Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★最強のふたり(2011)★

2012-09-01 18:20:47 | 映画(さ)行
INTOUCHABLES
UNTOUCHABLE


さぁ、人生に繰り出そう。


メディア 映画
上映時間 113分
製作国 フランス
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2012/09/01
ジャンル コメディ/ドラマ
映倫 PG12

【解説】

主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。
実話を基に、首から下が麻痺した大富豪の中年男と、ひょんなことから
その介護人となったスラム出身の黒人青年が、互いの境遇の違いを
乗り越えて真の友情を育んでいく姿を、ユーモアを織り交ぜ
ハートウォーミングかつエモーショナルに綴る。
主演は「主婦マリーがしたこと」のフランソワ・クリュゼと
「ミックマック」のオマール・シー。
監督はこれが長編4作目となるコンビ、エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ。

人気ブログランキングへ

【ストーリー】

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ。
彼の新しい介護人募集の面接にやってきたのは、いささか場違いな雰囲気の
黒人青年ドリス。スラム街に暮らす彼の目的は、失業手当をもらうための
不採用の証明書だった。周囲の憐れみの同情と腫れ物に触るような態度に
辟易していたフィリップは、そんなドリスのふてぶてしい態度に興味を抱き、
思いつきで採用してしまう。ドリスには介護の経験がないばかりか、
趣味や生活習慣にいたるまで互いが歩んできた世界はまるで水と油。
いつまで持つかと思われたが、障がい者相手にも遠慮することなく
本音で接するドリスは、他の誰よりもフィリップの心を解きほぐし、
いつしか2人は固い絆で結ばれていく。

9月1日(土)公開

公式サイト

【感想】(プレミア試写会にて鑑賞・8・28・火・朝日ホール)
4.5

9月1日の土曜日(本日)は映画の日で1000円!絶対に、この映画を観るぞ!
と心に決めていたのですがブログで仲良くさせて頂いているrose chocolat
さんから、プレミア試写会状を頂き、ありがたいことに、
一足早く鑑賞することができました。rose chocolatさんありがとうございました!
そして、おつきあいいただきました小米花さんありがとうございました。

実は、今日、2回目を観に行こうと思っていたのですが、私が行く映画館
(六本木、渋谷、有楽町)の席は昨日の夜の時点で、1番前の席だけしか
空いておらず(^_^;)今日の2回目の鑑賞は諦めました。
2回鑑賞してから感想を書こうと思いましたが、本日鑑賞できなかったので
感想書いています(笑)



アースウィンド&ファイアの「September」は、大好きな曲!
その曲が流れる予告編を観て、早い時期から観たい、観ようと思って
いた作品でした。

ですが、いつも言っていますが、難病もの、闘病もの、死が絡む
(アクション映画やサスペンスでなくシリアスに)作品は
絶対に観れません
この作品も障害者を扱っているので、ラストがどうなるかわからず、
鑑賞を迷いましたが、コメディタッチの予告編に、悲しいことは
起こらないだろうと予想して、鑑賞することにしました。

さて、前置きがながくなりましたが・・・

とにかく、掴みが上手い
冒頭、不安を掻き立てるピアノの音と
いきなりのカーチェイス!これって、アクション映画でも
サスペンス映画でもないのに?
何かよからぬことがおこりそうで、ドキドキハラハラ・・・

その後、曲が、アース・ウィンド&ファイアの「September」に変わり
緊張感がほぐれます・・・

クールな映像とアース・ウィンド&ファイアの「September」(大好き!)で
ゾクゾク〜(ちょっと踊りたくなる私・笑)
そこから、グイグイ惹きこまれていきました

そのオープニングから、物語は
首から下が麻痺してしまった障害者の富豪フィリップと、スラム育ちで
貧困の黒人ドリスの出会いの場面に変わります。

最強のキャストこの二人が素晴らしい


黒人と白人、貧乏人と大富豪、健常者と障害者、無教養人と知識人、
若者と熟年者、音楽の好みもショパンとクール&ザ・ギャングと
全く共通点のない、相容れない水と油の二人が、だんだん、
どんどん仲良くなって行き(心を通わせて行き)いつしか、
ごく自然に、お互いがお互いに必要な存在となって
いくと言うストーリーは、ハンディキャップを扱った、
これでもかこれでもかと泣かせる(苦笑)お涙頂戴の
感動巨編なんかじゃなく、二人を観ていて、嬉しくて、自然と幸せな気持ちに
なって行くという癒しの作品でもありました。

