Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

★探偵はBARにいる(2011)★

2011-09-12 22:52:46 | 映画(た)行
人気ブログランキングへ

何かあったら
電話してくれ。


上映時間 125分
製作国 日本
初公開年月 2011/09/10
ジャンル ミステリー/サスペンス/犯罪
映倫 PG12

【解説】

札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”を
「アフタースクール」の大泉洋と「まほろ駅前多田便利軒」
の松田龍平主演で映画化したハードボイルド・エンタテインメント・ミステリー。
原作シリーズ第2作『バーにかかってきた電話』を基に、
奇妙な依頼を受けた主人公の探偵“俺”が、相棒の高田と共に、
思いもよらぬ困難に遭遇しながらも次第に複雑な事件の核心へと
迫っていくさまを、ユーモアを織り交ぜつつ、ハードな
アクションと哀愁をにじませたミステリアスなストーリー展開で
スリリングに描き出していく。
共演は「ALWAYS 三丁目の夕日」の小雪、「星守る犬」の西田敏行。
監督はTV「相棒」シリーズなどを手がける橋本一。

9月10日(土)公開

公式サイト

【感想】<109シネマズ川崎にて鑑賞>
大泉さんと松田さんのコンビが良いので・・・でも、3.8くらいかな・・・
邦画はめったに観ない私なのに、なぜか公開初日に観に行って
しまいました(笑)満席とまでは行きませんでしたが、
1本目に観た「グリーン・ランタン」より、広いスクリーンなのに
観客、結構多かったです。

なぜかと書きましたが、そのなぜは、やはり大泉さんの主演が大きいかな・・・
役者としての前に、芸人?として好きなんですよね。
だって、何やっても、彼は面白いんですもん!
予告編にも魅かれましたしね



ストーリーは、「コンドウキョウコ」と名乗る謎の女からの
依頼がきっかけで、大泉洋演じる探偵「俺」が危ない事件に
巻き込まれていくというものですが、ベタな展開ですし、
キャストからも「女」の正体も読めてしまいますので
コンドウキョウコとは何者なのか、その目的は何なのかと
言うミステリーとしての謎解きの面白さはそれほどでもないです(^^;

なんですが、意外に熱血漢で優しさを秘めている探偵「俺」(=大泉 洋)と
クール?なとぼけた?相棒兼運転手「高田」(=松田 龍平)のコンビが
抜群に良くて、この二人のやりとりを観ているだけで可笑しかったです
このコンビの魅力で、楽しめる作品になっていると思います

大泉さんが主演なので、コミカルなところはコミカルで笑えるんですが、
PG12指定になっているだけあって、血の量多いしエロいシーンも
あるので、誰にでもお薦めと言うわけには行かないかもしれませんね。

主なキャストは・・・



大泉 洋さんの出演作品に、大ハズレってないような気がします。
絶対に三枚目だと思う大泉さんが、ちょっとニ枚目に、見えちゃうから不思議です。
大泉さんが主演なので、もっとコミカルで笑わせてくれるのかと思ったら
意外とシリアスでした。

松田龍平さんって独特の雰囲気を持っていますよね。松田兄弟って、どちらも
私の好みじゃあないんですが(ファンのかたすみませんσ(^◇^;))、役者としては、
お兄ちゃんのほうが上手いような気がします
お二人ともアクションまでやらされて、撮影は大変だったようです。
初顔合わせとは、思えないほどのコンビネーションの良さでした



西田敏行さんが出てると知らず、そして、冒頭であっけなく
殺されるのも知らず(笑)
実は、悪い奴だったりしてと裏読みしてしまいました。
小雪さんは、この役云々より、私の好きな松山君の赤ちゃん
できたんだ~って思ってずっと観てました(笑)

