礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

刀江書院の『郷土教究』は方言をのせない

2017-07-31 05:58:09 | コラムと名言

◎刀江書院の『郷土教究』は方言をのせない

『方言と土俗』の第三巻第七号(一九三二年一一月)から、「方言雑誌合評会」という記事を紹介している。本日は、その二回目。
 文中、太字は、雑誌名または書名をあらわす(原文では、傍線)。

B「本山〔桂川〕さんや桂〔又三郎〕さんも、よく複刻をしますね」
A「千葉県郡別方言集とか岡山県方言集とか、あゝいふのは善いよ。何しろ、郡誌は部厚〈ブアツ〉なものが多いから、借りて見るにしても、送料が大変だ」
E「本山さんは編輯物が得意らしい」
D「長崎方言は、もう、種切れだらう」
B「用言篇は、まだ、出ません」
C「体言篇があまりに大き過ぎたから‥‥‥‥」
D「標準語と同じものまで入れたから、あん大きなものになツたのだ」
A「桂さんに岡山市の方言集のないのは不思議だ」
B「島村〔知章〕さんがやツてゐました」
C「島村さんが死んでから、桂さん、元気がなくなつた様だ」
D「中国民俗研究を創刊した頃はかなり油がのツて居た様だが‥‥‥‥」
A「あまり、消極的だからいけない。雑誌そのものはいゝけれど‥‥‥‥」。
E「商売気〈ショウバイギ〉が無いんだね」
D「その癖、古本屋だよ」
E「商人といふがらではない」
C「飯尾〔哲爾〕さんは中々うまくやツてる。土のいろはもう十年近くなるだらう」
D「しかし、方言をのせる様になつたのは去年からだよ」
E「時々、方言の特輯号を発行する」
C「飯尾さんは何も書かないね」
A「佐々木清治〈キヨジ〉さんと、宇波耕策さんとで持ツてる様なものだ」
D「二人とも分布調査がお得意らしい。佐々木さんは単語の、宇波さんは音韻語法の‥‥‥‥」。
B「佐々木さんは地理学者です」
A「一体、方言地理は、半分は、地理学の領分だよ。しかし、地理学者は、ここに気が附かない様だね」
E「刀江書院の郷土教究が方言をのせないのは不思議だ。あそこは言語誌叢刊の発行所のくせに」
D「土のいろで遠州方言集を出してくれるといゝ。一と通りの方言集さへ無いくせに、分布調査など木末顛倒だ」
B「方言と国文学はどうです」
D「方言と国文学と相備長屋の感がある」
C「題が悪い。方言と国語とすればよかつた」
D「山下〔邦雄〕さんの興味は方言にある事は確かだ」
E「薩摩狂句の評釈などばかりやツてる」
C「本格的研究を発表するには準備が足りなかつたのだらう」
B「郷里を離れて居るから、研究には萬事、不便でせう」【以下、次回】

 文中、Aの発言に、宇波耕策という名前が出てくる。インターネット情報によれば、長野県の飯田中学校(旧制)の教師だったようだ。
 弁護士の正木ひろしは、かつて、長野県の飯田中学校に英語教師として赴任したことがある。インターネット上で読める『小説 正木ひろし』によると、そのとき同校には、すでに、宇波耕策という国語教師が在職していた。正木は、宇波の人となりを観察し、また、その授業も参観して、「彼あっての飯田中だ」という感じたとある。
 また、Dの発言に、「相備長屋」という言葉が出てくる。読み、意味ともに不明である。博雅の御教示を乞う。

*このブログの人気記事 2017・7・31(4・9位に珍しいものが入っています)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1932年の「方言雑誌合評会」 | トップ | ムー大陸は我が神代ではミヨ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コラムと名言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。