Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★おおかみこどもの雨と雪(2012)★

2012-08-08 01:34:34 | 映画(あ)行
私は、この子たちと生きていく。

映時間 117分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2012/07/21
ジャンル ドラマ/ファミリー/ファンタジー
映倫 G

【解説】

「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督が贈る
ファミリー・ファンタジー・アニメ。
“おおかみおとこ”と恋に落ち、2人の“おおかみこども”を
生んだ一人の女性を主人公に、母親と子どもたちとの絆と
成長を美しい自然の風景をバックに丁寧な筆致で描き出す。
声の出演は宮崎あおい、大沢たかお、菅原文太。

人気ブログランキングへクリック感謝です

【ストーリー】

大学生の花は相手が“おおかみおとこ”とは知らずに恋に落ちてしまう。
しかし、“おおかみおとこ”であることを打ち明けられても
花の気持ちは変わらなかった。やがて2人の間には、人間と
おおかみの2つの顔を持つ“おおかみこども”、姉の“雪”と
弟の“雨”が生まれる。そして雪と雨が人前でおおかみに
ならないよう注意しながら、家族は都会の片隅でひっそりと、
しかし幸せに暮らしていた。

そんなある日、父親の“おおかみおとこ”に突然の死が訪れる。
花は悲しみに暮れながらも、子どもたちを一人で育てるために
決意を新たにし、緑豊かな山あいの村へと移り住む。
大自然の中でのびのびと成長していく雪と雨。
だが、2人には重大な選択のときが迫っていた。

7月21日(土)公開

公式サイト

 【感想】 
4.5

いつも言ってるので、ご存知の方も多いかと思いますが(笑)、
私は動物が大好き!その中でも、1番好きなのが、
できれば飼いたいくらい(笑)好きなのが、オオカミなんです!
だから、童話の中や映画で、オオカミがいつも悪者になるのことに、
いい気持ちはしていませんでした

そのくらいオオカミが好きなので、この映画の予告編を観た時から、
この映画は観るぞ〜と決めていました。
細田監督の「時をかける少女」「サマーウォーズ」も好きだったので、
この作品も多分好きな作品だろうと思って観ましたが、
いや〜〜良かった!細田作品は、本当にいいですね
ハズレがないかも〜

本作では、子育てが描かれているので、自分もその道を通ってきたわけで、
そういう部分で、もしかしたら、3作品の中で1番好きかも〜

「おおかみおとこ」との恋に落ち、その子供を産む言う設定は、
ファンタジーだと思いますが、内容は、母親として成長していく花と、
こどもの雪と雨の成長が描かれていて、オーソドックスなお話
だったと思います。

ものすごいドラマチックな展開があるわけではなかったのですが、
あちこちの場面で涙を流していた私でした。
映像と音楽で、なんか、不思議と、じわ〜っと涙が出てきちゃったんですよね
その涙は、切ない涙だったり、哀しい涙だったり、嬉し涙だったり・・・

以下ネタバレあります



ゴミ収集車で遺体を回収する?とか、田舎のあんなボロ家を一人で修復したりとか
小さなこどもを育てながら、一人で畑仕事をしたりetc、突っ込もうと思えば
突っ込みどこはありますが、そのへんは、アニメだからでしょうか、私は
気には、なりませんでした。
(でも、書いているってことは、ちょっと気には、なってる?笑)


<こんなかわいい、おおかみこども欲しい・笑>

この物語は、予告編を観た時、どんなストーリーなのか想像が
つきませんでしたが、今思うと、ポスターやチラシにあるように、
雨と雪を両腕に抱えて、足を広げて大地に立つ、たくましい花の姿
からわかるように、おおかみおとこと恋に落ち、彼の死後
遺されたこどもを、一人で育てていく逞しい母親、花の物語でした。

