礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

史料だけでは歴史の真実は見えない(新井喜美夫)

2017-05-20 03:24:46 | コラムと名言

◎史料だけでは歴史の真実は見えない(新井喜美夫)

 一昨日、昨日の続きである。新井喜美夫氏の『転進 瀬島龍三の「遺言」』(講談社、二〇〇八)という本について書いている。
 新井氏は、同書において、東急グループの総帥・五島慶太が、ウィリアム・ローガンらアメリカ人弁護人のアドバイスに従って、東京裁判の「裁判関係者」に対し、横山大観の富士の絵を贈ったと述べている。おそらく新井氏が、五島慶太の長男である五島昇から聞いた話であろう。こういうことは、たぶん、この本以外、どこにも紹介されていない。しかし、ありうることである。
 太平洋戦争研究会編・平塚柾緒著『図説 東京裁判』(河出書房新社、二〇〇二)によると、日本人弁護団は、一九四七年(昭和二二)二月八日、アメリカ人弁護団を、千葉市川の鴨場の「鴨猟」に招待している。高松宮の斡旋だったという。
 アメリカ人弁護団に対して、こうした「接待」がおこなわれていた以上、「裁判関係者」に対して「絵」が贈られるくらいのことは、十分にあっただろうと考える。なお、ウィリアム・ローガンのいう「裁判関係者」の範疇がハッキリしないが、検事やアメリカ人弁護人、場合によっては、判事をも含んでいたのかもしれない。
 さて、新井喜美夫氏は、『転進 瀬島龍三の「遺言」』の「まえがき」で、次のように述べている。

 歴史には、二つの側面がある。史料に基づく事実と、その時代を生きた人が知る真実と。歴史研究家や歴史学者と称する人々は、史料を重視し、文献に残るもののみを歴史的な事実としている。だが、私の知る限り、史料はときたま嘘をつく。当時と後世の価値基準の違いによって、真実とはほど遠い像がでっちあげられるケースも少なくないからだ。
 もちろん、史料も重要だが、私は肉声の歴史も重視し、深い洞察力をもって読み取らなければ、真実は見えてこないと考えている。

 この新井氏の考え方に、私は賛同する。しかし、瀬島龍三の「肉声」を通して、歴史の真実を追究しようとした本としては、本書は、期待外れに終わっている可能性がある。本書のありかたとしては、瀬島龍三を前面に出すことなく、むしろ、新井氏自身の「肉声」を通して、あるいは、新井氏がこれまで関わってきたさまざまな人物の「肉声」を通して、歴史の真実を垣間見せる、といった形がふさわしかったのではないか。
 そうしたコンセプトの本としては、本書は、むしろ、成功しているのではないだろうか。「横山大観の富士の絵」の話などは、初めて聞く話で、参考になった。また、二七八ページ以下にある「ヒロポン」の話なども、初めて聞く話であった。本書が紹介している、瀬島龍三のさまざまな肉声や逸話にしても、よく読み込めば、意外な歴史の真実が見えてくるのかもしれない。

*このブログの人気記事 2017・5・20(5・8位にやや珍しいものが入っています)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裁判関係者に横山大観の富士... | トップ | 『実話雑誌』と畠山清身・畠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。