礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

永田鉄山軍務局長と内閣調査局

2016-10-17 04:19:45 | コラムと名言

◎永田鉄山軍務局長と内閣調査局

 昨日の続きである。本日は、梨本祐平の「社会大衆党解党秘史――近衛新体制の捨石となつた麻生久」(『日本週報』第四八三号、一九五九年六月四日)から、「軍、官僚とのむすびつき」の節を紹介してみたい。

 軍、官僚とのむすびつき
 昭和九年〔一九三四〕一月、岡田啓介内閣の下に、林銑十郎大将が陸相となり、永田鉄山少将が軍務局長となつた。
 永田は憲法の枠の中で、当時澎湃【ほうはい】として横溢〈オウイツ〉していた、日本革新の問題を、建設的にとりあげ、近代軍と、近代国家の創設という、明治、大正時代からの課題を解決しようとし、各方面と連絡して、さかんに、調査、研究を重ねていたが、結局、現行憲法に抵触しないで、国家革新を実現する方法は、陸軍大臣を通じて、軍の国策上の主張を、閣議で採用させること以外にはないという結論に達した。
 しかし、国策は職業軍人などにできるものではない。ここにおいて、永田は国家総動員の線に沿いながら、日本の知能と人とを集めて、国家の革新をはかる制度と、耝織とを整えようとし、その結果、創設されたものは「内閣調査局」であつた。
 内閣調査局には、内務省の後藤文夫、吉田茂〔外交官の吉田茂と同姓同名の別人〕、唐沢俊樹、資源局の松井春生〈ハルオ〉、農林省の田中長茂〈ナガシゲ〉、和田博雄、商工省の岸信介、小金義照〈コガネ・ヨシテル〉、外務省の白鳥敏夫など各省の秀才が動員され、軍よりは鈴木貞一〈テイイチ〉大佐が調査官として入つた外は、軍人の政治活動を禁じて、総べて〈スベテ〉はこの合法的な行政機関で取扱うことにした。
 各省から選抜された調査官のうち大蔵省の毛里英於菟〈モウリ・ヒデオト〉、迫水久常〈サコミズ・ヒサツネ〉、商工省の美濃部洋次の三人が政治的な部門を担当し、次第に中心的な存在になつたが、毛里の義兄は、社大党〔社会大衆党〕代議士の亀井貫一郎であり、迫水の岳父は岡田首相であって、毛里、迫水は、これらと、永田軍務局長の間を、絶えず連絡した。当時、軍務局にあつて永田の懐刀となつていたのは、新庄健吉主計少佐であつた。
 新庄は陸軍より東大経済学部に留学した秀才で、軍人には似あわない近代的な政治感覚も鋭く、永田の政治的な相談相手になつたり、毛里、迫水、美濃部などの連絡や斡旋〈アッセン〉をしていたが、本庄や若き調査官たちが、いかに秀才であっても、内閣調査局で立案した構想なり、計画なりを実施するためには、どうしても政党を経て、議会を通過しなければならない。ここにおいて、軍とタイアップできる政党の再編成が必要となつてきた。

*このブログの人気記事 2016・10.17(2・7位に珍しいものが入っています)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梨本祐平「社会大衆党解党秘... | トップ | 岡田啓介、永田鉄山らによる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。