Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★ラム・ダイアリー(2011)★

2012-07-06 02:09:55 | 映画(ら)行
THE RUM DIARY

最低な毎日は“最高”だ。


映時間 120分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2012/06/30
ジャンル ドラマ/伝記/コメディ
映倫 R15+

【解説】

ジョニー・デップがプライベートでも親友だった伝説のジャーナリスト、
故ハンター・S・トンプソンの自伝的同名小説を自身の製作・主演で映画化。
無名時代の若きトンプソン自身をモデルに、プエルトリコで地元紙のフ
リー記者として働き始めたアメリカ人青年が、慣れない土地で
繰り広げる悪戦苦闘と狂騒の日々を綴る。共演はアンバー・ハード、
アーロン・エッカート。監督は「ジェニファー8」のブルース・ロビンソン。

人気ブログランキングへクリック感謝

【ストーリー】

1960年、南米プエルトリコ。ニューヨークの喧騒を逃れて
この地にやって来た新進ジャーナリストのポール・ケンプは、
地元の新聞社に職を得る。しかし、仕事をしない個性豊かな記者仲間と
ラム酒漬けの毎日。そんなある日、不正な土地取引で金儲けを企む
アメリカ人実業家サンダーソンに接近したケンプは、彼の婚約者の
シュノーと出会い、心奪われてしまう。おまけに、サンダーソンの
卑劣な策略にも巻き込まれていくケンプだったが…。

6月30日(土)公開

公式サイト 

【感想】(川崎チネチッタにて鑑賞・6・30・土)
> ジョニー主演ですので、3.3くらいで 

ハンター・S・トンプソン原作でジョニーが主演していたラスベガスをやっつけろ!もイマイチだった(って言うか意味不明・笑)私ですので
この作品は期待せずに、白塗りじゃない(笑)ジョニーを観に行くと
言う目的のために鑑賞してきました(笑)

初日で、午後1回目の上映なのに観客は半分くらい???
ジョニーが主演しても、この作品のウケは悪いんですねえ(^_^;)
その少ない観客ですが、私が鑑賞した時は、男性が意外と多かった・・・
ジョニーファン?それともハンターファン??

さて肝心の映画ですが、美しい素顔のジョニーを観に行ったのに、
トランクス姿で、そこらへんのオッサンのような後ろ姿、
その顔を鏡に映したら充血した真っ赤な目・・・
こんな感じ



ということで、やっぱりハンターの原作の時のジョニーって美しくないのね・・・
と冒頭こそショックを受けていましたが(笑)、その後は、美しいジョニーも観れたのでそれなりに満足(笑)


<この他、素敵な、おかしな、怯えた・・・いろいろなジョニーの表情が観れます

予想通りの面白さ?退屈さ?で、睡魔こそきませんでしたが、前半は、ちょっと退屈・・・
途中から、コメディタッチになり、笑えるシーンが多くなり、
意外と楽しめましたけど

その笑えたシーンがこれっ↓ 

<壊れかけのボロ車で、ボブとポールが重なってホッピングするシーン
ちょっと吹き出しそうになってしまった


上の【解説】に、「無名時代の若きトンプソン自身をモデルに、
プエルトリコで地元紙のフリー記者として働き始めたアメリカ人青年が、
慣れない土地で繰り広げる悪戦苦闘と狂騒の日々を綴る」とありますが、
まさにその通りで(笑)これはタイトル通りのダイアリー(日記)、
しかもラムがついてますから、ただただラム酒飲んで、ただただ日々を
綴ってるだけなんですよねえ。。。

一応、今まで破天荒だったハンターが、本当のジャーナリストに
目覚めるっていうストーリーには、なっていますが、
インパクトも感動も、もちろん涙腺が崩壊することもありませんでした(ーー;)


<今年、ジョニー49歳、アンバー26歳って、親子ほど年齢離れてる
ちなみに小説の中のポールって23歳なんですねジョニー頑張った?・笑>


ラストも、えっ!それで終わりって感じでアッサリ・・・
原作は読んでいないので、それが原作通りなのかよく
わからないのですが
言葉(文章)で2人は幸せになりました!めでたし、めでたしって言われてもねえ・・・

