Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★人生の特等席(2012)★

2012-11-26 01:38:22 | 映画(さ)行
TROUBLE WITH THE CURVE

スカウトマン、娘1人。
キャリア最後の旅に出る。


上映時間 111分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2012/11/23
ジャンル ドラマ
映倫 G

【解説】

クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶりに
主演を務める感動ドラマ。キャリア最後のスカウトの旅へと出た
メジャーリーグの老スカウトマンとそのサポートに押しかけた一人娘が、
旅を続ける中で少しずつ互いのわだかまりと向き合い、
親子の絆を再確認していく姿をしみじみとした筆致で描き出す。
共演はエイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、
ジョン・グッドマン。
監督は長年イーストウッド作品に製作や助監督として携わり、
本作で記念すべき長編監督デビューを飾ったロバート・ロレンツ。

人気ブログランキングへ

【ストーリー】

数々の名選手を発掘してきたメジャーリーグの伝説的スカウトマン、
ガス・ロベル。しかし近年はパソコンを使ったデータ分析が主流で、
ガスのような昔気質のスカウトマンはすっかり時代遅れに。
視力も衰え、残り3ヵ月となった球団との契約も延長は望み薄。

そんな中、ドラフトの目玉選手のスカウティングに向かったガスの
もとに、弁護士としてキャリアの大事な時期を迎えていた一人娘の
ミッキーがやって来る。すっかり疎遠になっていた2人は、
久々の再会も互いに素直になれずにギクシャクしたまま。
そんな2人の前に、かつてガスに見出され、引退した現在では
新米スカウトマンとして再出発を図るジョニーが姿を現わすが…。

11月23日(金)公開

公式サイト

【感想】 <TOHOシネマズ・六本木ヒルズ・10・28・日>
4.2

第25回東京国際映画祭特別招待作品 公式クロージング作品と言うことで
東京国際映画祭で、1ヶ月くらい前に鑑賞してきました

鑑賞前は、イーストウッド監督(主演も)作品は、「ミスティック・リバー」
「ミリオンダラー・べイビー」「グラン・トリノ」と、このところずっしりと
重い作品を鑑賞していたので、この作品もそうなのかも?と思って
いましたが(予告編からは、そこまで重い作品には見えませんでしたが)、
この作品は、ずっしりと重い、衝撃的な作品ではなく、見終わった後、
心地良さを味わえた作品でした



ストーリーは、もう本当に予想通りの展開で、すべて想定通りに
進んで行くのですが、そのシンプルさがかえって気持ちいいくらいで(笑)
イーストウッドは、もちろんのこと、娘役のエイミー、元野球選手役の
ジャスティン、イーストウッドの友人役のジョンとキャストも
それぞれに良くて、最後まで飽きることなく観ることができました

主なキャストは・・・



クリント・イースト・ウッド(=ガス)
・・・家庭を顧みず、メジャーリーグ・スカウトマンとして生きてきた父
娘との関係はギクシャクしている

口が悪い上に、不器用で、なおかつ素直になれない。
なので、娘への愛情を、上手く伝えることができない。
こういうキャラは、イーストウッドの十八番ですよね。

エイミー・アダムス(=ミッキー)
・・・ガスの一人娘で、弁護士
視力が衰え、目がかすみ始めた彼の最後のスカウトの旅に手を貸す

大御所のクリント相手に堂々たる演技、存在感がありました。



ジャスティン・ティンバーレイク(=ジョニー)
・・・ライバル球団のスカウト
大リーグ投手だったジョニーのキャリアは途中で絶たれ、スカウトに転身

ガスとミッキーの親子関係の橋渡し的な役柄で、ミッキーとの
ロマンスもありました。この人って華があるな

ジョン・グッドマン(=ピート)
・・・ブレーブスのスカウト主任でガスの友人(理解者)

アルゴで観たばかりのジョン、今回もいい味出してました。



ロバート・パトリック(=ヴィンス)
・・・ブレーブスのオーナー

出番は少ないながら、結構重要な役どころで、いろいろな映画で
お目にかかるターミネーター2のロバート

マシュー・リラード(=フィリップ)
・・・オンラインでデータを追う、新世代のスカウト

昔気質のガスを老いぼれ扱いするヤナ奴って役柄でしたが
ファミリーツリーでも、ジョージの奥さんの不倫相手で
嫌な奴っていう役柄でした(苦笑)