子育てをしてきた母親の立場から花を観たら、ふつうの人間のこども(笑)
でも、子育ては大変でしたから、まして、おおかみこどもとなったら、
その苦労は、想像を絶するほどの大変さだと想像できます。
それなのに、こどもたちが、どんなことをしても、こどもたちにキレない(笑)
怒らない花は、できすぎな母親だと思ってしまいましたが、
その一方で、私も花みたいな母親で、息子たちに接して
あげたかったなとも感じました。
花は、私にとって、理想の母親像でした


<細田監督の作品の白い雲と青空は、いつ観てもいいな

10年が経ち、人間社会で人間として生きることに決めた雪
野生の世界でオオカミとして生きることを決意した雨・・・
幼い時は、いかにもオオカミの子って言う感じで野生児だった雪、
体が弱く泣いてばかりいて、母親に甘えていた雨でしたので、
幼少時と正反対になったこの選択は意外でしたが、考えたら、
人間の子供でも幼少の時とはまったく違う大人になると
言うこともあるわけですからね・・・

それぞれに自立して行く二人、二人を立派に育てあげた花の笑顔に、
ラストは、切なさもありつつですが、温かい気持ちになりました



細田作品の場合は、ストーリーもいいのですが、映像も美しいんですよね。
映像の美しさにも圧倒されました。
特に、子供たちが森の中を駆け巡るシーン、雪の上を転がるシーンは、凄い!
そして、水の描写もとっても美しかったです。

物語のエンディングで、母である花とともに振り返る、
花がこどもたちを育てた13年間。
流れる歌とその映像に、またまた涙ぐんでしまった私でした
細田作品は、本当に素敵ですね

そそ、映画に出てきた、おまじない?
「おみやげ三つ、たこ三つ」は、小さい時に
聞いたことがあります


オマケ

雨が川で溺れたシーンはドキドキ

下の子を寝かせていた時、自分もウトウト(^_^;)
玄関で遊んでいたはずの長男がいなくなってしまい
あの時は、心臓破裂しそうで(^^ゞ
なので、あの時の花の気持ちが痛いほど伝わってきました



オオカミオトコの声、どこかで聞いたことがある・・・と考えていたら
「大沢 たかおさんだ〜」って気がついたのですが、花の声は
エンドロール見るまで、宮崎 あおいさんだって気がつかなかった(苦笑)

韮崎のおじいさんの声は、菅原文太さんってすぐわかりましたけど(笑)
声優陣も、谷村 美月さん、麻生 久美子さん、林原 めぐみさんなど
すっごく豪華なんですよね。


幼年期のこどもの声もすごく良かったですし、成長してからの声も
良かったです・・・って言うか、声優さんが変わったと気がつかないほど
スームーズに変わってました

細田守監督のティーチイン舞台挨拶が、この1週間の間にあちこちで
あったんですね。知らなかった・・・今日も、新宿バルト9で
・・・行きたかった(T^T)



人気ブログランキングへクリックよろしくお願いします
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★8月公開の気になる映画★ | トップ | ★トータル・リコール(2012)★ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2012-08-08 05:13:02
ホント細田作品にはハズレがないですよね〜♪
ストーリーが繊細で、
さらには作画が非常に素晴らしく…
もう大満足の作品となりました!

テーマは子供の自立…
おおかみこどもなので、普通の人間より早いのかもしれませんが、
そこに至るまでがきちっと描かれており、
それに花の成長も入っていましたね。

雪と雨が最初の頃とは正反対の道に進むのも印象的でした。
BROOKさ〜ん (*^_^*) (ひろちゃん)
2012-08-08 21:47:22
コメントありがとうございます

ですよね?細田作品にハズレなしです!
私もストーリーにも映像にも音楽にも、とにかく
すべてに大満足でした

>雪と雨が最初の頃とは正反対の道に
進むのも印象的でした。

私にとっては、意外な結末でした。まさか、正反対に育つなんて

こどもの自立、母親には嬉しいような寂しいような(笑)
母親 (たいむ)
2012-08-09 20:39:51
ひろちゃん、こんにちは。
母親の方々は、揃って高評価といいますか、3作で一番って意見が多いみたい(^^)
私は「サマー・ウォーズ」かなぁ、なんだけど。

