Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

★戦火の馬(2011)★

2012-03-13 23:17:45 | 映画(さ)行
WAR HORSE

スピールバーグ監督が、今、この時代にこそ贈る‘‘希望’’の物語。


上映時間 146分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ディズニー)
初公開年月 2012/03/02
ジャンル ドラマ/戦争
映倫 G

【解説】

巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が第一次大戦を舞台に、軍に徴用され
最前線に送られた一頭の馬とその飼い主の青年との友情と奇跡の物語を
美しい映像とともに描いた感動ドラマ。マイケル・モーパーゴの同名児童文学を映画化。
主演はこれがスクリーン・デビューのジェレミー・アーヴァイン、
共演にエミリー・ワトソン 、デヴィッド・シューリス、 ベネディクト・カンバーバッチ。

人気ブログランキングへクリックよろしくです

【ストーリー】

第一次大戦前夜のイギリス。農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。
その仔馬は貧しい農夫テッドによって競り落とされ、少年アルバートの家にやってくる。
そしてジョーイと名付けられた仔馬は、アルバートの愛情を一身に受けて、
賢く気高い名馬へと成長していく。しかし戦争が始まると、アルバートが
知らないうちにイギリス軍へ売られてしまうジョーイ。
やがて、ニコルズ大尉の馬としてフランスの前線へと送られたジョーイは、
ついにドイツ軍との決戦の時を迎えたのだったが…。

3月2日(金)公開

公式サイト

【感想】(TOHOシネマズ・六本木ヒルズにて鑑賞・3・1<木>)
馬の演技が素晴らしい

動物が大好きなので、動物ものは観たいのですが、好き過ぎて、
動物が主役でも、悲しい匂いのする作品は、観に行けません。。。
この作品も、軍馬となって戦火をくぐりぬけて行くと予告編から、
わかっていたので、辛い場面が多そうで、観れるかなと鑑賞は迷ったんですが、
予告編での何とも言えないジョーイの目が、忘れられず、そして奇跡の馬と言うことなら、
ハッピーエンドになるのではないかと考えて、鑑賞に臨みました。

動物がらみは、それだけで、涙腺弱くなるんですよねえ、前にアップしたものすごくうるさくて
ありえないほど近い
には涙腺崩壊でしたが、この作品にも、泣かされました。
(もすごく~のほうが、より泣きましたけど・笑)

原作が児童文学だからでしょうか、物語は、いたってシンプル、かつストレートでした。

前半は、ジョーイと名づけられた馬と飼い主となったアルバートとの交流が描かれます。
サラブレッドで、農耕馬ではないのだから、荒地を耕すのなんて、無理なのに
あの細い足で(T^T)、荒地を耕し出したジョーイ・・・もうこの時点で涙の私(苦笑)
前半ちょっと冗長な気もしますが、二人(正確には、1人と1匹)の交流が丁寧に
描かれるので、開戦を機に、軍馬となるジョーイがアルビーの元を離れて行く
シーンでは、悲しさがこみ上げ、ジョーイの振り返る仕草に、またもやウルウルでした(T^T)



軍馬となって戦場にかり出されるジョーイ・・・人間は、戦争だってわかって
闘っているわけですが、馬のジョーイには、わけがわからないわけで、
好きで戦地に赴くわけではない、物言えぬ馬たちのことを考えると、
かわいそうでたまりませんでした。
(人間だって、好き好んで戦地に赴くわけではないですけど・・・)
英国軍の奇襲攻撃が失敗し、大勢の兵士や軍馬が横たわるシーンの俯瞰で捉えた映像は
胸に迫りまたまた涙でした(T^T)


<イギリス軍> <ここでジョーイは、運命をともにして行くことになる
トップソーン(黒い馬)と出会う>


<ドイツ軍><殺されるところをこの兄弟に助けられる>


<フランスの農村><やさしい孫娘と祖父が新しい飼い主となり、ジョーイと
トップソーンに、やっと平穏な日々が続くかと思われたが・・・>

アルビーの次に飼い主となったニコルズ大尉、ドイツ兵の兄弟、フランスの農村で
暮らす孫娘と祖父、ドイツ軍の馬係りと様々な人たちにジョーイは、出会うわけですが、
ジョーイの周りには、いつもやさしくて温かい人たちがいたのが、観ている私にも
救いでした。ですが、その一方で、そこで、見えてくるのが戦争が引き起こす悲劇の
数々でもありました

