Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

★華麗なるギャツビー(2012)★

2013-06-17 02:00:46 | 映画(か)行
その名はギャツビー
男の憧れ、女の理想
その人生は――【嘘(ミステリー)】


上映時間 142分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2013/06/14
ジャンル ドラマ/文芸
映倫 G

【解説】

「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が
「ロミオ&ジュリエット」でタッグを組んだ
レオナルド・ディカプリオを再び主演に迎え、
F・スコット・フィッツジェラルドによる
アメリカ文学を代表する名作を、豪華絢爛な3D映像で
映画化したエンタテインメント大作。
好景気に沸く狂騒の1920年代を舞台に、
アメリカン・ドリームを体現するひとりの男が、
ある目的のために全てを捧げる華麗にして
空虚な人生の顛末を、ミステリアスかつゴージャスに描き出す。
共演は「スパイダーマン」シリーズのトビー・マグワイア、
「17歳の肖像」のキャリー・マリガン。

人気ブログランキングへワールドカップ出場万歳

【ストーリー】

証券会社に就職し、ニューヨーク郊外に移り住んだ青年
ニック・キャラウェイ、隣は宮殿のような豪邸で、
夜な夜な豪華なパーティが開かれていた。
しかし、そんな騒乱の屋敷に住んでいるのは
ジェイ・ギャツビーという謎めいた男ひとりだけ。
ある日、ニックのもとにもパーティの招待状が届く。
招待客はギャツビーについて様々な噂をたてるが、
誰も彼の素性はおろか、パーティを開く理由さえ知らなかった。
そんな中、ついにギャツビー本人と対面したニック。
やがて、ギャツビー自らが語る本当の生い立ちを
聞かされるのだったが…

6月14日(金)公開

公式サイト

【感想】 (TOHOシネマズ六本木ヒルズ・3D鑑賞・6・14・金)
3.8
キャストがいいので、4でもいいんだけど、ラブストーリーは苦手なので

2週間ぶりに映画館で観た作品は、この作品でした
ロバートレッドフォードが好きだったのに、
なぜこの作品観てなかったのかな?と考えたのですが、
内容が、私が苦手な、究極?のラブ・ストーリーだったから
だったのかも
<一途なラブストーリーでもあり、W不倫物語?でもあり

3Dで観る必要はないと思いましたが、3D上映が多いので、
仕方なく(苦笑)3Dでの鑑賞。
TOHOデーということですし、どうせ3Dで観るのなら
ヒルズの7スクリーン(700名弱)の大きなスクリーンで
鑑賞しようとヒルズまで出かけました
(3Dメガネ持参で100円引きですしね

まず3Dに関してですが、奥行きを感じる3Dなのでしょうが、私は必要ないように感じました
2Dでも十分豪華絢爛な映像に見えたと思います。

主演はギャツビー役のディカプリオなんでしょうが、
主役は、というか主人公はニック役のトビーですね。
最初から登場し、彼の回想で始まり、狂言回しの
彼から見た「ギャツビー」の実像が私たちにも
徐々に見えてくるという構成でした。
レオが登場するまで(ちらちらは出てますが・笑)
30分くらいかかったんじゃないかな?


<ギャツビー役のレオナルド・ディカプリオと
彼の唯一の友人と言えるニック役のトビー・マグワイア>

特にレオのファンというわけではないですが、喜怒哀楽を全て見せた
レオの演技は(レオの表情)は、素晴らしかったですね。
一方、繊細で純粋なニックを演じたトビーの演技も上手かった!
プライベートでは親友だという二人なので、息が合っていたのかな


<映像も豪華絢爛でしたが、流れる音楽も良かった>
「ムーラン・ルージュ」(皆様にお勧めされながら、
いまだに観ていなくてすみません)の監督だけあって、
パーティシーンは、ゴージャスで、煌びやかで!
ガーシュインのラプソデーインブルーが流れるとこなんて、
気分が一気に盛り上がりました!