ただ、キャストは良かった!ジョニーは当たり前ですが、
リチャード・ジェンキンス、アーロン・エッカート
ジョバンニ・リビシ
と結構好きな俳優さんたちで、そのへんは満足



ポール・ケンプ(=ジョニー・デップ)
・・・ニューヨークの喧騒に疲れ果て、南米プエルトリコの
地元の新聞者に就職するが・・・
ジョニーファンにとっては、白塗りじゃないジョニーを、そして出ずっぱりの
ジョニーが観れるので、それだけで満足(笑)

シュノー(=アンバー・ハード)
・・・ポールが一目ぼれした、サンダーソンの美しい婚約者。
初めて観た女優さん。綺麗な人ですね。ジョニーと噂があったって知らなかった

サンダーソン(=アーロン・エッカート)
・・・アメリカ人企業家。ポールに自分たちの開発に好意的な記事を
書いてくれるように要請。
最近は、いい人が多かったアーロン、こういう嫌な奴、上手い!



ボブ(マイケル・サーラ)
・・・倦怠感が強いカメラマンで、お酒好きでポールとすぐに意気投合。
初めてみた俳優さんなのに、どこかで観た様な親近感を感じる俳優さんで
ジョニーとの相性もバッチリでした!

ロッターマン(=リチャード・ジェンキンス)
・・・地元新聞社の編集長。いつもはおとなしめの役が多いですが、今回は
結構過激な編集長役でした。‘かつら’可笑しかった(笑)

モバーグ(=ジョバンニ・リビシ)
・・・ドラッグとアルコールで落ちぶれてしまった地元のジャーナリスト。
パブリックエネミーズで共演して、ジョニーがまた一緒に仕事をしたかったと
ジョニーのたっての希望で実現。
すごく存在感があって上手いですよね~


<タイプを打つジョニーの横顔も素敵

ジョニーにとっては親友のハンターさん、「ラスベガス~」の時から、
私にはとうてい理解できない人です(苦笑)
この映画は、ジョニーが、親友だった伝説のジャーナリスト、
故ハンター・S・トンプソンに捧げる映画、作られたこと自体に
意義があるんでしょうね。

ジョニーファンなら、ジョニーは出ずっぱりなので、なんとか?それなりに?
観れますが、他の方には、2時間の鑑賞は苦しいかな(^_^;)
ジョニーが主演なので鑑賞しましたが、ジョニーじゃなかったら、
エンタメ好きの私は、まず観ない作品だと思います

でも、「ラスベガス~」よりは、一応ストーリーがあるので、観易かったです。
今回は、ジョニーもハゲてなくて(笑)髪がありましたしね



ハンターとの思い出は、僕の中に根強く残っているージョニー・デップ

人気ブログランキングへクリック感謝
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★東方神起ファンミーティング... | トップ | ★少年は残酷な弓を射る(2011)★ »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-07-06 02:09:58
う~ん、ラストがもう少しましならもうちょっと楽しめたんだけどなぁ。なんか「は?それで終わり?」だったし。
例によってジョニーはすこぶるカッコいいで、演技的にも私は申し分ないと思ってるのです。素顔のジョニーは2年ぶりぐらいだしねwもうちょっと脚色して欲しかったけど仕方ないか…。
KLYさ~ん \(~o~)/ (ひろちゃん)
2012-07-06 23:09:50
コメントありがとうございます

>なんか「は?それで終わり?」だったし。

私もです
えっ?・・・目が点(笑)

ジョニーはカッコ良かったとのコメントは嬉しいです
素顔は、ツーリスト以来かな?
ジョニーファンなのでそれなりに観れましたが

原作読んでいないのでこの作品が原作通りなのかはわかりませんが、もうちょっと面白く脚色して欲しかったですよね
ジョニーの運命を・・・ (ノルウェーまだ~む)
2012-07-06 23:48:31
ひろちゃん☆
この前はどうも~お茶する時間なくてごめんね!