<亡き妻の墓前で「ユー・アー・マイ・サンシャイン」の
歌詞をつぶやくガス。。。シワシワになったイーストウッドの顔の大写しに
なんかウルウル


メジャーリーグの老いた名スカウト(クリント・イースト・ウッド)と
その娘(エイミー・アダムス)のお話で、不器用で思いを
伝えられないけれど、娘を思う父親の気持ち、父親の愛情を求め、
父親を思う娘の気持ちが、頑固オヤジと気の強い娘の心情が
丁寧に描かれているのですが、どんなに功績を築いてきた人間にも、
老いは訪れ、後悔や孤独も容赦なく人生に重くのしかかってくる
ということを、いい年の私は感じてしまうのでした



クライマックスシーンは、出来すぎでしょ!と言う感じで、何もかも
上手く行きすぎなのですが、私はそれもアリだと思いましたし、
その大ハッピーエンドで幸せな気持ちになれました

派手な仕掛けもアクションもなく、号泣するような感動はないのだけれど、
観終わった後に心がほっこりする、そんな素敵な作品でした

その他

イーストウッドって若い時は苦手(と言うか嫌い・ファンのかた
すみません)でしたが、年とって、監督してからの彼は
好きです

映画の最初のほうに出てきたピーナッツボーイ、これは伏線だなって
バレバレでしたが、中々出てこないので、私の感はハズレ?って
思ったら、やっぱり出てきてくれました

昔かたぎのスカウトが勝利するお話ですから、マネーボールとは
真逆のお話でした

ガスがかつてスカウトし、今はスランプにあえいでいる大リーガー、
ビリー・クラーク役にはイーストウッドの息子スコット・イーストウッドが
起用されていて、父子の共演シーンになっているようです

バーでエイミーとジャスティンの野球クイズ合戦
メジャーリーグに詳しいかただとそんなシーンも
楽しめるのかな



人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★のぼうの城(2011)★ | トップ | ★12月公開の気になる映画★ »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2012-11-26 06:00:08
イーストウッド監督作品ではないのですが、
彼の愛弟子の作品ということで、
その魅力が充分に発揮されていたと思います♪

父と娘の絆の再生物語…
そこに野球スカウトのことを絡めつつ、
全く飽きさせない展開でした。

ピーナッツ売りの青年のことは、ちょっと驚きました。
何かあるだろうなぁ…と思っていたのですが、
その伏線が最後の最後でしたね。
こんにちは♪ (yukarin)
2012-11-26 12:51:28
展開も読めるお話でしたけど、こういうお話は大好きなんですよね~良かったです♪
見終った後に温かい気持ちになれますよね。
ガスはイーストウッドにぴったりの役でした。
ピーナッツボーイは誰も予想できましたよね(笑)
でもラスト、すっきりしたわー。

業務連絡...来年チケット争奪戦頑張りましょう~!!
遠征予定です!
良さそうですね (☆オレンジピール☆)
2012-11-26 17:53:12
確かに予告を観るだけで、展開は想像付きますが
私が好きそうな作品です。
イーストウッドはぴったりですし、娘役のエイミー・アダムスの娘役も見てみたい!

そうそう!この3連休でDVDを山のように借りたのですが
『鑑賞メーター』覗いてみてね。
1番、ひろちゃんのblogで知ったスウェーデン作品『クリスマスのその夜に』が良かったです。
こんばんは (ituka)
2012-11-26 23:56:36
ガスとミッキーの関係って実際のクリント親子の自伝映画かと思いましたよ(笑)
俳優とスカウトマンの違いはあるけど、娘との確執とか、、、
几帳面で心配性の父と飲酒運転で保護観察となった娘では分かる気がします(苦笑)

中年チャラ男といえば、今やマシュー・リラードの右に出る俳優はいないでしょうね(笑)
BROOKさ~ん (^.^) (ひろちゃん)
2012-11-27 09:35:54
おはようございます
イーストウッド監督のようにずっしりと心に来る作品ではなかったですが、心地よい作品でした
愛弟子と言うことで、イーストウッド愛に溢れていたような気がしました

ピーナッツ売りの少年の伏線は、最後の最後に出てきましたが、スカッとして気持ちが良かったです
yukarinちゃ~ん(^^♪ (ひろちゃん)
2012-11-27 09:41:13
おはようございます

予想通りの展開で、ふつ~のお話だって言ったら
そうなんですが、心地よい作品で、良かったですよね
そそ、温かい気持ちになれます

ピーナッツボーイは、スカッとしましたよね~
映画はやっぱりハッピーエンドでなくちゃね

業務連絡ありがとう!
遠征嬉しいな~。私も大阪とかに遠征しようかな(笑)
また、頑張りましょうね
☆オレンジピール☆さ~ん(^^)v (ひろちゃん)
2012-11-27 10:20:52
おはようございます