<デイジーはギャツビーの夢そのものだったんでしょうね・・・>

煌びやかなパーティーシーンとは、対照的なギャツビーのデージーへの
哀しく切ない一途な思いがやりきれなかったなあ・・・
衝撃の結末と
ラストで”皆クズばかりだ、君だけが価値がある”とギャツビーに言った
ニックの言葉にウルッとしてしまいました

デイジーから電話がきたと思ったままで
亡くなったギャツビーが、
せめてもの救いかな


<ギャツビーが一筋に愛したデイジー役は、キャリー・マリガン
彼女の夫のトム役は、ジョエル・エドガートン>


夜な夜な豪勢なパーティーを開いていたギャッビーの栄華が
儚い夢物語だったというように、一夜にして崩れていったのと
好景気に沸いていたこの時代のアメリカの姿と行く末に重なりました

夢のようなお城に住み、何百人も集まる豪華絢爛なパーティーを毎夜開くギャツビーは、
そこに集まる人々にとっては“華麗なるギャツビー”だったのでしょうが、
実際の彼の全てを知り、唯一最後まで彼の傍に寄り添っていた唯一の友人
ニックにとってのギャツビーは『THE GREAT GATSBY』だったんでしょうね

切なさとやりきれなさが余韻として残りました


<この時代のクラッシックカーや衣装も見所です>



その他 <ネタばれあります

ひき逃げの犯人をギャツビーにしたデイジー
自分の不倫相手の夫に、妻の不倫相手はギャッツビーだと
嘘を吹き込んだトム
この夫婦のために殺されたギャツビー
彼は何も悪くなかったのに・・・
自分達さえ良ければそれでいいという金持ちの考えは
頭にくる!
ブキャナン夫婦には、絶対に天罰が下ることでしょう


<デイジーの夫であるトムの愛人役は、アイラ・フィッシャー>
妻は良家の娘で、清純なイメージ、愛人は娼婦のようなイメージ・・・
男って、これだからねえ

お金がなくなったら、みんな離れて行っちゃうて言うのは
いつの時代も変わらないこといたいですね。。。

そういえば、先週「いいとも」にバズラーマン監督が出てました。
外見も素敵でしたし、気取らないお茶目な方でした



人気ブログランキングへ
ポチっとよろしくお願いします

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★6月公開の気になる映画★ | トップ | ★エンド・オブ・ホワイトハウス(... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2013-06-17 05:49:37
私も3Dで鑑賞しましたが、
2Dでも充分だと思いました。
一番奥行が感じられたのはエンドロールでしたから(苦笑)

本編は、ギャツビーの一途な愛が描かれていましたけど、
あれはちょっと相手からしてみれば“重い”ですよね…。
ニックが求め過ぎと言ったのも納得です。

しかしながら、トムとデイジー夫婦が鬼畜過ぎて…
全てギャツビーのせいにしたのは人間としてどうなの?と。
たしかに天罰が下ることでしょうね。

そうそう、ディカプリオの演技はかなり良かったです♪
初日に観に行きました (☆オレンジピール☆)
2013-06-17 19:49:36
ラーマン監督、来日していたのは知っていましたが
どんな感じなんだろう?TV見逃しちゃった。

「ムーランルージュ」「ロミオ+ジュリエット」が大好きなので
期待もあり、がちゃがちゃしすぎてしまうかな・・との不安もありでしたが、
楽しめました。

久々の恋愛物の、ディカプリオ!オーラありましたね。
自分は語り部のニック(トビー)の素朴さが良くて、印象に残りました。
デイジーとの恋よりも、キャッツビーとニックの関係をもっと時間差いて欲しかったな。
BROOKさ~ん(^^)v (ひろちゃん)
2013-06-18 12:57:08
コメントありがとうございます

そうですよね。私もエンドロールが1番3Dっぽさを感じました(笑)

>ニックが求め過ぎと言ったのも納得です。

ギャッツビーの一途な愛は、1歩間違えば(いえ、間違えなくても?笑)ストーカーですもんね

>しかしながら、トムとデイジー夫婦が鬼畜過ぎて…

鬼畜にも劣る二人ですよね。
全ての罪をギャッツビーに押し付けたあの二人に
幸せは絶対に訪れないと思います
切ないお話でした
☆オレンジピール☆さ~ん(^^)♪ (ひろちゃん)
2013-06-18 13:04:19
コメントありがと