ほほう!再び美しいジョニーを堪能する映画☆
ジョニーファンでもんー・・・
でも、この一目ぼれ相手役のアンバーの登場で決定的になったのか?と思うと、記憶に残る映画となるかもだから、観に行ったほうがいいのかなー?
Unknown (mig)
2012-07-06 23:50:50
ひろちゃんこんばんは。
ひろちゃんにもらったコメみるまえに今書いてます☆
ひろちゃんやっぱりジョニーだから点数あげちゃうんだ(笑)
そう、これはファンなら顔みてるだけで楽しめますよね。

まだーむったら、それでもあまり惹かれないみたい 笑

内容はいまいちでしたが、、、ちょっと途中からどうでもよくなっちゃった!

あ、今月の映画もやっと書いたのであとできますね。
時間が足りなさ過ぎ!
ノルウェーまだ~むさ~ん (^.^) (ひろちゃん)
2012-07-07 00:26:40
コメントありがとう

ぜっかく、まだ~むに逢えたのに、お茶できなくて残念でした

内容としたら、DVDで十分だと思います。
でも、家でDVDで観ていたら、睡魔に襲われちゃうかも?(苦笑)

>でも、この一目ぼれ相手役のアンバーの登場で決定的になったのか?と思うと、

噂は本当なのかな?彼女は美しいけど、ジョニーの好みとは思えないんだけどなあ
お客さん入らないようなので、映画館に行くなら、早いほうがいいかも
migさ~ん (^^)v (ひろちゃん)
2012-07-07 00:33:30
コメントありがとうございます

そうですね・・・ジョニー主演ですから、点数は上げちゃいますね
ジョニーファンなら、素顔のジョニー観れるだけで、ほぼ満足なんで(笑)

>まだーむったら、それでもあまり惹かれないみたい 笑

そうみたいですね(笑)ジョニーファンなのに~(笑)

7月公開の映画に、これからお邪魔しま~す
ジョニーファン (たいむ)
2012-07-07 17:31:14
ひろちゃん、こんにちは。
どうしようかと思ったのだけど、ひろちゃん初めジョニーファン多いですし、観ておいてもいいかなって思って見ましたよ(^^)
正直なところ、ファンじゃなくてもジョニーだから観られた、そんな感じ。
お世辞にも良いとは言えないけれど、嫌悪感はまったく起きなかったので、後悔は無いですね。
まぁ何事もなくさくっと記憶から消えていくって感じかなぁ~(笑)
こんばんは♪ (yukarin)
2012-07-08 00:48:38
あはは、やはり3.3!
ジョニーが出ててもちょっと寝ちゃったくらいですからねぇ^^;
いい所はいろんなジョニーの表情が見られたくらいですね。
「ラスベガス~」も一度途中で挫折してますもん。
まずジョニーが出てなかったら私も観てません!!
たいむさ~ん (^^♪ (ひろちゃん)
2012-07-08 01:36:22
コメントありがとうございます

ほんと、たいむさんがこの映画観てくれるって
意外でした(笑)
特にジョニーファンでもない(笑)たいむさんからしても、ジョニーだから、観れたって言う作品だったんですね

>お世辞にも良いとは言えないけれど、嫌悪感はまったく起きなかったので、後悔は無いですね。

あはは・・・確かにお世辞でも良いとは言えない
私も嫌悪感はなかったので、観て後悔はしていません・・・ってジョニーファンですから当たり前だ(笑)
確かに記憶から消えそうですね
yukarinちゃ~ん (^O^) (ひろちゃん)
2012-07-08 01:39:57
コメントありがとう

私は寝なかったよ(笑)←自慢かっ!

ラスベガスは、だれでも1度は挫折すると思います(笑)あの作品に比べたら、観易かったと思います

だよね~。ジョニーじゃなかったら、お互いに絶対に観ることのない作品ですよね
ジョニーだし (ノルウェーまだ~む)
2012-07-13 21:01:44
ひろちゃん☆
背中を押していただいて観て来たよー
みんなのおかげで期待値をさげさげで観たから、まあまあだったわ。
ありがとう♪(笑)

ジョニーだから観た映画でもあるけど、配役はジョニーじゃない若手が演じるべきだったなと思いました。
これがきっかけでアンバーと!?
ノルウェーまだ~むさ~ん (^O^) (ひろちゃん)
2012-07-14 16:47:40
再度コメントありがとう

ジョニーファンみんなに、言われて(笑)観に行かざるを得なかったみたいですね

内容としたら、DVDで十分ですが、大きなスクリーンで白塗りじゃないジョニーを観ないとネ

>これがきっかけでアンバーと!?