展開、絶対に予想つきますよね(笑)
でも、その予想通りの展開が、また気持ちいい(笑)
オレンジさん、お好きかな?もっと、どろどろが好みではなかったでしたっけ?(笑)

DVDになってからでもいいので、鑑賞してみてね

>1番、ひろちゃんのblogで知ったスウェーデン作品『クリスマスのその夜に』が良かったです。

あはは
そんな作品、私挙げてましたっけ?
きっと、公開映画の記事ですね。私は鑑賞してないから
後で、ブログにお邪魔しますね
itukaさ~ん!(^^)! (ひろちゃん)
2012-11-27 10:28:13
おはようございます

>ガスとミッキーの関係って実際のクリント親子の自伝映画かと思いましたよ(笑)

えっ?そうなんですか?
イーストウッドに興味なかったので(笑)プライベートなことあまり知らなくて
飲酒運転で保護観察になった娘?
ハリウッドの大スターのこどもって、甘やかされて育つせいかダメ(アホ?)な人間が多いですね(苦笑)

>中年チャラ男といえば、今やマシュー・リラードの右に出る俳優はいないでしょうね(笑)

きっといい役も似合うのでしょうけど、連続して嫌な奴って役柄を見てしまったので、似合うなあと(笑)
右に出る俳優がいないは、ちょっとオーバーですが(笑)
 (たいむ)
2012-11-27 16:48:28
ひろちゃん、こんにちは。
冒頭のお馬さんこそ「なんなの?」って感じで、まさかあんな風に絡んでくるとは思いませんでしたが、あとはほぼ思った通りの希望通りという展開で心地良かったです。

ジャスティンくん。。というか、ジョニーがすっごく好みですw
趣味で一緒に盛り上がれる相棒は最高ですよね。
ナイスカップル誕生も良かった!
そっかぁ~ (マリー)
2012-11-27 23:36:15
こんばんは~~♪
ピーナッツ売りの子、最後にあいつが「お前はピーナッツ売り!?」って言うまで分からなかったのは私だけ?
そっかぁ~~ちゃんと伏線になってたのね~。
ただのピーナッツ売りだと思っていたから、あのモーテルの息子だとは夢にも思わず・・・大汗

イーストウッドさん、私もあんまり好きじゃなかったけど
お歳を召してからの演技は凄いですね。
ただ声が聞き取りにくいのは仕方ないけど、ツライ。
こちらまで苦しくなるんだ・・・

ジャスティンは出てくるだけで光があるね~。
結婚もしてますますいいカンジかな?

エイミーは『魔法にかけられて』が大好きだけど、今回の役もよかった!
早くレビュー書こうっと・・・
たいむさ~ん(^^) (ひろちゃん)
2012-11-28 00:14:36
こんばんは

そう言えばそうですね。最初の馬のシーンだけは、確かに、なんなの?って思いました。
あとの展開は予想通りでしたが

>ジャスティンくん。。というか、ジョニーがすっごく好みですw

おお!たいむさんは、ああいうタイプが好みなんですね~(もちろん、役柄のジョニーのほう・笑)
ミッキーとはまさにナイスカップル!こちらもハッピーエンドで良かったです
マリーさ~ん(^^)v (ひろちゃん)
2012-11-28 00:19:14
こんばんは

レビューアップ前にコメントありがとう

あはは~。だから、マリーさん好きだわ~(笑)
ピーナッツ売りの少年には、誰もが気がつくと思ったんだけど・・・
やっぱり、マリーさんは貴重な存在だわ

>イーストウッドさん、私もあんまり好きじゃなかったけどお歳を召してからの演技は凄いですね。

やっぱり?好み合うねえ~(笑)
確かに苦しそうな声ではあるよね

ジャスティンは華があったし、エイミーは上手いね。
早くレビュー書いて(笑)

あっ!明日からディズニー三昧
吾輩も…。 (mori2)
2012-12-03 00:36:41
「ユー・アー・マイ・サンシャイン」には泣かされました。

>ビリー・クラーク役にはイーストウッドの息子スコット・イーストウッドが起用…
↑ええ!そうやったんですね。知らんかったですわ。

>イーストウッドって若い時は苦手(と言うか嫌い・ファンのかた
すみません)でしたが、年とって、監督してからの彼は
好きです
↑吾輩も禿同です。実は「ダーティー・ハリー」はあんまり好きじゃない…(爆)。
mori2さ~ん(^^) (ひろちゃん)
2012-12-03 13:32:51
こんにちは