私は監督の来日は知らなかったのですが、たまたま観ていた、いいとものコーナーに出て来て、驚きました
とても気さくで素敵な方でしたよ

>「ムーランルージュ」「ロミオ+ジュリエット」が大好きなので

2作品とも未見で
特に、ムーラン~は、あんなにお薦めされているのに
未見ですみません

>久々の恋愛物の、ディカプリオ!オーラありましたね。

こういう役、似合いますよね。
そそ、トビーも良かったですよね。

>デイジーとの恋よりも、キャッツビーとニックの関係をもっと時間差いて欲しかったな。

この二人の関係は、損得なしの関係で、素敵でしたね。ギャッツビーにとって、初めての真の
友達、親友だったんでしょうね。
私も二人の関係もっと観たかったです
Unknown (ギャツビー)
2013-06-19 21:47:30
小さい「ッ」はいらないでしょ(笑)(笑)
Unknownさん(^^) (ひろちゃん)
2013-06-19 23:08:56
ご指摘ありがとうございました
夜中のアップで、ボケていたようです
タイトルは、ちゃんと書いていたのに、途中から
小さいヤとツを混乱したようです
感想記事は訂正いたしました。


デイジーを最後まで (ノルウェーまだ~む)
2013-06-19 23:15:41
ひろちゃん☆
ライヴも忙しかったのに、ちゃんとUPされててすごいですね~
ギャツビー切なかったですね。
本来ならデイジーを演じたキャリー・マラガンをもっと憎たらしく描いて、初めてギャツビーの本当の哀れさが光るでしょうに、最後まで可愛らしいデイジーを悪い女に仕立てなかったのがちょっと物足りなく感じちゃったな。
3Dは私も必要なかったと思いました。
お早うございます。 (寝湖世)
2013-06-20 06:17:51
「ギャツビー」は、原作のファンなので、
今や、ビジュアル的にどうか?
と思われるデカプリオが演じることに
怒りさえ覚える…私。

「二流小説家」、観ましたが、選択ミス…でした(T_T)。

こんばんは! (はらやん)
2013-06-20 20:37:41
ひろちゃんさん、こんばんは!

記事がほとんど同じ終わり方でしたね~(笑)。
キャラウェイにとってギャツビーは「偉大なる」存在であったのだなと僕も思いました。
傍観者でしかいられなかったキャラウェイにとってはまさに憧れの存在、ありたい自分であったのでしょうね。
ノルウェーまだ~むさ~ん(^^)♪ (ひろちゃん)
2013-06-20 20:42:51
コメントありがとうございました

>ライヴも忙しかったのに、ちゃんとUPされててすごいですね~

私はライヴ、東京は1回だけでしたから,そんなに忙しくはないですよん
誰かさん(笑)たちは、忙しかったと思いますが

デイジーをもっと憎たらしく描いて欲しかったという
まだ~むの気持ちもわかりますが、
私は、反対に、あんなに清純そうなデイジーが
酷い女だってわかったあの交通事故の件で
ギャッツビーの哀れさをものすごく感じました

奥行きを感じる3Dでしょうが、2Dで充分でしたよね
寝湖世さ~ん(^^)v (ひろちゃん)
2013-06-20 20:48:34
コメントありがとうございます

>「ギャツビー」は、原作のファンなので、
今や、ビジュアル的にどうか?

寝湖世さんは、原作既読で思いいれがあるようなので
ディカプリオは、アウトなんですね
レッドフォードならOKなのかな?

>「二流小説家」、観ましたが、選択ミス…でした(T_T)。

寝湖世さんがご覧になると書かれていたので、実は
私も土曜日に観ようかなあと思っていたのですが
苦手な邦画なので、ヤフーの評価確認しに行ったら
レヴューが酷かったので、鑑賞はやめました。
やめて、正解だったようですね
はらやんさ~ん(^^) (ひろちゃん)
2013-06-20 20:54:11
コメントありがとうございます

>記事がほとんど同じ終わり方でしたね~(笑)。

文章がお上手なはらやんさんと同じ終わり方で
光栄です(笑)

>傍観者でしかいられなかったキャラウェイにとってはまさに憧れの存在、ありたい自分であったのでしょうね。

そうですね。そうしたい、そうありたいと思ってもできなかったニックにとって、ギャツビーは、GREATな人だったんですよね
こんばんは (dai)
2013-06-22 00:31:27
ひろちゃんさんの評価はまあまあって感じですかね?