脇も実力派で固めています



久々に観た竹下景子さん、綺麗なんですけど、やっぱり年取ちゃったなあ・・・
田口トモロヲさんの役は、新聞記者なんですが、妻子がいるのに
「両刀使い」って笑えます(^^;そう言う役が、また似合うんだなあ(笑)
石橋蓮司さんは、観たまんま、大阪から進出してきたやくざの会長です
高島政伸さんは、殺し屋なんですが、いい人、
好青年のイメージが強いので、「デスノート」のスピンオフ『L change the WorLd』
の時もそうだったんですが、悪役やると、私は、なんか笑っちゃうんですよね。
髪型どこかで観たような?そうだ!ノーカントリーのシガーだ~~(笑)
役柄もシガーと同じくらいに無気味でしたσ(^◇^;)
↑に、写真はないのですが、特別出演?友情出演?の
吉高 由里子
さんに私は、ある意味騙されました(笑)

バー、レトロな黒電話、探偵の三種の神器、缶ピー(缶煙草のピース)、
胃薬(太田胃酸に見えた私・笑)、シングルモルトとか昭和のテイストが
ぷんぷんでした。昭和の香りと言えば、主題歌「時計を止めて」を
歌っているのも、昔(笑)「時には、母のない子のように」を
大ヒットさせたカルメン・マキさんでした。
冒頭に登場した彼女、年を取りましたね~もう60歳なんだ
<彼女を知ってる人って、どれくらいいるのかしらσ(^◇^;)>

前半、探偵「俺」と相棒「高田」のやりとりに笑って、後半、
東映らしいバイオレンスに、ドキドキ、ハラハラ、ラストは
哀しく切なく・・・・とエンタメ王道のこの作品、私は、楽しめました。
大泉さんと松田さんのコンビを、また観たいので、続編できるといいなあ。。。
<シリーズ化の噂もあるようですが・・・>

エンドロールの札幌の空撮、夜景が美しかったです!
あ~~、また、札幌に行きたくなってしまった(笑)
<ススキノには、行ったことないんですが・笑>

大泉洋×松田龍平が魅せる、予測不可能な新コンビ!
大ヒット作の精鋭スタッフが描く、王道&極上の
エンターテイメント!
主役はこの俺、‘探偵’だ!




【ストーリー】

札幌のススキノでグータラな男・高田を相棒に探偵稼業を営む“俺”。
携帯電話を持たない彼との連絡手段は、もっぱら彼が入り浸る
BAR“ケラーオオハタ”の黒電話。ある夜、その黒電話に
“コンドウキョウコ”と名乗る女からの奇妙な依頼が舞い込む。

いぶかしく思いながらも、簡単な依頼と引き受けてしまった探偵。
案の定、その筋の男に拉致されて危うく死にかける。
腹の虫が収まらない探偵は、キョウコの依頼とは関係なく、
報復へと動き出す。調べを進めていく探偵は、その過程で謎の美女・沙織を
巡る不可解な人間関係と陰謀の匂い渦巻く複数の事件に行き当たるのだが…。

人気ブログランキングへクリックよろしくです
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★グリーン・ランタン(2011)★ | トップ | ★東京宝塚劇場 花組公演 『フ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-09-13 00:53:09
話はね~、流石に依頼者は声聞いた瞬間に解っちゃったし。^^;
ただ大泉さんのキャラクターが実にいいですよね。なんちゃってハードボイルドだし(笑)電話口でノリツッコミっておい!ってww
松田くんのキャラは弱冠『まほろ駅前多田便利軒』と被ってたけど、あれでいて空手の師範代でメチャ強いってのも気に入りました。
シリーズ化の噂もあるみたいですが、原作もシリーズになってるんですかね?
KLYさ~ん (^O^)) (ひろちゃん)
2011-09-14 11:06:41
コメントありがとうございます

お話はね~キャストから、電話の声から
わかっちゃいますよねσ(^◇^;)

ですが、大泉さん、松田さんのキャラの魅力で
最後まで、飽きずに楽しく観れました

大泉さんの間のとり方とか、ノリツッコミとか
面白かったです。
まほろ駅~観てないんですよ~。
機会があったら、観てみます

>シリーズ化の噂もあるみたいですが、原作もシリーズになってるんですかね?