>「ユー・アー・マイ・サンシャイン」には泣かされました。

私達の年代ですと(笑)ああいうシーンってウルウルきちゃいますよね

ビリーがイーストウッドの息子って言うのは、パンフからの受け売りです

>↑吾輩も禿同です。実は「ダーティー・ハリー」はあんまり好きじゃない…(爆)。

映画の好みも俳優の好みも似てますね(笑)
ちなみにダーティハリーも観ていない私です
映画祭で~ (小米花)
2012-12-04 23:36:25
映画祭でご覧になったのですね。
きっと印象がロードショーとは違うでしょうね~。

ラスト、すべてOKでいいのよね~。
あったかくなりましたよ。

ひろちゃんと感想一緒~って思ったけど、
私はダーティハリー大好きです(笑)。

父子の共演シーンって知りませんでした。アリガト。
小米花さ~ん(^^)♪ (ひろちゃん)
2012-12-05 11:44:35
こんにちは

そうですね。2000円で観ましたから(笑)印象違うかもです

予想う通りで、すべて上手く行く、上手く行き過ぎる?(笑)ラストもいいですよね~
観終わった後、あったかい気持ちになれますからね

>私はダーティハリー大好きです(笑)。

そこだけは、気が合いませんでしたね
(笑)
父子の共演シーンは、パンフからの
受け売りです
クリ爺(→クリントイーストウッド)と アダ美(→エイミーアダムス) 父娘の 才能発掘作業伝説 (zebra)
2015-01-13 14:47:25
あけまして おめでとうございます。 おひさしブリ~フ(笑)
ひろちゃん

>ストーリーは、もう本当に予想通りの展開で、すべて想定通りに
進んで行くのですが、そのシンプルさがかえって気持ちいいくらいで(笑)
 ご都合主義っぽいですが、まあこれはこれでいいっすよ

目がボヤけてるのに 気合が空回りのクリ爺 自宅のガレージに車のかどぶつけるわ スカウト先で交通事故起こすわ 家のテーブルに足をぶつけるわ  料理は黒コゲだわ


クリ爺の心配して 娘のアダ美が 呼ばれてないのに ジャジャジャジャァ~ン!!!

 まるで 危機一髪のトコで タイミングよく出てくる 戦隊モノのヒーロー(じゃねえわ ヒロイン)のような 都合のよさ!

クリ爺が昔 発掘したティンティン(→ティンバーレイク)に 誘惑されたアダ美・・・

恋ごころを 芽生えさせて 川でジャブ!ジャブ!(ボクシングかい!) ラブ美さ

 弁護士事務所で働いてるアダ美 クリ爺に構ってしまったために
昇進をかけたプレゼンの話が 上司たちに 別の相手に切り替えて手のひら クルリされ ショボ美に・・・

 しかし 小さいころにクリ爺にメジャーリーガー才能発掘作業につきあって ドリルと作業着着て(ドリルはもちません。普通の子供服です)各地を巡業!

 発掘作業の才能が開花!(スカウトの目利きです)

 現地で自分の初仕事で発掘した人材をゲット!球団役員の一員に
できすぎてるやろ・・・・さすが アメリカンドリーム!!

 弁護士もできて 発掘作業もできる 
二足のワラジの アダ美・・・

 これなら二交代勤務も可能だね
昼の勤務はメジャーリーガー人材発掘 夜の勤務は弁護士(・・・って いつ 寝るんじゃい!)
zebraさま (ひろちゃん)
2015-02-13 15:41:25
お久しぶりにコメント頂きましたのに今頃のお返事で
ごめんなさい

相変わらず冴えたコメントで飛ばしますね~(笑)

ご都合主義OKですよね

アメリカンドリーム!
観終わった後に気持ちがすっきりするのは、やっぱり
いいですよね

>昼の勤務はメジャーリーガー人材発掘 夜の勤務は弁護士(・・・って いつ 寝るんじゃい!)