仲良しだったトップソーンが死んで、そこから逃げ出す(逃がしてもらう)ジョーイ
生きて帰るため、アルバートのもとに戻るため、一心不乱に戦場を駆け抜けるシーンに、
有刺鉄線が体中に巻きつき力尽きて倒れるシーンに、もう涙腺崩壊状態でした



そして、その後に訪れるシーンが、なんと意外とユーモラス(苦笑)
私なんて泣き笑いになってました(笑)
たった1頭の馬を助けるために、イギリス兵とドイツヘイが一旦休戦
(実際には、あり得ないことなのかもしれませんが・・・あり得ることだ
と思いたい・・・)協力してジョーイを助けます。

さて、助けられたジョーイですが、彼の体は、傷だらけ・・・
果たして、彼は助かるのか?アルビーと会えるのか?

まあ、「奇跡の馬」の物語なので、ハッピーエンドだとは思っていたのですが、
それでも、最後のほうは、ジョーイが、撃たれてしまう~とドキドキもんでした
冒頭、アルバートが、ジョーイを呼ぶのに、フクロウの泣き声をするのですが
馬を呼ぶのに、フクロウの泣き声だなんて、聞いたことないって思ったら、
それが、最後に生かされてくるんですね。


<馬の目って、穏やかで、なんてやさしいんでしょう>

この映画の1番の見どころは、なんと言っても馬たちの演技!
この映画を作るなら、CGを使わずに本物の馬でやらなければと思ったと
言うスピルバーグの言葉通り、ジョーイは子馬から大人まで14頭の馬が
演じています。彼らの演技、表情が、本当に素晴らしいです!


<追記・この画像は、いつもお世話になっていますLOVE cinemas 調布 KLYさんから
頂きました

英国の田園風景も、ラストの夕焼けも美しく、そこにまた美しい馬たちが
映えるんです。ジョン・ウィリアムスの音楽も良かったです
スケール感の大きな作品ですので、これはスクリーンで、是非観て頂きたいと思います



その他

『第一次世界大戦時、イギリス軍では、戦場で命を落とした馬が多い中、
生き抜いた馬にも悲劇が待ち受けていました。戦争後、イギリス政府の
決定として、本国に輸送するのには費用がかかりすぎることから
馬たちは食用としてフランスの肉屋に売られていた』


人間って、どこまで身勝手な生き物なんでしょうか・・・
献身的に働いた馬たちへ、あまりにも酷い、残酷な仕打ちです

『シービスケットの調教師で知られる調教師ボビー・ログレーン管轄の
もとに100頭以上の馬からなる大規模な馬専門の部署が出来上がった』

(ジョーイを演じた馬の中にハ、シービスケットの為彼が調教して、
撮影終了後買い取ったロウグレンの所有する愛馬も使われたそうです)

馬専門部署ができて、作られた映画って、今までないですよね?

あの有刺鉄線のシーンは、どうやって撮ったのかと思ったら、
馬がケガをしないように、有刺鉄線はプラスティックで作られていたそうです。
また、こういう動物主体の映画の場合、私が気になるのが、動物が演技をするのに
無理強いされていないかって、虐待まがいのことはされていないのかってこと
なのですが、これだけ馬を多く使い専門の部署ができたと言うことと
愛馬を持つほど馬を大切にしているスピルバーグが監督だからと言うことでしょうか、
アメリカ動物愛護協会を代表したバーバラ・カーにより、撮影時、入念に監視されたようで、
安心しました

キャストは、エンドロールで1番最初に、エミリー・ワトソンが出るくらいですから、
地味なキャストでしたが(実力派ですが)その分、馬の演技に目が行ったのかも(笑)

ニコルズ大尉どこかで観たことあるんだけど・・・と思ったら、マイティソー
に出ていたロキ様でした。髪の色が違うから、気がつかなかった(^^;



