礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

「白地」「擦太揉太」「豈夫」の読み方

2017-04-21 02:28:30 | コラムと名言

◎「白地」「擦太揉太」「豈夫」の読み方

 今月九日に、郡名の読みについての「クイズ」を出題した。本日もクイズでゆきたい。ただし、地名の読みについてのクイズではなく、「当て字」についての「クイズ」である。
 □の数は、現代かな遣いで表記した場合の文字数を示す。順番は、あいうえお順。
 出典は、海野昌平著『実生活に及ぼす国語及び文字の波紋』(桑文社、一九三七)の「十九、特殊な宛字」。この本は、今月一〇日以降のブログで、活用している。ただし、「当て字」の表記、および、その「読み」は、若干、直している場合がある。

彼奴   □□□
白地   □□□□□
浅墓   □□□□
浅間敷い、浅猿しい □□□□□
厚釜敷い □□□□□□
呆気   □□□
天晴   □□□□
阿房   □□□
塩梅   □□□□
生不好い □□□□□□
敦圏く  □□□□
日外   □□□□
胡散臭い □□□□□□
浦山敷しい □□□□□□
五月蝿い、蒼蝿い □□□□
迂路迂路 □□□□
迂路つく □□□□
胡乱   □□□
大雑把  □□□□□
奥床しい □□□□□□
烏滸がましい □□□□□□
十八番  □□□
女郎花  □□□□□
以為   □□□□□
隠坊   □□□□□□
可成   □□□
瓦落瓦落  □□□□
空繰   □□□□
空穴   □□□□□
歌留多  □□□
可愛い  □□□□
可哀そう □□□□□
頑丈、岩畳 □□□□□
屹度   □□□
彼奴   □□□
仰山   □□□□□
虚呂居呂 □□□□□□
愚図愚図 □□□□
呉々   □□□□
呉れる  □□□
下衆   □□
鳧がつく □□□□□
剣呑   □□□□
剣突   □□□□
強突張り、業突張り  □□□□□□
胡麻化す □□□□
是許り  □□□□□
妻惚爺  □□□□□□
遉に   □□□□
嘸    □□
薩張   □□□□
偖、扨  □□
左程   □□□
左迄   □□□
三一   □□□□
乍併   □□□□□□
鹿爪顔  □□□□□□
地団太  □□□□
七面倒臭い □□□□□□□□□
素人   □□□□
洒蛙洒蛙 □□□□□□
洒落る  □□□□
冗談   □□□□□
悄気る  □□□□
白面   □□□
図々しい □□□□□□
素寒貧  □□□□□
寸寸   □□□□
擦太揉太 □□□□□□
素破抜く □□□□□
素敵   □□□
素破、驚破 □□
素晴しい □□□□□
図太い  □□□□
切羽つまる □□□□□□
世話敷い □□□□
十露盤、算盤 □□□□
頼母敷い □□□□□
魂消る  □□□□
大口魚  □□
鱈腹   □□□□
血塗れ  □□□□
丁度   □□□□
猪口才  □□□□□
一寸、鳥度 □□□□
連発   □□□□□
手具脛ひく □□□□□
木偶の棒 □□□□□
手古摺る □□□□
出鱈目  □□□□
手真似  □□□
転手古舞 □□□□□□
天麩羅  □□□□
何奴   □□□
兎角   □□□
心太   □□□□□
兎に角  □□□□
濁酒   □□□□
左見右見 □□□□□
泥塗れ  □□□□□
頓狂   □□□□□
頓痴気  □□□□
頓珍漢  □□□□□□
頓間、頓馬 □□□
刀豆   □□□□
可成   □□□□
二進も三進も □□□□□□□□
寝腐れ  □□□□
野良仕事 □□□□□
野呂間  □□□
呑気   □□□
呑平   □□□□
灰殻   □□□□
果敢い  □□□□
派手   □□
蛮殻   □□□□
只管   □□□□
喫驚   □□□□
素見   □□□□
腑甲斐ない □□□□□
巫山戯る □□□□
不貞腐れ  □□□□□
不貞寝  □□□
箆棒   □□□□
変梃   □□□□
弗々   □□□□
微酔   □□□□
凡蔵   □□□□
盆槍   □□□□
間誤つく □□□□
間誤間誤 □□□□
真逆、豈夫 □□□
間違ひ  □□□□
真平   □□□□
豆々しい □□□□□□
満更   □□□□
不見目、惨め □□□
不見転  □□□□
土産物  □□□□□
六ケ敷しい □□□□□
無鉄砲  □□□□□
無闇   □□□
無理矢理 □□□□
丁班魚  □□□
滅茶苦茶 □□□□□□
滅切り  □□□□
滅多   □□□
目出度い、芽出度い □□□□
目星い  □□□□
面喰う  □□□□□
耄碌   □□□□
勿怪の幸 □□□□□□□□
矢鱈   □□□
躍起   □□□
矢張   □□□□
矢庭   □□□
野暮   □□
由々しい □□□□
泥酔者  □□□□□
四方山  □□□□
宜敷く  □□□□
無価   □□

*このブログの人気記事 2017・4・21(1位にきわめて珍しいものが入っています)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松尾文夫氏、ドーリットル空... | トップ | 『大字典』と栄田猛猪の「跋」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。