予告編で、すでに涙していた私は、本編観たら、号泣?嗚咽?するんじゃないかと
タオル握りしめていたのですが、あれっ?私、ずっと笑ってた(笑)
涙がこぼれたのは、ワンシーンだけで、後は、会場のみんなもそうでしたが
ずっと笑ってました



ドリスは貧乏ですし、ちょっと粗暴なところもあるけれど、
ハンディキャップを持つフィリップに憐れみを持っていないんですよね。
だから、フィリップにかわいそうとか同情はしないし、してあげる的な
発想もないんですよね。
そして、自分は貧乏でフィリップは大富豪ですが、だからと言って
遠慮も気後れもしないんです。
それがフィリップにとって、対等に扱われることが、いやもしかしたら、
対等以下(笑)に扱われることが新鮮で、嬉しいことだったのかもしれません。
ドリスの言葉には、うそがないんですよね。
<もちろん、この二人は相性も良かったのでしょう・・・この二人のような
やりとりが、ハンディキャップを持つ方みんなにできると言う方法では
ないと思いますが・・・>



ハングライダーを無理やりさせられたドリスは「おいおい、
あんたは運が悪いんだから、巻きこまないでくれよ」と平気で言います。
え〜〜!そこまで言っちゃう?って思いますが
それを笑顔で聞いているフィリップ。
ドリスの言葉は、決して嫌みはないんですよね。
正直に、偏見なくフィリップと向き合っているからこそ言える言葉なんです。


<フィリップにマリファナまで吸わせるって

とにかく、全編、二人のやることなすこと会話がユーモアに
あふれていて面白い。笑えるシーン満載なんですが、
特に、オペラの魔笛を鑑賞中のドリスの台詞がツボでした。
ちょっと声出して笑ってしまったかも(笑)


そして、ユーモア満載な上に、音楽が素晴らしい!
特にアース・ウィンド&ファイア好きの私には、いいシーンで使われた
セプテンバーとブギーワンダーランドは、もう堪らなく嬉しかったです!
その時、からだが動いていたかも〜(笑)



ラストは、なにやらワケありだった冒頭のシーンに戻ります。
ドリスがフィリップに勇気を出すように、一歩前に進むように
用意したプレゼントが、また素敵でした。
私の苦手な悲惨な、悲痛なラストでなくて良かった
障害者を扱った作品をこんなに明るく軽いコメディタッチに
よくも作れたものだなあと感心しました

これ、私の苦手なフランス映画だったんですよねえ(苦笑)
フランス語だったのに英語だったような気がするほど、
私の好きなハリウッド映画(笑)的な感じでした。

感動すると言うよりも、爽やかな後味が残った作品でした。
これは、皆様に、絶対にスクリーンで観て頂きたい作品だと思います
私ももう1回観に行きます


映画の最後に モデルとなった、現在のふたり
(フィリップとアブデル<映画の中ではドリス>)の映像と、
現在の様子もチラッと報告されていました。


オマケ


プレミア試写会と言うことで、開場が3時半、4時から、ロビーで
何かあったようですがそちらには行かず(笑)上映時間が、
かなり遅れたので、その間トイレタイムと思って会場を出たら、
「ゲストの国仲涼子さんです」と声が聞こえたので、行ってみましたが、
人垣で見えず、まあ、特にファンでもないしと(笑)席にもどりました。
上映は、4時半開始でしたが、30分遅れました。
まずは、二人の監督からのメッセージフィルムがあり
続いて、アースウィンド&ファイアのリーダー、モーリスからの
メッセージが読まれました。
<こんなに素晴らしい映画で、自分たちの楽曲が使われて嬉しいと言ってました>

この映画は、2003年、オリヴィエ・ナカシュとエリック・トレダノの
ふたりの監督が、あるドキュメンタリーを見て感銘を受け、
いつか映画にしたいと思い温めていた作品だそうです。
そのドキュメンタリーを観てみたいと感じました。

パラグライダーの事故にあって頸髄損傷になった
フィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴと、彼を介護するために
雇われた若者アブデル(本作ではドリスという名前になった)を描いた作品だ。
 フランスの貴族家系の生まれで、有数のシャンパン製造会社の重役、
妻とふたりの子供に恵まれ、美術品の収集家でもあるという完璧な
人生を送っていた男が、事故で動けなくなり、3年後には妻を敗血症で失う。
立て続けにふたつもこんな不幸が起きたら、多くの人は立ち直れないだろう。
だが、予想もしなかった出会いが全てを変えた。物騒な公営住宅出身の
アブデルは、粗野で気まぐれな若者だったが、フィリッピに生きたいと
いう気持ちを戻させることができる不思議な男だった。
プロダクションノートより

ハリウッドリメイク決定とのことですが、何でもかんでもリメイクは
いかがなものかと思いつつも、作るのであれば・・・
大富豪フィリップは、私のイメージでは、
ダスティン・ホフマン(予告編観た時に、一瞬、ダスティン?と思ったくらいなので)
黒人のドリスは、そうだなあ・・・
16ブロックのモス・デフ、
キンキブーツ
キウェテル・イジョフォーあたりは、いかがでしょうか?