人気ブログランキングへクリック感謝です
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★シャーロック・ホームズ シ... | トップ | ★バレンタインデー&ホワイト... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-03-13 23:35:24
あの馬の演技は驚異的だよね。余りに上手すぎでVFX使ってるのか?って思ったぐらいだもの。実際サラブレッドはとても頭のいい動物と言われているけれど、ここまで出来るとは思いませんでしたよ。
それにしてもスピさんの手口は毎度同じで解っちゃいるんですがそれでも感動しちゃうんだよなぁ。もうこういうド正統派の人は少なくなりましたよね。
KLYさ~ん (*^_^*) (ひろちゃん)
2012-03-14 02:09:42
コメントありがとうございます

馬は賢い動物ですが、あそこまで演技ができるなんて驚きですよね
スピールバーグの話を聞いてなかったら、絶対にVFX使ってると思ったと思います。

こういうシンプルでストレートな物語で感動させてくれるのは、さすがスピルバーグです

ド正統派って・・・面白い(笑)
こんばんは~☆ (kira)
2012-03-14 02:20:26
余りにジョーイが美しくて賢かったからなのか、
自分で思ってる以上にウマ好きだったのか?(笑)
もうね、結構直ぐに入り込んで観てました

全体の映像も綺麗だったし、ほとんどセリフなどない馬のロードムービーだったけど、
やっぱり「こうあって欲しい」ラストは、後味爽やかよね
おはようございます。 (BROOK)
2012-03-14 06:24:49
馬視点で描かれる戦争映画…
その馬に感情移入してしまう作品でしたね。
また馬の表情が非常に素晴らしい!

スピルバーグらしく戦争シーンはとことんこだわっているように感じました。
臨場感が半端なかったです。

ディズニーなので、ラストはだいたい想像出来ましたが、
それでも感動しました。
ファンタジー。 (rose_chocolat)
2012-03-14 09:03:54
ひろちゃん、天然卒業式記事にコメントありがとうございました。
こういう時に温かい言葉を皆さんからいただけるので、やっぱり楽天もいいなって思います。
たまには何か書かないとなー。。

さてさて戦火の馬、観てます。
ドイツの兄弟は悲しかったですね。 お互いを思いやった結末。 若いから未熟だからといっても容赦しない掟は切なかった。 普通の時代に生きられたらよかったのにね。

すごくすごくうまいこと行った話だなあとも思いましたけど、悲惨な戦争だからこそこの結末で救われたような気がしました。
Unknown (KLY)
2012-03-14 15:09:57
ひろちゃん、夕日バックは海外トレーラーから取り込んだもので写真としてはありません。良かったらコチラからどうぞ^^

http://sorette.cocolog-nifty.com/yuhi.jpg
kiraさ~ん (*^_^*) (ひろちゃん)
2012-03-15 20:25:04
コメントありがとう
レス遅くなってごめんね

うんうん、ベタな作品でしたが、ストレートに
心に入り込んできましたよね。
馬って、すごく映画が似合う動物なんでしょうね
ジョーイを演じた14頭、みんな美しくて
賢かったですよね

ラストは、予想通りでしたが、ハッピーエンドは、やっぱり嬉しいですよね
BROOKさ~ん (^O^) (ひろちゃん)
2012-03-15 20:29:11
コメントありがとうございます

こんなに馬が沢山いて(出ていて)、馬の視点で描かれた作品ってなかったですよね。
馬の演技、表情が素晴らしくて、どっぷり馬たちに感情移入してしまいました

ラストは安心のディズニー印、ハッピーエンド
良かったです
rose_chocolatさ~ん (^_-)-☆ (ひろちゃん)
2012-03-15 20:37:58
わざわざ、天然くん(笑)のお返しコメ頂きまして、こちらこそ、ありがとうございます

楽天のお仲間は、いいのですが、楽天のやりかたがね~
rose_chocolatさんの記事楽しみにしているかたも多いので、たまには、楽天も書かないとね
(笑)

ドイツの兄弟は、辛かったですね。割りあい
アッサリと描かれていたから、観れましたが
ほんと、親の立場から見たら、たまらないシーンでした

予定調和ではありますが、rose_chocolatさんが、おっしゃるように、あんな時代だからこそ
あのような結末に救われるんだと私も思います
KLYさ~ん (*^。^*) (ひろちゃん)
2012-03-15 20:40:59
またまたコメありがとうございます