それにしてもひろちゃんさんの記事を読んで3Dにしなくてよかったと思いました~。初日の深夜なのに2Dはかなり混んでいたので、すいている3Dにしようかと思ったのですが、よかったです。

レッドフォードもいいですが、個人的には古さを感じないディカプリオらしいこちらほうが好みです。

daiさ~ん(^^)♪ (ひろちゃん)
2013-06-22 20:59:29
コメントありがとうございます

映画自体は、嫌いじゃない作品でしたので、まずまず
楽しめたという感じです

>それにしてもひろちゃんさんの記事を読んで3Dにしなくてよかったと思いました~。

私の3D評価はあまりあてにならないかもですが
daiさんは、初日の深夜の鑑賞でしたか!
もしかしたら、ヒルズかな?
2Dで充分だったと思います。

>レッドフォードもいいですが、個人的には古さを感じないディカプリオらしいこちらほうが好みです。

そうですかあ・・・daiさんは、こちらがお好みなんですね。レッドフォードのは未見ですので、機会がありましたら、観て比較したいと思います
こんばんは (yukarin)
2013-06-30 22:30:37
私も3Dしか選択肢がなくて仕方なく観てきました。
レオの熱演はとても良かったんですが、ちょっとキャラの個性が強い感じがしました。ちょっと前に観たレッドフォードのほうがソフトで好きかもしれません。

それにしてもギャッビーが切なくてかわいそうで...
結末を知ってて観たので初めからそんな気持ちで観てました。
ほんとブキャナン夫婦には天罰が下るといいですね。
yukarinちゃ~ん(^^)♪ (ひろちゃん)
2013-07-01 20:07:29
コメントありがとう

この作品の公開って、ほとんど3Dですもんね~
yukarinちゃんも仕方なしに、3D鑑賞だったんですね

>ちょっと前に観たレッドフォードのほうがソフトで好きかもしれません。

さすが、yukarinちゃん。レッドフォードのを鑑賞されていったんですね。yuarinちゃんは、そちらのほうが好みでしたか!私も機会があったら鑑賞します

>ほんとブキャナン夫婦には天罰が下ると
いいですね。

絶対に当たるよね
(って映画の世界のお話に熱くなってしまいました・笑)
1974年版 2013年版 (rose_chocolat)
2013-07-03 07:20:22
旧い方も観てみました。
構成がほぼ同じなんですね。というかそういう映像にしかならないって言った方が正しいのかも。
なので、まったりとした1974年版をダンサブルにアレンジした2013年版は、これはこれでアリですね。
ただ、2013年版はどうにも『NINE』みたく見えて仕方なかったです(苦笑)
rose_chocolatさ~nn(^^) (ひろちゃん)
2013-07-03 20:36:26
こちらにもコメありがとう
(あっ!こっちのほうが先でした)

>というかそういう映像にしかならないって言った方が正しいのかも。

そうなんだ。その説明すっごくよくわかります。
そういう原作なんですね。
私は、読まないな(笑)

>ただ、2013年版はどうにも『NINE』みたく見えて仕方なかったです(苦笑)

あはは~。確かに!派手なパーティーシーンなんて
そんな感じでしたもんね
こんばんは (ituka)
2013-07-03 22:25:35
デイジー役は今ならミーガン・フォックスが適役だと思うんですが
彼女のわがままぶりは
まさかディカプリオらにも干されてるんでしょうかね^^;

これ華やかだけど、どこか舞台劇見てるようでした(笑)
itukaさ~ん(^^) (ひろちゃん)
2013-07-03 22:33:30
コメントありがとうございます

>デイジー役は今ならミーガン・フォックスが適役だと思うんですが

えっ!そうですか
彼女に品は感じられないので(ファンのかたすみません!)セレブ役は似合わないような気がします

>これ華やかだけど、どこか舞台劇見てるようでした(笑)