人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★プロメテウス(2012)★ | トップ | ★9月公開の気になる映画★ »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2012-09-01 21:12:20
感動!?物語かとおもったら、
けっこうクスクス笑っちゃいましたね。
でも最後はドリスのヤローにほろりときちゃいました!
こんばんは (ituka)
2012-09-01 23:10:45
ハートフル・コメディだったんですね。
フランス映画なんだけど、フレンチっぽくない印象を持ちましたよ(笑)
主演二人のキャラが最高でした!
パトに追われるシーン、1000万円以上のイタリア高級サルーン乗ってみたい(笑)
こんばんは♪ (yukarin)
2012-09-01 23:52:34
とっても素敵な作品でしたね。
♪Septemberを聴いたらこのふたりが浮んでくることでしょう〜。
内容も良いけど音楽のセンスも良いですよね。
それと何と言っても主演のふたりがさいこー♪

やだ!私も予告編でうるうる来てましたよー(笑)
本編は笑いのほうが多かったけれどラストのドリスの粋な計らいにはうるうるきちゃいました。
はーい! (rose_chocolat)
2012-09-02 00:11:49
お役にたてて何よりです。
私も今日3回目を観たい気になったんですが、諸事情で『コロンビアーナ』にしました(笑)

>「ゲストの国仲涼子さんです」と声が聞こえたので、行ってみましたが、
>人垣で見えず、まあ、特にファンでもないしと(笑)
今回のプレミア、開始が遅れたって聞きましたが、それが原因ですかね? 
映画に関係ないゲストってほんとにいらないです(爆)ちょこっと下手なトークしゃべって終わりでしょ?
それで開映が遅れるなんていい迷惑ですよねー。せっかくいい映画なのに。
後味爽やか (ノルウェーまだ〜む)
2012-09-02 00:48:45
ひろちゃん☆
本当に後味が爽やかで、変に感動巨編にしあげてないところが良かったですよね〜
ひろちゃんのおっしゃるとおり!!

踊りだしたくなるって、ひろちゃんはカラオケも好きだし、体が自然と動いてしまったり、実は結構音楽好きでイケイケ(?)だったのでは??
きゃ♪
えふさ〜ん(*^_^*) (ひろちゃん)
2012-09-02 00:55:20
こんばんは

ものすごい感動巨編かと思っていたら・・・
全然違ってましたが、いい意味で期待を裏切られた
と言う感じでした

そそ、ラスト、ドリスのヤロー(笑)にホロリとさせられちゃいましたよね
素敵な作品でした
itukaさ〜ん(^_^)v (ひろちゃん)
2012-09-02 00:59:47
こんばんは

フランス映画なのに、フランス映画っぽくなかったですよね
だから、私に合っていたのかも(笑)

主演の二人は、最強で最高でしたよね

>パトに追われるシーン、1000万円以上のイタリア高級サルーン乗ってみたい(笑)

あの車ってそんなに高い車なんですか
確かに乗ってみたい
yukarinちゃ〜ん(^^♪ (ひろちゃん)
2012-09-02 01:06:27
こんばんは

内容も良かったですが、音楽が最高でしたよね〜
♪Septemberと♪ブギーワンダーランド聴いたら
当分はこの映画思い出しそうです

そそ、二人の俳優さんも良かった!
最強で最高のキャストでした

>やだ!私も予告編でうるうる来てましたよー(笑)

やっぱり?(笑)あの予告編だと、本編は号泣とか思ってしまいますよねえ
でも、わざとらしい感動巨編になってなかったところが
好きでした

ラストは、ドリスの粋な計らいにウルウルしちゃいましたよね
rose_chocolatさ〜ん (^^)v (ひろちゃん)
2012-09-02 01:13:12
こんばんは
試写状ありがとうございました

諸事情ってなんだろう?(笑)
『コロンビアーナ』もちょっと気には、なっていたんですが・・・面白かったかな?