原作は、12巻あるみたいですよ。
これは、2巻目です(^_-)-☆
大泉さん~ (kira)
2011-09-14 18:24:50
へなちょこそうで、でも意地は通すみたいな「オレ」が
いかにもススキノに居そうな大泉探偵でしたね~
どんなときにも落ち着きすぎの高田クンも、松田兄にあってて、
やっぱり足が長くてアクションは映えました!

アフタースクールより、こっちが好みかも♪
ハハハ(^^; (たいむ)
2011-09-14 19:20:13
ひろちゃん、こんにちは。
私は逆で松田兄弟が好きです(笑)
だから松田くんのめっちゃ強くてトボケテいる高田に好感度です。

小雪さんはバレバレだったけど、なかなかハマっていた役と思います。これまでで一番よかったんじゃないかな?ってくらいにw
kiraさ~ん (^O^) (ひろちゃん)
2011-09-14 23:34:58
コメントありがとう

あはは~~。ホント、大泉さんのオレって
ヘナチョコそう~。でも、意外に強かった
ですよね。
うんうん、いつもギリギリに間に合う?
いや、間に合っていないか(笑)落ち着きすぎの松田兄(笑)も良かった!
この二人がとても魅力的でしたよね

>アフタースクールより、こっちが好みかも♪

私は、アフタースクールのほうが作品としたら
好みかも~
たいむさ~ん (^^)v (ひろちゃん)
2011-09-14 23:39:47
コメントありがとうござます

>私は逆で松田兄弟が好きです(笑)

あははσ(^◇^;)好み違ちゃいましたね(^^;
演技は、上手いと思いますが、何となく好みではない松田兄弟なんですが、演技は、お兄ちゃんの方が何となく好きです

小雪さん綺麗ですし、良かったんですが
どうしても、松ケンが浮かんでしまって(笑)
あっ!!!!! (yukarin)
2011-09-15 12:49:22
ひろちゃん!!私も3.8にしましたよ~ビックリビックリ同じ!!!
電話の声、バレバレでしたよねぇ^^;
私も大泉・松田コンビが面白かったので楽しめました。
ちなみに私は松田弟のほうが好きです(笑)
yukarinちゃ~ん  (ひろちゃん)
2011-09-16 11:33:17
コメントありがとう

ほんとだね~。評価同じだ~
気が合ったのは、久しぶりかも(笑)

黒幕?とか、バレバレでしたが、大泉・松田コンビが面白くて、楽しめましたよね

>ちなみに私は松田弟のほうが好きです(笑)

おやっ!久々に好みあわなかった(笑)
ただ、私の場合、あくまでも俳優としてです。
外見とかは好みじゃないです
名コンビ (ノルウェーまだ~む)
2011-09-29 21:09:05
ひろちゃん☆こんばんわ~
二人は本当に名コンビだよね!
大泉さんは面白い上に演技も上手だし、松田さんのかもし出す雰囲気も大好き!
いい役者さんだよね。
シリーズ化してほしいな~
こんばんはー^^ (みすず)
2011-09-29 22:01:51
面白かったねー^^
二人が名コンビで楽しかったし、かっこ良かった♪

吉高 由里子さんにはわたしも惑わされたよー^^;
うまい配役だったよね!
ノルウェーまだ~むさ~ん (^^) (ひろちゃん)
2011-09-30 14:34:36
コメントありがとうございます

ねっ?ねっ?大泉さんと松田さん、名コンビでしたよね
この作品、とっても面白かったです!
私もシリーズ化して欲しいと
思います
みすずさ~ん  (ひろちゃん)
2011-09-30 14:38:13
コメントありがとう