あっ!確かに~
そうっか~、映画観てるんだけど~と何となく感じた違和感、そそ、舞台劇のようだったからだ~
itukaさんのおかげで、スッキリしました
こんばんはー^^ (みすず)
2013-07-05 23:47:29
華やかだけど哀しい物語でしたねー><。
綺麗なレオを堪能できたし、トビーもとっても良かった^^
ただ、レオが出てくるまでちょっと退屈しちゃったわ^^;
みすずさ~ん(^^)♪ (ひろちゃん)
2013-07-06 17:22:59
コメントありがとう

映像の華やかさとはまるで逆の悲しく切ない
物語でしたよね

>綺麗なレオを堪能できたし、トビーもとっても良かった^^
ただ、レオが出てくるまでちょっと退屈しちゃったわ^^;

二人をはじめ、キャストも良かったです
そそ、レオが主役と思っていたので、中々出てこなくて
ちょっと退屈でした(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「華麗なるギャツビー」 (日々“是”精進! ver.F)
THE GREAT… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306140003/ ミュージック・フロム・バズ・ラーマンズ・華麗なるギャツビーTVサントラ サントラ ゴティエ コ...
「華麗なるギャツビー(2013)」 女は今を生き、男は過去に生きる (はらやんの映画徒然草)
1974年版は未見ですので、ストーリーは全く知らずに観ました。 舞台となるのは1
映画『華麗なるギャツビー』観たよ(^з^)-☆! (よくばりアンテナ)
フィッツジェラルドの原作は未読。 1974年のロバートレッドフォード版も未見。 正直言って、予告編を見てて特別期待もしてなかったし、 見るつもりもなかったんだけど、 ちょこちょこっと原作について...
華麗なるギャツビー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
数々の名作を世に送り出した作家F・スコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」を実写化したドラマ。快楽的な生活を送る謎の富豪ギャツビーの意外な正体を、ある女性との恋を絡めながら映す。レオナルド・ディカプリオが、人並み外れた容姿と富を兼ね備えた...
華麗なるギャツビー (本と映画、ときどき日常)
監督 バズ・ラーマン 出演 レオナルド・ディカプリオ     トビー・マグワイア     キャリー・マリガン 1920年代、好景気に沸くニューヨーク。 大富豪ギャツビーの謎の生い立ちと人妻への純粋な愛を描いたお話。 華やかでした♪ そして今にもみんな歌...
華麗なるギャツビー (風に吹かれて)
[E:shine] 豪華絢爛 [E:shine]緑の灯火をつかもうとした男公式サイト http://www.gatsbymovie.jp原作: 華麗なるギャツビー (F・スコット・フィッツジェラルド著
「華麗なるギャツビー」☆華麗なるストーカー (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
こうでなくちゃ、ディカプリオ! 肩肘を張らず、彼の良さが最大限に生かされた作品に、ようやく巡り合えたのでは? 謎めいたイケメン大富豪が、実にしっくりくるゴージャスな作品は、豪華であればあるほど物哀しく・・・・
華麗なるギャツビー (Akira's VOICE)
見た目の派手さと裏腹に中身の印象は薄い。  
華麗なつギャツビー (Memoirs_of_dai)
ギャツビーに魅せられたニック 【Story】 ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、贅を凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・...
『華麗なるギャツビー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「華麗なるギャツビー」 □監督 バズ・ラーマン□脚本 バズ・ラーマン、クレイグ・ピアース□原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、        ジ...
華麗なるギャツビー (映画的・絵画的・音楽的)
 『華麗なるギャツビー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)スコット・フィッツジェラルド(注1)が書いた小説『華麗なるギャツビー』を3Dで映画化した作品であり、それにディカプリオが出演していると聞いて、映画館に行ってきました。  本作は、向こう岸のイースト...
映画:華麗なるギャツビー The Great Gatsby 有名なレッドフォード版未見の当ブログ、感想は意外な方向へ (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
有名な、ロバート・レッドフォード版は当ブログは未見。 このため、全く真っさらな気持ちで、この映画に向かいあった(笑) その感想は... さすが F・スコット・フィッツジェラルドが原作の小説。 主人公ギャツビーの光と影を、少しずつだが、くっきりと描き出してい....