なのかな?でも、ヴァネッサと別れたのは、それだけが原因なのではなかったと思うなあ。。。
こんばんは (はらやん)
2012-07-22 20:51:54
ひろちゃんさん、こんばんは!

2時間、きつかったですねー。
僕は途中からアンバー・ハード観賞に軸を移してなんとか乗り切りました。
白塗りじゃない時の、ジョニー・デップの作品でグダグダな時が多い感じがしますねぇ。
はらやんさ~ん(^^) (ひろちゃん)
2012-07-23 00:53:13
コメントありがとうございます

確かに2時間は、ジョニーファンの私でも、キツカッタです

あはは
はらやんさんは、アンバーで何とか乗り切ったんですね(苦笑)

>白塗りじゃない時の、ジョニー・デップの作品でグダグダな時が多い感じがしますねぇ。

きゃっ!キツイお言葉(笑)そう言えばそんな気が・・・いやいや、白塗りでなくても、良い作品
ありますよ
これは観ないけど(ごめん!) (rose_chocolat)
2012-07-23 16:04:06
>ジョバンニ・リビシ
ここに反応してしまったのよ。
どっかで聞いたことある名前だなーと思って検索かけたら、
『ロスト・イン・トランスレーション』で、スカちゃんの旦那さん役だった人じゃない!
細々と役者してたんだなーってしみじみ思いましたとさ。 失礼しました~
おはよ~^^ (みすず)
2012-07-24 09:44:15
ジョニーファンだけど、最初寝ちゃった^^;
後半は笑いもあって面白くなってきたけど、あっさりサクサクと話は進んじゃったね。
ラストもあっさり^^;それでいいのか~って思っちゃったよ。
でも、素顔の美的ジョニーも堪能出来たから、いいかな♪
rose_chocolatさ~ん (^^♪ (ひろちゃん)
2012-07-25 03:00:50
観ていないのに(笑)こちらにも、コメントありがとう

ジョニーでなくて、ジョバンニに反応ですね
(笑)

>『ロスト・イン・トランスレーション』で、スカちゃんの旦那さん役だった人じゃない!

え~~そうだったんだ~。その作品観てなくて
アバター、パブリックエネミーズなどに出てるから、細々でなくて(笑)普通に?(笑)やってるんじゃないかな
みすずさ~ん (^^)v (ひろちゃん)
2012-07-25 03:04:45
コメントありがとう

ありゃ(^_^;)、みすずさん寝ちゃいましたか

確かに前半は、かなり退屈でしたよね
後半は、笑いどころもあったので、なんとか
(笑)

そそ、ラストもアッサリでなんだかねえ
でも、ジョニーの素顔見れれば、満足と言う
作品でした
僕は『ラスベガスをやっつけろ』が大好きです☆ (GONZO )
2012-11-12 02:21:01
ジョニー・デップは確かにまともにしていればかっこいいです!!
でもあの映画はジョニーとベニチオ・デル・トロ(役:デブの弁護士)の演技力を称えるべきだと思います(^-^)
僕はトンプソンよりだから内容も好きです☆

とにかくあの演技力はすごいです!
ドラッグ経験があるジョニー、ドラッグに溺れたトンプソン、切っても切れない仲なのかもしれませんね(>_<)w

『ジョニーの演技力を褒めるw』という目線でもう一度観てみれば面白いかもしれませんね(^o^)/w

よけいなこと言ってすいません(-_-;)
GONZOさ~ん (*^_^*) (ひろちゃん)
2012-11-12 23:59:11
コメントありがとうございます

『ラスベガスをやっつけろ』は、なんだかわからないけれど、味がある映画って感じで、嫌いではないですが、ジョニーが出てなかったら、鑑賞しなかったとも思います。確かに、あの映画の二人の演技は、すごいですよね

