにて行われた。ポツダム宜言は七月二十六日発表されたが、スターリンは署名せず。
 七月三十日(月)
 今暁、敵艦戦機約二百機、関東各地の飛行場を攻撃す。
 川崎別荘の本棚に「水滸伝【すいこでん】」の日本訳があつたので、時々読んでいるうちに本日読了す。私は徐州戦の時、梁山泊【りようざんぱく】の付近を通つたことがある。この本の結論は、皇帝賢明ならず、左右の高官すべて凡人で、しかも公然賄賂【わいろ】をとり、賄賂を贈らないものは重用されない。また人の功をねたみ、勇将、賢臣は用いられず、用いられたものは毒殺されたり、あるいは遠ざけられて終りを完うしていない。故に、人は功成り名遂げたならば、官職を辞して隠退してしまい、余生を安静に清く送り、終りを完うしようとしているというにあるらしい。これは今も昔も、また支那も日本も変らないと思う。

 八月三日(金)
 午後一時、緒方竹虎来たり、対米および対ソ外交について話す。同二時中山〔輔親〕侯爵も来たり、時局談をする。

 八月六日(月)
 午前八時、警報発令。P-51約百三十機、帝都を中心に各地に来襲。

 このあとの日記の紹介は、八月にはいってから再開する。

*このブログの人気記事 2017・7・13(10位に珍しいものが入っています)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 終戦の交渉はどこまでも強気... | トップ | 読んでいただきたかったコラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。