できる男は、やることも早い!
本当にやさしいですね。
お言葉に甘えて、遠慮なく、使わせて頂きますね
ありがとうございました
ジョーイが可愛い (ノルウェーまだ~む)
2012-03-16 00:25:03
ひろちゃん☆
本当にジョーイの目がやさしくて、うるうるしちゃうよね。
スピ監督は馬がそれらしい動きをするまで辛抱強くカメラを回し続けたと話していたよ。
動物に無理強いはしてないんだね♪
えらい!スピ監督!!
ノルウェーまだ~むさ~ん (^^)v (ひろちゃん)
2012-03-16 01:07:39
コメントありがとう

スピ監督が馬に無理強いさせてないことは、
監督のお話にもありましたし、動物愛護協会のかたがずっと監視していたことからもわかりますよね

ジョーイの名演技に、素直に泣かされ、感動しました
Unknown (mig)
2012-03-16 11:07:19
ひろちゃんおはようございます。
今から朝ご飯です(笑)

スピルバーグらしい作品でしたね~
ちょっと前半長過ぎるって思ったけど後半は良かったです☆
馬が主役ってところがいいですね。
おじいさんと一緒の女の子、可愛かったな~♪
こんにちは^^ (みすず)
2012-03-16 11:55:37
お馬さんとても良かったね!
そうそう、目が良かった♪
演技してるのかしてないのか^^凄いわぁ♪

戦争物だから苦しいシーンもあったけど、見て良かったです。
やっぱハッピーエンドがいいよね♪
こんにちは♪ (yukarin)
2012-03-16 12:59:43
ほんとお馬さんが良かったですね。
って皆さん言ってるけどやはり言う私。
CGを使わずにという所がいいですね。
最後は泣けちゃいました。
お馬さん (たいむ)
2012-03-16 18:02:16
ひろちゃん、こんにちは。
「その他」の中でもお肉にはびっくりです。一番手っ取り早いとはいえいやはや・・・。

騎乗する戦闘シーンって必ずお馬さんが転ぶシーンがあって、いっつも「足は大丈夫??」とか思っちゃいます。
万全をきしているとは思うけれど、物言えぬ動物の扱いは気になっちゃいますね。
お馬さん視点の良い映画だっただけに、見ないふりしたいところですが(^^;

migさ~ん  (ひろちゃん)
2012-03-16 18:15:25
コメントありがとうございます

migさんでも、こんな時間に朝ごはんなんてことがあるんですね
私はこの時間のブランチ、結構多いです

前半は冗長な感じもしましたが、馬が好きなので、退屈はしませんでした。

おじいさんと一緒の女の子、綺麗な子でしたね
将来が楽しみ~

みすずさ~ん !(^^)! (ひろちゃん)
2012-03-16 21:29:55
コメントありがとう

演技しているのか?CG使ってるのか?わからないくらい表情が良かった、目が良かったジョーイ(お馬さんたち)でしたよね

戦争につきものの悲劇がたくさんありましたが
ラストに救いがあって良かったよね
yukarinちゃ~ん (^^)v (ひろちゃん)
2012-03-16 21:32:47
コメントありがとう

CGじゃないって言うのが信じられないくらい
お馬さんたちの演技は、素晴らしかったですよね

私もラストは、やっぱり泣きました
素敵な作品でした
たいむさ~ん (^O^) (ひろちゃん)
2012-03-16 21:38:55
コメントありがとうございます

せっかく助かったのに、戦火をくぐりぬけたのに、輸送費がかかるからって、食肉にされるなんて、酷すぎますよね

>騎乗する戦闘シーンって必ずお馬さんが転ぶシーンがあって、いっつも「足は大丈夫??」とか思っちゃいます。

そそ、このお話、いつもたいむさんとしますよね(^_-)-☆私も、馬が倒れるとか撃たれるとか言うシーンは、足折らなかったか、怪我しなかったかといつもドキドキハラハラしてます
この映画は、万全をきしていると思いたいですね(^_-)-☆
こんばんは (ituka)
2012-03-17 01:05:08
よく調べられてますね。
馬専門部署が立ちあがってたとは初めて知りましたよ^^
奇跡の馬は、最後まで奇跡が続きましたね。
いい話です。

あの爺やの貧困層から富裕層への謎のステップアップはもちろん
孫と言ってた少女は、もしかしたら今流行りの年の差婚夫婦とも思えませんかぁ。
こんにちは (はらやん)
2012-03-17 14:37:39
ひろちゃんさん、こんにちは!

