Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-(2011)★

2012-01-15 20:42:02 | 映画(た)行
人気ブログランキングへクリックよろしくです

THE DEVIL'S DOUBLE

この真実に、ついてこれるか。

上映時間 109分
製作国 ベルギー
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2012/01/13
ジャンル ドラマ
映倫 R18+

【解説】

イラクの元大統領サダム・フセインの長男にして権力を笠に数々の
蛮行を繰り返し、国内外に悪名をとどろかせた男ウダイ・フセイン。
本作は、彼に似ていたばかりに影武者をさせらることになった
青年ラティフ・ヤヒアが体験した衝撃の実話を映画化した実録ドラマ。
「マンマ・ミーア!」「17歳の肖像」のドミニク・クーパーが
対照的な内面を持つ2人の男をみごとにに演じ分けて高い評価を受けた。
監督は「007/ダイ・アナザー・デイ」「NEXT -ネクスト-」のリー・タマホリ。

1月13日(金)公開

公式サイト

 【感想】 <TOHOシネマズ六本木ヒルズにて鑑賞・1・14>
3.5ドミニクの演技が凄い

TOHOデーなので、2本は観たい!「デビルズ・ダブル」「マイウェイ」
「ロボジー」の3本で考えましたが、予告編で、1番魅かれたこの作品を
観ようと決め、となると2本目「マイウェイ」を観るのは、重い作品2本で
しんどい・・・という事で、TOHOデーに、この作品と「ロボジー」を
鑑賞してきました。

と言うことで、まずは、この作品から・・・

この作品って、予告編があまりにも衝撃的でしたので、内容に期待し過ぎて
しまったようです。決してつまらなかったと言うことではないのですが、
自分は、影武者の反撃(逆襲)が始まる?みたいなあの予告編から、
影武者のラティフがウダイを陥れて行くようなストーリーかと思って
しまってたんですよね(^_^;)


ウダイ<ブラック・プリンス>・・・イラク共和国、フセインの長男。
莫大な富と絶大なる権力のもと暴力とセックスに明け暮れ、
狂気のプリンスと恐れられていた

ラティファ<悪魔に人生を奪われた男>・・・祖国のために闘うイラク軍中尉。
戦争後は、父の事業を継ぐ約束された未来があった 大学でウダイの同級生
であった


ウダイの影武者だったラティフの手記に基づいている作品ですから、
フィクションではないわけで、となると、結局は、ラティフがウダイから
逃げると言う結末は、当然なわけで、ストーリーとしたら、普通かなあって
いう感じでした。内容は、すごいですよ。ウダイの狂気に満ちた鬼畜の
所業の数々が、映画のために脚色されたものではなく事実だという事に
大ショックを受けていますから・・・


<危険な戦地に赴き兵士たちの士気を上げるのは、影武者のラティファ>

でも、序盤は、睡眠不足もあって、ちょっと、ウツラ、ウツラしちゃいました(^_^;)
ストーリーは普通だったのですが、予告編通り凄かったのが、素晴らしかったのが、
狂っているとしか思えないウダイとまともに生きていた普通の青年ラティフ
の二役を悪と善をじ分けたドミニク・クーパーの熱演でした。
なので、彼の演技を観るだけでも一見の価値はあると思います。


<セックスに執着するウダイは、街で捕まえた14才の少女から、
結婚式の最中の花嫁にまで、手当たり次第、強引に手に入れ、己の欲情を果たします。
また、父親サダム・フセインの側近で、親友である男まで激情に任せて殺してしまい、
父親に『生まれた時に殺しておくべきだった』とまで言われるような
本当にどうしようもない人間ウダイ>


ドミニクは、ラティフを演じながら、最初は、あまり似ていなかったウダイの真似が
段々上手くなって行くラティフ・・・と、ラティフ、ウダイ、ラティフが
ウダイを真似ると言うわけで(頭が、こんがらがりそう)言わば3役?を
こなすのは凄い!
彼が、こういう役者さんだったとは、「マンマ・ミーア」の時には、
気がつきませんでした(^_^;)


