礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

明治20年代末における稲の種類(愛知県から秋田県まで)

2013-03-31 07:12:03 | 日記

◎明治20年代末における稲の種類(愛知県から秋田県まで)

 昨日の続きである。下山作太郎『農業蚕業 帝国農民術要』(一九九八)から、明治二〇年代末における稲の種類を紹介する。

●愛知 丈成、味美、改良神力、白玉、関取、根多良、根黒和尚、三国、安城白、丸亀、富国、甲方、撰出、大和錦、日出、稲川撰出、大野、〔17種〕
●静岡 神力、翻し、倒重、〔3種〕
●山梨 甲斐錦、関取、甲斐島、京大黒、二穂掛、荒木、山梨大黒、高砂、甲斐賜、伊勢大黒、祇園、加賀大黒、〔12種〕
●滋賀 富錦、豊錦、角助、小野、小錦、関取、肥後、滋賀錦、奈良物、政岡、金勝物、天狗、大和物、戸野、豊前、岡崎、大和錦、風不知、大関、腹白、日出、俵物、大野、善光寺、岡山、富錦〔重複、ママ〕、春田、伊勢錦、神錦、白玉撰出、万作、借金返シ、日月、日ノ丸、長門物、都錦、土佐、富永、豊臣、坂田、善光、平松、左近、出島、鬚、浄殿院、福禄寿、身代起シ、長光寺、ヒナツ、岡田、シヤクデン、玉鬚、重兵衛、伝生、白木本、新善光寺、秀郷、就盛、大黒、薄皮、加田肥後、安垣、善光、高山、富永善光寺、絹川、瑞穂、雄町、新万作、淡海錦、安岡、新角座、豊錦、大葉、能登、八幡、玉錦、丹波、国宝、粟鳳物、東京物、歩ミ戻リ、大島、沙汰無、沢山、長等山科、万足、大神山、名坂、小鬚、白木野、撰子、先代撰子、新万石、金吾、撰出、大和、小毛、山中、雨毛、谷川、大物、玉頭、〔103種〕
●岐阜 白玉、石州、尾張坊、関取、大関、松蔭、日ノ本、万本、千石、美濃錦、島坊主、竹林、須原坊主、万作、伊勢錦、日本一、〔16種〕
●長野 江州坊主、細翻、毛強、弘法、田子翻、信濃、木曽関秀、櫛田、日本、珍子、縞坊主、白玉、奥州、〔13種〕
●宮城 半坊主、国益、信州坊主、伊勢白、国豊、豊後、ネイズ、湧谷、源六、境坊、〔10種〕
●福島 高瀬魁、直三、信州金子、赤芒、金生、白、金光穂、耶摩錦、加賀姫、岩瀬錦、千葉錦、都穂、〔12種〕
●岩手 立子、寿老稲、三太、鉈切、白、倉塞、〔6種〕
●青森 赤沼、七霜、秋田坊主、天保、カセ、大黒、ヤヨウガ、狐、白、仙台坊主、桂、金光寺、金助、坊主鬚白、〔14種〕
●山形 信州金子、甲熟金子、肥後、楯岡、大丈白、〔5種〕
●石川 白石、巾着、大場、大葉、大豊年、〔5種〕
●秋田 木境山、宝玉、久保、細葉、杉沢、白川、稲妻、大垣、白鷺、武蔵野、白河内、白、由利ノ関、豊穣、尾張、四海波、勘九郎、〈17種〉

 紹介は、まだ終わっていないが、本日はここまで。
 静岡県における稲の品種が三種で、滋賀県におけるそれが一〇三種ということは、おそらくありえない。調査に精粗があったということであろう。実際のところ、この当時、全国各地には、この表以上に、たくさんの品種があったと思われる。

今日のクイズ 2013・3・31

◎稲の品種には、「坊主」がつくものが多いようですが、この「坊主」の意味の説明として、最も説得力があるのは、次のうちどれでしょうか。

1 稲に対する愛称。男の子に対する愛称「坊主」から。
2 米粒の形から。米粒の長さが幅に比べて短く、全体に丸い印象を与える。
3 ノギ(禾)の形状から。ノギがないか、もしくは少ない。

【昨日のクイズの正解】 3 ホマシ ■稲の品種「穂増」の読みについての問題でした。

今日の名言 2013・3・31

◎偏った考えを共有することで仲間意識も生まれる

 東大准教授の菅原琢〈スガワラ・タク〉さんの言葉。ネット世論についての論評だが、政治・思想・宗教などについても、同じことが言えそうな気がする。本日の日本経済新聞「ネット人類未来」欄より。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加