礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

戦中に中野五郎が発した『警鐘』

2013-03-27 05:26:20 | 日記

◎戦中に中野五郎が発した『警鐘』

 三月二三日のコラムで、洋洋社「新日本建設叢書」の第二輯、中野五郎『デモクラシーの勝利』(一九四六年三月)という本を紹介した。その後、この本が、国立国会図書館に架蔵されているかどうか、同図書館の蔵書検索で調べてみたところ、たしかにヒットした。しかし、プランゲ文庫にある(つまり影印資料としてある)ということであって、一般の蔵書として架蔵されているわけではないようだ。
 ついでに調べたところ、洋洋社「新日本建設叢書」は、第一輯、武野藤介『外人の観た日本人』(一九四六年二月)、第三輯、柏原一雄『今日の言葉小辞典』、第四輯、木村毅『終戦後の文学論』のすべてがヒットしなかった。もっとも、この、第三輯・第四輯に関しては、実際に刊行されているという確証があるわけではない。
 また、「新日本建設叢書」で検索してみた結果、同名の叢書が、少なくとも三種類あることを知った。最初は、戦中に教育研究会が出したもの、二番目は洋洋社のもの、三番目は、一九四七年以降(たぶん)、日本基督教団出版事業部が出したものである。
 今回、こうした検索をおこなってみて、一番驚いたのは、戦中の中野五郎に、『警鐘―敵国アメリカの実相と我等の覚悟―』(起山房、一九四三年二月)という著書があることであった。「序」は、大本営陸軍報道部長・谷萩那華雄〈ヤハギ・ナカオ〉少将、中野五郎の肩書は、「朝日新聞社ニューヨーク特派員」である。
 この本は、国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで公開されているので、全国どこからでも閲覧可能である。まず注目したいのは、「敵国アメリカの実相と我等の覚悟」というサブタイトルである。中野五郎はやはり、ヒュー・バイアスの『敵国日本』を日本に持ち帰っているのではないか。ことによると、軍の情報担当者にこの本を示し、これに対抗して、その日本版を出す必要があるといったことを説いたかもしれない。
 では、中野は、この本によって、敵国アメリカの実相をあますことなく紹介し、政府関係者、軍部、あるいは国民に、アメリカの実力を知らしめ、「警鐘」を鳴らすことはできたのだろうか。おそらく、これは無理だったと思う。このあたりについては、是非、実際に『警鐘』を読まれて、検証してみていただきたい。
 ちなみに、この本のこのサブタイトルは、本扉を見る限りでは、「敵国アメリカの実相と我等の覚悟」であるが、表紙においては、「敵愾心昂揚の書」〈テキガイシンコウヨウノショ〉がサブタイトルとなっている。どうして、そのようなことになったのかは、よくわからない。では、どちらのサブタイトルがこの本の特徴をよく示しているか。明らかに、「敵愾心昂揚の書」のほうである。つまり、この本は、ヒュー・バイアスの『敵国日本』に匹敵しうるような、冷静かつ客観的な本にはなっていないのである。このあたりについても、是非、原本にあたって確認されるとよろしいかと思う。

今日の名言 2013・3・27

◎私は敵国アメリカ撃滅の道の如何に荊棘苦難なるかを憂慮する

 中野五郎の言葉。荊棘の読みは〈ケイキョク〉。イバラを意味し、、困難があることの例えとして使われる。中野五郎『警鐘―敵国アメリカの実相と我等の覚悟―』(起山房、1943)の「自序」より。こういう言葉に、ジャーナリストとしての中野の良心を垣間見る。ただし、この本全体のトーンが、「敵愾心昂揚の書」であることは否定しがたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒュー・バイアス『敵国日本... | トップ | PHP研究所の「21世紀図書館... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。