<「お前は、俺が作った男だ」「俺はお前を愛している」と
ラティフを手離さないウダイ>


そんな恐怖政治下でも、ラティフの父親(親の愛は凄いですね・・・
自分の命と引き換えに息子を助けるのですから・・・)、
ラティフとサラブの密会のテープを処分するウダイの側近、
ラスト、ウダイの暗殺を謀ったラティフを見逃すウダイのボディガードとか、
人道的な人間がイラクにいたとわかって、ちょっと救われた気分になりました。

この映画の中では、世界有数の残忍な独裁者として知られるサダム・フセインでさえ、
ウダイの前では、まともに見えてしまうほど、バカ息子などと言う安易な言葉で
表せない、常軌を逸した変人、いえ、人間の仮面を被っていた悪魔がウダイでした。
映画に描かれている事でも、信じられないことなのに、脚本にした以上に、
もっと酷い事実があったという脚本家の言葉に驚かされました。


<ウダイの愛人?サラブ(リュディヴィーヌ・サニエ)と心を通いあわせて
行くのだが・・・>


映画が面白いかどうかと言うより、私にとっては、ドミニク・クーパーの
迫真の演技を観て下さいと言う作品でした。
<この作品と全然関係ないことなのですが、ドミニクの出演作に私の大好きな「フロムヘル」が
あって、ビックリ どこに出てたのか、今度マイDVDでチェックしよ~っと

ウダイ・サッダーム・フセイン<ウィキぺディア>

フセインの息子の影武者となり、
人生を狂わされた男。
想像を絶する日々の果てに、
彼が決意した逆襲とはー?




【ストーリー】

家族を愛し、明るい未来が約束されていたはずの青年ラティフ・ヤヒア。
しかしある日、狂気のプリンスと恐れられたウダイから自分の影武者に
なることを命じられる。家族を人質に取られたラティフに選択の
余地はなかった。こうして彼は、ウダイの想像を絶する狂気の日常を
目の当たりにしていくことになるのだが…。

人気ブログランキングへクリック感謝です
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★ニューイヤーズ・イブ(2011)★ | トップ | ★ロボジー(2011)★ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-01-15 22:20:47
そうなんですよね。ドミニクってこんなに出来る役者だったっけ?と思いましたよ。
私は正直お話はそう予想外でもなかったんですね。古今東西悪逆非道な権力者は大体やること同じですから。
それでも引きこまれたのは彼の演技力に負うところが大きいです。普通に別人に観てましたもん。当然だけど顔同じなのに。これって凄いと思うんですよ。
しかも最後のほうではウダイみたいだって言われますけど、確かに微妙にウダイはいってるんですよね。これは難しい芝居だよね、少なくともオールオアナッシングならプロの役者なら誰でも出来て当たり前だろうけど。
次の作品が楽しみになりました。
KLYさ~ん (*^_^*) (ひろちゃん)
2012-01-16 00:51:18
こんばんは

KLYさんもお話としては、そう意外性は感じられなかったみたいですね

私もお話としたら、予告編以上に驚いたことはなかったです
それでも、この作品に惹き込まれたのは、おっしゃるように、ドミニクの演技に寄るところ大きいと思います
ほんと、彼が出演するこれからの作品が楽しみになりました
Unknown (mig)
2012-01-16 15:28:18
こんにちは、
お話はそうでもなかったんですか?(笑)
わたしはかなり惹き込まれてしまいました~
フセインの息子がこんなヤツだったとはという事実と、あとやっぱり
ドミニクの素晴らしい二役のなりきりっぷり!
彼じゃなかったらこんなに面白くならなかったんじゃないかなぁ
一人で3役 (ノルウェーまだ~む)
2012-01-16 15:30:04
ひろちゃん☆まったく同感!!
ひとりで3役分こなすドミニク・クーパーの演技力に拍手喝采!ですよね~。
ラティフの父の言葉も、泣けました。
お話は現実であればこそなので、サスペンスのようなスリリングな展開はなかったかもだけど、私は逆に真実であればこその恐ろしさを感じました。
migさ~ん (*^。^*) (ひろちゃん)
2012-01-16 23:36:38
こんばんは