有刺鉄線のところはほんと痛々しかったですよね。
飛び越えたりせずに一直線に進んでいくところは、ジョーイらしいとは思いました。
その後のイギリス兵とドイツ兵がジョーイを救おうとするシーンは好きなんですよね。
人はそもそもはああいう心は持っているのに、なんで戦争しちゃうんだろうと思っちゃいますね。
itukaさ~ん (^^) (ひろちゃん)
2012-03-17 17:56:02
コメントありがとうございます

>よく調べられてますね。

いえいえ、そんなに調べていません(^_^;)
パンフ情報です(笑)

まさに、「奇跡の馬」のお話、私もいいお話だたと思います

>孫と言ってた少女は、もしかしたら今流行りの年の差婚夫婦とも思えませんかぁ。

あはは(苦笑)
確かに今流行っていますが、あの年の差の結婚は、犯罪だと思いますよ
はらやんさ~ん (^^♪ (ひろちゃん)
2012-03-17 18:01:25
コメントありがとうございます

ジョーイが、有刺鉄線を一直線に進んで行く姿に、胸が押しつぶされそうでした

私も、一旦休戦、英兵と独兵が協力して
助けるシーン好きでした。
本来、人間は、ああいうやさしい気持ちを持っているのだと思います
なぜ、戦争が起きるんでしょね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
戦火の馬/War Horse (LOVE Cinemas 調布)
マイケル・モーパーゴの手による同名小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化。第一次世界大戦を舞台に、一頭の馬と青年との友情、そしてその馬の辿る数奇な運命を描いた感動物語だ。主人公の少年を映画初出演となるジェレミー・アーヴァインが演じている。共演に...
戦火の馬 (to Heart)
原題 WAR HORSE 製作年度 2011年 上映時間 146分 原作 マイケル・モーパーゴ 脚本 リー・ホール /リチャード・カーティス 監督 スティーヴン・スピルバーグ 音楽 ジョン・ウィリアムズ 出演 ジェレミー・アーヴァイン/エミリー・ワトソン/デヴィッド・シューリス/ピ....
劇場鑑賞「戦火の馬」 (日々“是”精進! ver.A)
“繋がり”があれば、きっと会える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203020004/ 戦火の馬 オリジナル・サウンドトラック サントラ SMJ 2012-02-22 売り上げランキング : 74358 Amazonで...
スティーブン・スピルバーグ監督 「戦火の馬」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
戦争物と動物物の映画は正直あまり好きではありません。 凄惨な運命を辿り、お涙頂戴って魂胆だろうと思うわけで 最初は観る予定ではありませんでした( ̄^ ̄)b でもね、今日(3月13日)の公休、他に観たいと思えるのがやってない! まぁいいか? スピルバーグ...
戦火の馬 /WAR HORSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 戦火の中で生き抜いた馬と少年の交流を描く スピルバーグ監督の最新作で、先日行われたアカデミー賞で作品賞ほかにノミネート。 (ひとつも受賞はならず) ジャパンプレミア試写にて鑑賞。 ジャパンプレ...
戦火の馬 /WAR HORSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 戦火の中で生き抜いた馬と少年の交流を描く スピルバーグ監督の最新作で、先日行われたアカデミー賞で作品賞ほかにノミネート。 (ひとつも受賞はならず) ジャパンプレミア試写にて鑑賞。 ジャパンプレ...
戦火の馬 (本と映画、ときどき日常)
監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 ジェレミー・アーバイン     エミリー・ワトソン     デビッド・シューリス 第一次世界大戦下、軍馬として売られていった馬と、そこにまつわる人々とのお話。 いつの間にか140分という時間が終わってました。 ホ....
映画「戦火の馬」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「戦火の馬」観に行ってきました。イギリスのマイケル・モーパーゴ原作の児童小説を、スティーブン・スピルバーグが実写映画化した作品。物語最初の舞台は、第一次世界大戦前夜...
戦火の馬 よく出来すぎていて感動するのをうっかり忘れかけた、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ` (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -0-】 今年はどうしたんやろう、我が家、ちっとも試写会が当たらない・・・アダッ(゜...゜;)Θミ。 予告編の段階ではあまり食指が動かず試写会が当たったら見るのになという感じだったけど、評判がいいのでついつい見に行ってみた「戦火の馬」。   第一次大...