確かに(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「人生の特等席」 (日々“是”精進! ver.F)
父の背中は、特等席だった… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211240005/ Trouble With the CurveSoundtrack Varese Sarabande 2012-10-16売り上げラン...
人生の特等席 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TROUBLE WITH THE CURVE】 2012/11/23公開 アメリカ 111分監督:ロバート・ロレンツ出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード、ジョー・マッシンギル ス...
人生の特等席 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) マネーボール理論が揺らいだ瞬間とは、、、
「人生の特等席」みた。 (たいむのひとりごと)
クリント・イーストウッド主演作品。ただし監督はロバート・ローレンツ。確か『グラン・トリノ』で俳優はもうやらないと宣言したとかしないとか小耳にはさみ、当時から「そんなこと言わないで~」と俳優業の続行を望
映画「人生の特等席」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「人生の特等席」観に行ってきました。アメリカ大リーグの卵となる選手をスカウトする仕事を長年にわたって続けてきたプロでありながら「失明の兆候」を発症するという致命的な...
人生の特等席 (とりあえず、コメントです)
野球のスカウトマンとして人生を送った男の姿を描いたクリント・イーストウッド主演のヒューマンドラマです。 イーストウッドが役者に復活と聞いて、これは観なくてはと公開を楽しみにしていました。 圧倒的な存在感と相変わらずのかっこ良さに一瞬で惹きつけられました。...
頑固親父~『人生の特等席』 (真紅のthinkingdays)
 TROUBLE WITH THE CURVE  メジャーリーグ、アトランタ・ブレーブスの老スカウトマン・ガス(クリント・イー ストウッド)は、ある日視界がぼやけることに気づく。生来の頑固さから、医師 ...
人生の特等席  監督/ロバート・ロレンツ (西京極 紫の館)
【出演】  クリント・イーストウッド  エイミー・アダムス  ジャスティン・ティンバーレイク 【ストーリー】 長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル。伝説のスカウトマンとして知られる存在の彼だったが、年齢のせいで視力が弱ってきていた。そ...
「人生の特等席」うん、イイ邦題ですね。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[人生の特等席] ブログ村キーワード  俳優 クリント・イーストウッド 復活!「人生の特等席」(ワーナー・ブラザース)。「グラン・トリノ」から約4年。クリント翁の主演復帰作は、爽やかな感動作でございます。  ガス(クリント・イーストウッド)は、メジャー・...
映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特色を生かし? 近年のイーストウッド(写真中央)の演技には、目を見張るものがあ...
人生の特等席 (こんな映画見ました~)
『人生の特等席』---TROUBLE WITH THE CURVE---2012年(アメリカ )監督:ロバート・ロレンツ 出演:クリント・イースト、エイミー・アダムス 、ジャスティン・ティンバーレイク 、ジョン・グッドマン クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶ....
「人生の特等席」 変えられない、でも変えられる (はらやんの映画徒然草)
原題は「Trouble With The Curve」。 ここで言う「Curve
人生の特等席 (風に吹かれて)
♪ You Are My Sunshine ♪アナログオヤジをなめんなよ公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/troublewiththecurve長年メジャーリーグの
「人生の特等席」 (或る日の出来事)
エイミーが出ていなければ、観なかったはずの映画だ。
人生の特等席 (とりあえず、コメントです)
野球のスカウトマンとして人生を送った男の姿を描いたクリント・イーストウッド主演のヒューマンドラマです。 イーストウッドが役者に復活と聞いて、これは観なくてはと公開を楽しみにしていました。 圧倒的な存在感と相変わらずのかっこ良さに一瞬で惹きつけられました。...
映画「人生の特等席」 (FREE TIME)
映画「人生の特等席」を鑑賞しました。
人生の特等席 (映画的・絵画的・音楽的)
 『人生の特等席』を渋谷Humaxで見ました。 (1)『グラン・トリノ』の後、これ以上もう映画に出演しないと公言していた御歳82歳になるクリント・イーストウッドですが、本作にはその彼が出ているということで映画館に足を運びました。  彼の役どころは、プロ野球球団ア...
野球と娘と向き合いながら、 (笑う社会人の生活)
26日のことですが、映画「人生の特等席」を鑑賞しました。 長年大リーグのスカウトとして腕を振るってきたガスだったが、年のせいで視力が弱ってきていた チームが疑いの目を向ける中 あまり関係が良好とはいえない娘のミッキーが同行を始めて・・・ クリント・イースト...
『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...
人生の特等席 (いやいやえん)
思ってたよりも老いているイーストウッドにビックリだ。当たり前だけどヨボヨボ。でも何か一瞬の画がとんでもなくかっこいいのよ。やっぱりそこはイーストウッドだった。 ストーリーは一人の野球スカウトマンの娘との絆、人生の再生といったところだけれど、これもよ...
人生の特等席 (Sato's Collection)
見ました。 大リーグのスカウト、ガス(クリント・イーストウッド)は凄腕のベテランスカウトだったが、寄る年波には勝てず視力が衰えてきた。ドラフトも間近に迫っており最終決断を下す時期にきていたガスは、選手を直接見ようと球場に向かったのだった。 思うようにい....