GONZOさん、トンプソンがお好きなら、この作品も楽しめて満足できたんでしょうね

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ラム・ダイアリー/The Rum Diary (LOVE Cinemas 調布)
主演のジョニー・デップの親友にして異端のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの同名小説をそのジョニーが製作・主演で映画化。プエルトリコでの破天荒な毎日を描いた文字通りダイアリーだ。共演にアーロン・エッカート、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキン...
ラム・ダイアリー (風に吹かれて)
美しい若手女優アンバー・ハード公式サイト http://rum-diary.jp原作: ラム・ダイアリー (ハンター・S・トンプソン著/朝日新聞出版) 1960年、ジャーナリストのポール・ケンプ(ジョ
ラム・ダイアリー     評価★★★54点 (パピとママ映画のblog)
ジョニー・デップが敬愛してやまない“伝説のジャーナリスト”ハンター・S・トンプソンの自伝的小説の映画化。監督は「ラスベガスをやっつけろ」でもジョニーから監督を依頼されたブルース・ロビンソン。本作は彼の約20年ぶりの監督復帰作。 これはトンプスン自身がま...
ラム・ダイアリー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE RUM DIARY】 2012/06/30公開 アメリカ R15+ 120分監督:ブルース・ロビンソン出演:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、マイケル・リスポリ、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキンス、ジョヴァンニ・リビシ 1960年、ニューヨークでの生活に疲労し切っ...
映画「ラム・ダイアリー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ラム・ダイアリー」観に行ってきました。故ハンター・S・トンプソンによる同名の自伝小説を原作とし、親友のジョニー・デップが故人のために企画・製作・主演の全てを担った...
ラム・ダイアリー ジョニデの思い入れが空回り~ (労組書記長社労士のブログ)
【=31 -3-】 TOHOシネマズ、6本観たら1本無料の特典を使うのに、スパイダーマンを観るかこっちを観るか悩んだ末の選択だったのだが。  1960年、カリブ海に浮かぶプエルトリコのサンファンにある地元新聞社に、ジャーナリストのポール・ケンプがやってきた。NYでの生活...
ラム・ダイアリー/THE RUM DIARY (いい加減社長の映画日記)
巨悪を暴く的な、ちょっと気になるテーマだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1960年、カリブ海に浮かぶプエルトリコのサンファンにある地元新聞社に、ジャーナリストのポール・ケンプがやってきた。 NYでの生活から一転しようとここへ来たケンプだ...
「ラム・ダイアリー」 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
「ファンだったら観ないとー」とみんなに詰め寄られたので、仕方なく観てきた(笑)
君の血中アルコール濃度は? ~『ラム・ダイアリー』 (真紅のthinkingdays)
 THE RUM DIARY  Absolutely Nothing in Moderation  1960年、カリブ海に浮かぶ南米・プエルトリコ。NYからやってきたポール・ ケンプ(ジョニー・デップ)は、サンファンの地方紙記...
「ラム・ダイアリー」 酔いどれ日記 (はらやんの映画徒然草)
ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの原作を、親友であったジョニー・デップが
ラム・ダイアリー (みすずりんりん放送局)
 『ラム・ダイアリー』を観た。  【あらすじ】  1960年、南米プエルトリコにジャーナリストのポール・ケンプ(ジョニー・デップ)が降り立った。  地元の新聞社で働き始めたケンプは、記者仲間に囲まれながら、ラム酒を浴びるように飲むという島の生活にすぐ馴染...
ラム・ダイアリー (みすずりんりん放送局)
 『ラム・ダイアリー』を観た。  【あらすじ】  1960年、南米プエルトリコにジャーナリストのポール・ケンプ(ジョニー・デップ)が降り立った。  地元の新聞社で働き始めたケンプは、記者仲間に囲まれながら、ラム酒を浴びるように飲むという島の生活にすぐ馴染...
映画『ラム・ダイアリー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-55.ラム・ダイアリー■原題:The Rum Diary■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:7月8日、渋谷HUMAXシネマ(渋谷) □監督・脚本:ブルース・ロビンソン◆ジョニー・デップ(ポール・ケンプ)◆アンバー・ハード(シュ...
ラム・ダイアリー (こんな映画見ました~)
『ラム・ダイアリー』---THE RUM DIARY---2011年(アメリカ)監督:ブルース・ロビンソン 出演:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、アンバー・ハード、ジョバンニ・リビシ、リチャード・ジェンキンス ジョニー・デップがプライベートでも親友だった伝説の...