折角雪ちゃんが語りをやったのだから、もう少し後日談とかに説明が欲しかった感じはあるけれど、語り過ぎず良い感じでしたね。

あおいちゃん、全然気が付かなかったですか?
うん、アフレコ上手かったですしね(^^)
たいむさ〜ん !(^^)! (ひろちゃん)
2012-08-10 00:45:27
コメントありがとうございます

>母親の方々は、揃って高評価といいますか、3作で一番って意見が多いみたい(^^)

そうなんですか!やはり、子育てのお話だから、共感
呼ぶところが多いんでしょうか
私は、それプラス、おおかみが大好き人間なので(笑)
思い入れが強くなるのかも?
たいむさんは、サマーウォーズなんですね。
なんだかわかるような気がします

>語り過ぎず良い感じでしたね。

後日談等もっと知りたいことは、いっぱいありましたが、語りすぎずってところが、もっと食べたいってところで食べるのやめるみたいな感じで(笑)いいのかも
しれませんね
Unknown (Nakaji)
2012-08-14 16:49:11
ひろちゃんこんにちは♪
これまだ見てないんです。。。(泣)
オリンピック&DVD鑑賞で映画館にいってないし。。(笑)

でもこの風景とかは私が住んでる上市町を舞台にしているので、ぜひみたいな〜って思っています。
風景がきれいだったって意見があるとうれしくなるものですね。
Nakajiさ〜ん (^^♪ (ひろちゃん)
2012-08-14 22:31:39
ご覧になっていないのに、コメントありがとう

Nakajiさん、オリンピック&DVD鑑賞三昧だったんですね

オリンピックが終わったので、そろそろ映画館に行けるのかな?

>でもこの風景とかは私が住んでる上市町を舞台にしているので、

え〜〜!そうなんだ〜。そういえば富山県が舞台って
言ってた〜〜
Nakajiさん、風景が美しい素敵なところにお住まい
なんですね。うらやましいな
お時間できたら、是非是非ご覧になってみて
下さいね
こんばんは〜♪ (マリー)
2012-08-16 21:58:19
観たよ〜。
まだ書いてないけど・・・
ムスメが今日までっていうタダ券3枚もらってきて〜チビは塾の日だったから、たまたま長期出張から一時帰宅してた長男、ムスメと3人で行ったの。このメンバーで観るのも何十年ぶり?ってカンジで。

ストーリー、よく知らないで行ったから
なんだか切なくて切なくて・・・号泣はしなかったけど、つらかった。全てが・・・
今、横にいる子供たちが離れてゆく時・・まで想像しちゃって。
子育て中、あるいは子育て卒業前の母たちは観た方がいいかもね。

風景が綺麗だった〜〜〜。
翌日、長男は一人でモデルになった滝を見に行ってたよ〜(お隣の県だからね)
マリーさ〜ん (^^) (ひろちゃん)
2012-08-17 14:30:47
感想アップしていないのに、コメントありがとう

長男、長女、マリーさんで鑑賞?
いいなあ・・・
うちのぼくちゃんたちは、そんなに映画好きじゃあないし、映画館2時間とか耐えられないんだって(苦笑)
なので、いつもお子様と一緒に行ってる
マリーさんが羨ましいな
しかも、この作品、タダ券で観たんなんて〜(笑)

>横にいる子供たちが離れてゆく時・・まで想像しちゃって。

うんうん、なんか切なかったよね〜
意地でも、ぼくちゃんたち離さないぞ(笑)
子育て中のお母さんとかに観て欲しいよね

>翌日、長男は一人でモデルになった滝を見に行ってたよ〜(お隣の県だからね)

いいな〜。あんな美しいところがお隣の
県にあるなんて・・・
でも、マリーさんの住んでるところも名所はいっぱいあるし、趣のある県ですよね
田舎だけど〜(爆)
こちらにも^^ (みすず)
2012-09-29 21:22:32
良かったですよね♪
わたしは、ちょっとじ〜んと来ましたが泣けませんでしたが、代わりに娘が号泣してました^^;