大泉、松田コンビは、名コンビ!
二人のやりとり面白かったですよね

吉高さん、まさか、あれだけの出演だなんて
思いませんでしたよねえ・・・ちょっと惑わされました(苦笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
探偵はBARにいる (LOVE Cinemas 調布)
札幌在住の作家・東直己の「バーにかかってきた電話」をベースに映画化。札幌を舞台に2人の探偵がとある依頼から危険に巻き込まれていく様子を描いたクライムミステリーだ。主演は『アフタースクール』の大泉洋と『まほろ駅前多田便利軒』の松田龍平。共演は小雪、西田敏...
探偵はBARにいる (to Heart)
何かあったら 電話してくれ。 製作年度 2011年 上映時間 125分 原作 東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊) 脚本 古沢良太/須藤泰司 監督 橋本一 出演 大泉洋/松田龍平/小雪/田口トモロヲ/波岡一喜/有薗芳記/松重豊/高嶋政伸/榊英雄/片桐竜次/本宮泰風/....
探偵はBERにいる 【映画】 (as soon as)
「ギムレットにはまだ早い」 レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』の中で使われるセリフ 最初に大泉洋扮する探偵が、Barでこのギムレットを注文する おお~… ハードボイルドを意識している...
「探偵はBARにいる」:いいね!ぜひ続編を! (大江戸時夫の東京温度)
映画『探偵はBARにいる』は、かなりの拾いもの。非常によく出来た和製ハードボイル
『探偵はBARにいる』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下景子、石橋蓮司、松重 豊、       高嶋政伸、阿知波悟美、...
「探偵はBARにいる」みた。 (たいむのひとりごと)
舞台が北海道とあって、主演の探偵役に大泉洋が起用された理由は分からなくはないけれど、これまでの大泉キャラとハードボイルドはどうにもギャップがあり過ぎて、私にはどうもなじまなかったかな?と。松田龍平演じ
探偵はBARにいる  監督/橋本 一  (西京極 紫の館)
【出演】  大泉 洋  松田龍平  小雪 【ストーリー】 舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が。職業柄、危険の...
探偵はBARにいる (Akira's VOICE)
地味だぁ・・・  
大泉洋が素敵。【映画】探偵はBARにいる (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】探偵はBARにいる 東直己の小説「バーにかかってきた電話」原作。 「相棒」シリーズの橋本一が監督。 【あらすじ】 行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)は、コンドウキョウコという女からの依頼の電話を受けて...
映画『探偵はBARにいる』  (よくばりアンテナ)
まぁ、とにかく、 昭和テイストなんですね(^_^;) 探偵の物語でハードボイルドだとこうなるんです!って言わんばかりの ベタな展開で(^_^;) 懐かしい「探偵物語」とか「太陽にほえろ」とか30年前...
探偵はBARにいる(2011-069) (単館系)
映画の『探偵はバーにいる』の原作はシリーズ一作目の 「探偵はバーにいる」じゃなくて、二作目の「バーにかかってきた電話」 が原作。 そして映画のタイトルは「探偵はBARにいる」 例によって原作は読ん...
「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り (はらやんの映画徒然草)
なんか懐かしい昭和の香りがしますね。 場末のバー、気の置けない相棒、依頼の電話、
「探偵はBARにいる」(日本 2011年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
女性からの電話での依頼。 去年の2月5日、カトウは何処にいたか。
探偵はBARにいる (だらだら無気力ブログ!)
二人のキャラクターが面白かった。
探偵はBARにいる (みすずりんりん放送局)
 『探偵はBARにいる』を観た。  【あらすじ】  舞台は札幌・ススキノ。  この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を...
探偵はBARにいる (映画的・絵画的・音楽的)
 『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して映画館に出かけました。  物語は、オフィスが持てないために、札幌ススキノにあるバ...
探偵はBARにいる (C'est joli~ここちいい毎日を~)
探偵はBARにいる’11:日本◆監督:橋本一「茶々 天涯の貴妃」◆出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー◆STORY◆“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高 ...
探偵はBARにいる (銀幕大帝α)
11年/日本/125分/犯罪ミステリー・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:橋本一 原作:東直己『バーにかかってきた電話』 出演: ◆大泉洋…探偵<俺> 過去出演作:『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 ◆松田龍平…高田 ...
映画「探偵はBARにいる」感想(DVD観賞) (タナウツネット雑記ブログ)
映画「探偵はBARにいる」をレンタルDVDで観賞しました。2011年9月に劇場公開された日本映画で、北海道を舞台に繰り広げられるハードボイルド・ミステリー作品です。今作...