お話は、つまらなくはなかったんですが、自分が想像していたのとは違っていて・・・
もちろん、内容には、これが実際にあったことだと言うことに驚きはしたのですが・・・

彼の演技があってこそ、これだけ作品が面白くなったと私も思います
ノルウェーまだ~むさ~ん (^O^) (ひろちゃん)
2012-01-16 23:44:26
こんばんは

まだ~むも三役って書かれてましたもんね。
ほんと、ドミニクの演技に拍手喝采ですよね

>ラティフの父の言葉も、泣けました。

自分の命と引き換えに、息子を助けるシーンは
泣けましたよね

そうなんですよね。事実なので、サスペンスのようなスリリングさがなく、そこが私には物足りなかったのかもしれません

まだ~むが言われているように、あんなことが真実だって言うことは、心底怖ろしかったのですが・・・
こんばんは (dai)
2012-01-17 01:04:02
もう少しひろちゃんさんは楽しめると思ったのですが…確かに予告の出来は非常に良いように感じますよね。この映画の印象的な部分を短い時間で再構築しているように感じました。

ただ話はもとより、ドミニクには圧巻でした。
ドミニクは『フロムヘル』では、自分もDVD最近観たんですが、たぶん警察(?)役ですかね??
daiさ~ん (^з^)-☆ (ひろちゃん)
2012-01-17 15:05:15
こんにちは

そうなんですよ~。予告編があまりにも良くて
期待し過ぎてしまいました
決して、面白くなかったわけではないのですが
もっとスリリングな展開のある作品だと
思ってしまっていたので
ドミニクの演技は、素晴らしかったです!

>ドミニクは『フロムヘル』では、自分もDVD最近観たんですが、たぶん警察(?)役ですかね??

情報ありがとうございます!時間のある時に
チェックしてみます
「フロムヘル」ご覧になったんですね?感想は
書かれないのかな?daiさんの感想気になりますぅ~
Unknown (☆オレンジピール☆)
2012-01-17 20:04:34
ドミニク・クーパーは何かとちょくちょく遭遇していますが
「ある公爵夫人の生涯」で愛人役はないだろう・・と思ったしだいです(^^:
あんまり好みではないのです。

「マンマ・ミーア」の歌は上手かったですよね♪

でも3役(ある意味)の演技力はチェックしてみたいです。
なかなか政治色の強いものは敬遠しがちですが
「君のためなら千回でも」も良かったし
DVDになったら観ますね。
☆オレンジピール☆さ~ん \(~o~)/ (ひろちゃん)
2012-01-18 02:35:29
こんばんは

多分オレンジさんの好みではない作品だと
思います(笑)それなのにコメありがとう

そそ、ある公爵夫人~にも出ていましたよね?
マンマミーアでアマンダの彼氏ってことは覚えていますが、歌声までは覚えてません(苦笑)

ドミニクの演技は、素晴らしいと思いますが
また知らなかったイラクの実情なども知ることが出来ますが、お話としたら、それほどでもないので(笑)期待せずにDVDで鑑賞してみて下さいね
Unknown (しんぽん)
2012-01-19 01:17:33
こんばんはー。
ひろちゃんさんも六本木ヒルズに観に行ってらしたんですねー。
僕は18:45の回で観たので、上映回違いでしたー。

ドミニクの演技に本当にひきこまれました~。
予告は面白そうではあったけれど、自分はそれほど期待をしてなかったので、思ったよりよかったなーって感じで観れました♪
しんぽんさ~ん (^^) (ひろちゃん)
2012-01-19 16:09:37
こんにちは

>僕は18:45の回で観たので、上映回違いでしたー。

そっか~。しんぽんさんは、その時間の上映だったんですね

しんぽんさんは、期待しすぎなかったようで
楽しめたようで良かったです
私も、ドミニクの演技には圧倒されたので
まあ、観て良かったかなあって感じです(笑)

こんばんはー☆ (kira)
2012-01-19 20:54:13
予定はなかったんだけど丁度待たずに上映だったので見てきました♪

え?
「フロムヘル」に出てたの?
この人もヘアスタイルと髭でものすごくイメージが変わるよね~。
私なんかキーラの恋のお当てにしては地味とか、過去に書いてるし~(笑)
映画もだけど、これが事実に近い描写というところにショックを受けました~。
kiraさ~ん (*^_^*) (ひろちゃん)
2012-01-21 00:46:03
こんばんは