映像が綺麗だし、親離れ子離れのことを、自分に置き換えると他人事じゃないなーって思ったり・・・
出来るか、わたし^^;

わたしも花のような母親だったら子供にももっと良かったかも〜って思ったりもした・・・けど、怒っちゃう^^;
みすずさ〜ん(^_-)-☆ (ひろちゃん)
2012-09-30 22:00:00
こちらにもコメントありがとう

みすずさんは泣かなかったの?意外〜(笑)
お嬢様、泣いちゃった?号泣?感情豊かなやさしいお嬢様なのね

親離れ、子離れは考えちゃいますよね〜
私は、いまだに子離れしてないかも(苦笑)
美鈴さんは、子離れできるか?(笑)

>わたしも花のような母親だったら子供にももっと良かったかも〜って思ったりもした・・・けど、怒っちゃう^^;

あんなお母さんになれたらって思うけれど、実際は
やっぱり無理だよね

映像も綺麗で素敵なお話でした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「おおかみこどもの雨と雪」 (日々“是”精進! ver.F)
母は、強し… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207210002/ おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)細田 守 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-2...
「おおかみこどもの雨と雪」 −映画− (読書日和)
※小説「おおかみこどもの雨と雪」のレビューをご覧になる方はこちらをどうぞ。 久しぶりとなる映画のレビュー。 昨日「おおかみこどもの雨と雪」(監督:細田守)を観に行ってきました。 ------- ストーリー ------- 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学...
『おおかみこどもの雨と雪』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「おおかみこどもの雨と雪」 □監督・脚本・原作 細田守 □脚本 奥寺佐渡子□キャスト(声) 宮崎あおい、大沢たかお、黒木 華、西井幸人、大野百花、           加部亜門、林原めぐみ、染谷将太、谷村美月、麻生久美子、菅原...
「おおかみこどもの雨と雪」みた。 (たいむのひとりごと)
『時をかける少女』『サマーウォーズ』に続く奥寺佐渡子脚本&細田守監督による長編アニメーションで、この夏一番楽しみしていたアニメーション映画。細田監督作品と言えば”夏”と”青い空&白い雲”。でも今作では
おおかみこどもの雨と雪 (だらだら無気力ブログ!)
期待を裏切らないイイ作品だった。
おおかみこどもの雨と雪  監督/細田 守 (西京極 紫の館)
【声の出演】  宮崎あおい(花)  黒木 華/大野百花(雪)  西井幸人/加部亜門(雨)  大沢たかお(彼/おおかみおとこ) 【ストーリー】 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこ...
「おおかみこどもの雨と雪」 子育ての喜びと寂しさと誇りと (はらやんの映画徒然草)
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督の最新作です。 細田監督の「時を
おおかみこどもの雨と雪 (みすずりんりん放送局)
 『おおかみこどもの雨と雪』を観た。  【あらすじ】  19歳の大学生花(声:宮崎あおい)は、あるときおおかみおとこの彼(声:大沢たかお)と運命的な恋に落ち、やがて雪と雨という姉弟が誕生する。  彼らは、人間とおおかみの両方の血を引くおおかみこどもとしてこ...
おおかみこどもの雨と雪 (銀幕大帝α)
私は、この子たちと生きていく。 −感想− 感動するアニメ、泣けるアニメって聞いてたんだけれど、そこまで感動はしなかったし別に泣けもしなかったです。 なんかねぇもうちょっと母親の事を大事にしてやれよ!って思い出したら雨の無責任さに腹が立ってきちゃったんだ...
おおかみこどもの雨と雪 (いやいやえん)
子の成長を見守る母という存在にはぐっとくるものがあった。出産、子育てといった過程を過ごした人にはもっと心に響くものがあると思うのですが、独身未婚の私では、そこまで深くは感じ取れなかったというのが実際のところ。 性格が異なる雨と雪、二人の子供たちがそ...
「おおかみこどもの雨と雪」 (或る日の出来事)
元気でしっかり生きて。元気でいて。