『華麗なるギャツビー』 2D字幕 (pure breath★マリーの映画館)
              その美しさも、莫大な財産も、すべてが完璧な男・・・ジェイ・ギャツビー                 だが、彼には<秘密>があった 『華麗なるギャツビー』2D字幕 監督・・・バズ・ラーマン 原作・・・F・スコット・フィッツジ....
華麗なるギャツビー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Great Gatsby監督:バズ・ラーマン出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、アイラ・フィッシャー、ジェイソン・クラーク・・・
華麗なるギャツビー(2012) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE GREAT GATSBY】 2013/06/14公開 アメリカ 142分監督:バズ・ラーマン出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、アイラ・フィッシャー、ジェイソン・クラーク、アミターブ・バッチャン、エリザベス・デビッ...
華麗なるギャツビー (とりあえず、コメントです)
F・スコット・フィッツジェラルド著の「グレート・ギャツビー」を映画化したドラマです。 人生の破滅の物語だよなあと思いつつも、予告編の華やかな映像に惹かれて気になっていました。 近付きながらも夢に敗れた主人公の生き様に、痛みを覚えるような物語が繰り広げられ...
『華麗なるギャツビー』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: THE GREAT GATSBY 監督: バズ・ラーマン 出演: レオナルド・ディカプリオ 、トビー・マグワイア 、キャリー・マリガン 、ジョエル・エドガートン 、アイラ・フィッシャー 、ジェイソン・クラーク 、エリザベス・デビッキ 、アミターブ・バッチャン 映...
華麗なるギャツビー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(13) デイジー役にキャリー・マリガンって正解なの?
華麗なるギャツビー  監督/バズ・ラーマン (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  トビー・マグワイア  キャリー・マリガン 【ストーリー】 ニックが暮らす家の隣に建つ、ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビーと言葉を交わす仲にな...
華麗なるギャツビー (みすずりんりん放送局)
 『華麗なるギャツビー』を観た。  【あらすじ】  ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)と言葉を交わ....
華麗なるギャッツビー (青いblog)
最初にネタバレなしで、次にネタバレありの感想を書きます。 2Dで鑑賞。 ネタバレ無しの感想。 事前に情報を全く入れずに見に行ったため、トビーが出てきたときのサプライズったら…。 このキャスティ...
映画「華麗なるギャツビー」 (FREE TIME)
映画「華麗なるギャツビー」を鑑賞しました。
失われた時代~『華麗なるギャツビー』 (真紅のthinkingdays)
 THE GREAT GATSBY  1920年代、好景気に沸くアメリカ。ウォール街に勤務するニック・キャラウェ イ(トビー・マグワイア)は、NY郊外の一軒家に引っ越す。対岸には、従妹にし て大富豪...
失われた時代~『華麗なるギャツビー』 (真紅のthinkingdays)
 THE GREAT GATSBY  1920年代、好景気に沸くアメリカ。ウォール街に勤務するニック・キャラウェ イ(トビー・マグワイア)は、NY郊外の一軒家に引っ越す。対岸には、従妹にし て大富豪...
映画『華麗なるギャツビー』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-50.華麗なるギャツビー 3D■原題:The Great Gatsby■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:143分■料金:1,000円■観賞日:6月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・脚本・製作:バズ・ラーマン□脚本:クレイグ・ピアース◆レオナルド・デ...
華麗なるギャツビー (いやいやえん)
ギャツビーにはかつて心から愛した女性デイジーがいたが、彼が従軍して戻って来た時には、彼女は大富豪のトムと結婚してしまっていた。 成り上がったギャツビーは全てを賭けて大邸宅を構え、毎晩のように豪華なパーティーを開く。その噂は社交界のデイジーにも届かな...
「華麗なるギャツビー」 (或る日の出来事)
過去は戻らない…。
華麗なるギャツビー (映画に耽溺)
さて「華麗なるギャツビー」ざんす。 アメリカ文学の歴史に名を残すF・スコット・フィッツジェラルド の代表作のひとつ。 前回はロバートレッドフォードとミア・ファローのカップリングで映画化されたよね。 今回はレオナルド・ディカプリオとキャリー・マリガン の...