そうなのよ~。フロムヘルに出てたらしいの
。今度じっくり探してみます

確かにドミニクって髪型とかでかわるかもね。
私も、アマンダの相手の時も、キーラも相手の時も、パッとしないって書いてるような気がします(苦笑)

私も映画が面白いかどうかと言うより、このショッキングな内容が事実だってことに驚き
ました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-/THE DEVIL'S DOUBLE (LOVE Cinemas 調布)
イラクの独裁者サダム・フセイン。あの独裁者をも呆れさせる息子ウダイの影武者をだった男、ラティフ・ヤヒアの自伝を映画化。ラティフとウダイの一人二役を見事に演じ分けるのは『マンマ・ミーア!』のドミニク・クーパー。共演に『引き裂かれた女』のフランス人女優リ...
デビルズ・ダブル-ある影武者の物語- / THE DEVIL'S DOUBLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click サダム・フセインの息子、ウダイ・フセインと顔が似てる事から 家族の命と引換えにこの男の影武者になることを強制された男の物語。 へんな人に顔似るもんじゃないね人生台無しです   マスコミ試写にて鑑....
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (Memoirs_of_dai)
狂気に満ちたドミニク・クーパー 【Story】 家族思いの青年ラティフ(ドミニク・クーパー)は、ある日サダム・フセイン大統領の息子ウダイ(ドミニク・クーパー)に呼び出され、影武者になるよう命じ...
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (2011) / ベルギー (Nice One!! @goo)
原題: THE DEVIL'S DOUBLE 監督: リー・タマホリ 出演: ドミニク・クーパー 、リュディヴィーヌ・サニエ 、フィリップ・クァスト 試写会場: 東商ホール 公式サイトはこちら。 (2012年1月13日公開) イラクの独裁者サダム・フセインの息子、ウダイの影...
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (Cinema+Sweets=∞)
今日はTOHOシネマズ 六本木ヒルズに『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』を観に行ってきました。 予告を見てたら、結構面白そうな感じがしたのと、今日はTOHOシネマズ1000円鑑賞の日だったので、いい...
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (to Heart)
この真実に、ついてこれるか。 原題 THE DEVIL'S DOUBLE 製作年度 2011年 製作国・地域 ベルギー 上映時間 109分 映倫 R18+ 原作 ラティフ・ヤヒア 脚本 マイケル・トーマス 監督 リー・タマホリ 出演 ドミニク・クーパー/リュディヴィーヌ・サニエ/ラード・ラ...
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」□監督 リー・タマホリ □脚本 マイケル・トーマス□原作 ラティフ・ヤヒア□キャスト ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、フィリップ・クァスト、ラード・ラウィ、     ...
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (だらだら無気力ブログ!)
二役の演じ分けが素晴らしい!!
「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」 なぜウダイはラティフを殺さなかったのか? (はらやんの映画徒然草)
サダム・フセインの息子、ウダイ・サダム・フセインとその影武者とされたラティフとい
デビルス・ダブル~ある影武者の物語~ (食はすべての源なり。)
デビルス・ダブル~ある影武者の物語~ ★★★★☆(★4つ) 狂気のプリンス フセインの息子の影武者が語る衝撃の真実 今年、楽しみにしていた作品です 話はもっと狂気のプリンスを想像してましたが、ま~想像の範疇でした。 やっていることは確かにひど...
『デビルズ・ダブル ある影武者の物語』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
見どころはなんといっても、ドミニク・クーパーがウダイとラティフを一人二役で演じていることである。2人を見比べているだけで退屈しないし、2人が同じ画面に登場しても、全く白けた感じにならない。素晴らしいと思う。フセイン政権は2003年に崩壊したが、隣国でも最高権...
映画『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-5.デビルズ・ダブルズ■原題:The Devil's Double■製作年・国:2011年、ベルギー■上映時間:109分■字幕:林完治■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)□監督:リー・タマホリ□脚本:マイケル・トーマス□原作:ラティフ・ヤヒア□...