「戦火の馬」ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
受賞は逃したもののアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品。 ポールは宇宙に帰っちゃったけど、「リアル・スティール」に続いて頑張っているスピルバーグ監督。 スピ監督らしい素直な感動作品は、まるで英国の素朴で美しい田園風景そのものだ。
戦火の馬 (みすずりんりん放送局)
 『戦火の馬』を観た。  【あらすじ】  第一次世界大戦、激動のヨーロッパ。  故郷から遠く離れた戦火を、必死に駆け抜いた一頭の馬がいた。  その名は“ジョーイ”。数奇な運命に導かれるように彼が巡り会ったのは、家族のような絆で結ばれた少年、軍馬を誰よりも...
戦火の馬 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WAR HORSE】 2012/03/02公開 アメリカ 146分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン、パトリック・ケネディ、デヴィッド・....
「戦火の馬」みた。 (たいむのひとりごと)
最近は原点回帰気味な印象のあるスピルバーク作品だけど、戦争映画も十八番なわけで、「きっとそう来るだろう」と分かっていても、思わず涙をこぼしてしまう王道の戦争映画になっていた思う。ものすごく強運ながら、
戦火の馬 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 雰囲気的には1950~60年代のレトロっぽさのある作品。
「戦火の馬」 お馬さん版「マイウェイ」、ではない (はらやんの映画徒然草)
類いまれな資質をもって生まれたサラブレッド、ジョーイ。 そしてジョーイに愛情を注
馬が繋ぐもの (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「戦火の馬」を鑑賞しました。 翻弄される馬の軸から見る第一次世界大戦 馬 ジョーイがさまざまな人の手に移っていく その各々のエピソードからなる構成で もう クラシック映画のような風格があり 丁寧なしっかりとした作り ストーリーやエピソ...
戦火の馬 (風に吹かれて)
出逢った人達に愛されて [E:horse]公式サイト http://disney-studio.jp/movies/warhorse原作: 戦火の馬 (マイケル・モーパーゴ著/評論社)監督: スティー
戦火の馬 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:War Horse監督:スティーブン・スピルバーグ出演:ジェレミー・アーバイン、エミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュラン・・・スピルバーグの映画には、ジョン・ウイリアムズの音楽ありき!
戦火の馬 (映画的・絵画的・音楽的)
 『戦火の馬』を吉祥寺オデヲン座で見ました。 (1)この映画は、“おすぎ”が、『週刊文春』の映画欄で、『ヒューゴの不思議な発明』を酷評するのとは反対に、下記(3)で触れるようにすごく高く評価していたところ、実際には『ヒューゴの不思議な発明』が素晴らしい出来栄...
戦火の馬 (だらだら無気力ブログ!)
146分はちょっと長かった。
映画「戦火の馬」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『戦火の馬』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー 第一次世界大戦中の英国。農家の少...
ただ、前だけを見て~『戦火の馬』 (真紅のthinkingdays)
 WAR HORSE  20世紀初頭、英国・デヴォン州。少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン) は、生まれたばかりの一頭のサラブレットに心を奪われる。父(ピーター・ミュ ラン)が競り...
戦火の馬 (いやいやえん)
動物ものってそれだけでお涙頂戴だからな~どうしようかな…と思いつつ借りてみた本作。 冒頭の朝日の昇る田園の美しい事。戦火に巻き込まれた馬ジョーイは軍用として徴収され、第一次世界大戦の戦場を点々とする。持ち主の小作人の息子アルバートもやがて徴兵され、...
戦火の馬 (こんな映画見ました~)
『戦火の馬』---WAR HORSE---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス 、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン 巨匠スティーヴン・スピ...