>今回のプレミア、開始が遅れたって聞きましたが、それが原因ですかね? 

多分そうなのではないかと思います。
予定より15分過ぎてから、上映が遅れると言われ
さらに15分遅れで始まりました

>映画に関係ないゲストってほんとにいらないです(爆)

ほんとですよね。監督のメッセージフィルムとアース〜のリーダーのメッセージ読むだけで良かったです(苦笑)

ロビーで行われたことは、何も見ていないので、他に誰が来てどういうことがあったのかも知らない私です
ノルウェーまだ〜むさ〜ん(^.^) (ひろちゃん)
2012-09-02 01:18:22
こんばんは

こういう作品ですとありがちな感動ものになっていないところに好感が持てました
本当に後味が爽やかで素敵な作品でした

>踊りだしたくなるって、ひろちゃんはカラオケも好きだし、体が自然と動いてしまったり、実は結構音楽好きでイケイケ(?)だったのでは??

ちがう、ちがう(笑)めっちゃ内気で真面目な、自分で言うのも何なんですが、優等生でした(笑)
若い時にできなかったから、今、反動が出て
いろいろなことやりたくなってるのよ〜(笑)
アクション映画と勘違い (iina)
2012-09-02 10:34:11
>いきなりのカーチェイス!これって、アクション映画でも サスペンス映画でもないのに?
予備知識ぬきで観たので、タイトルのイメージのような滑り出しでしたから、効果あったですよ。

>フィリップにかわいそうとか同情はしないし、してあげる的な発想もないんですよね。
偏見を持たずに、対等につき合うことは案外難しいものだと思うので、ずけずけ本音をぶつける辺りが、好悪の分かれ目です。それがフィリップには妙に安心できたというのは、相性が善かったとしか言い方がみつかりません。

Unknown (mig)
2012-09-02 13:40:32
ひろちゃん、こんにちは〜
都内雨ですねー
昨夜は仕事夜中帰宅で死んだ様に寝てました

これ、ほんといいですよね!
2回みてもいいなー
今年のトップ10決定。
実話と違い、黒人青年を主演にした
とこが映画らしいし成功のポイントですね、

っていうかひろちゃん
カラオケのとこでの私へのコメお返事が
笑っちゃったよー
うまいこといいすぎですってば!

こんにちは! (BROOK)
2012-09-02 13:55:21
行きつけのシネコンで上映してくれたので、
本日鑑賞してきました〜♪

初回でほぼ満席状態。
いやはや、これはかなりヒットするかも…。


>とにかく、掴みが上手い

ホントあのカーチェイスから一気に惹き込まれました。
それが終盤に繋がって行くのも良かったですよね。


涙無しでは観られない作品ではなく、
笑い無しでは観られない作品でした。


ドリスの粋な計らいには、拍手したくなっちゃいましたよ(笑)


派手なアクションがなくったって、
こんなにも面白い作品があるんですね。
こんにちは (dai)
2012-09-02 15:03:20
六本木ではなかったですが愉しみました☆

障害とかイメージ的にプラスではないものを
映画として扱うと伏し目がちになることが多いですが、
この作品は全編通して活力を与えてくれるような
明るい作品になっていましたね。その一つの要因が
音楽なんでしょうね。t
先日はありがとうございました! (小米花)
2012-09-02 20:33:16
もう一度ご覧になってから、ブログアップしようと思っていたのですね〜。
試写会って映画館とは少し違う環境ですものね。

二人ともハンカチの用意をバッチリしていましたね(笑)。
見終わったときのほんわか幸せ感が良かったです。

また、ご一緒してくださいませ。
iinaさ〜ん (^_^.) (ひろちゃん)
2012-09-02 21:55:20
こんばんは

確かに、最強のふたりってタイトルは、アクション映画のタイトルみたいですよね。
冒頭のシーンは本当に効果がありました

>偏見を持たずに、対等につき合うことは案外難しいものだと思うので、〜

そうなんですよねすべてが、映画のように、フィリップとドリスのように上手く行くとは限りませんよね。
私も相性があった、良かったと思いました
migさ〜ん(*^_^*) (ひろちゃん)
2012-09-02 22:18:57
こんばんは
今日は、久々に雨でしたね。

>昨夜は仕事夜中帰宅で死んだ様に寝てました

お疲れ様でした。ゆっくり休めましたか?もうお疲れはとれましたか?

migさん、もう今年のベスト10入り決定の作品なんですね
そそ、介護人を黒人に変えたと言うのはインパクトが
ありましたし、映画的にも良かったですよね

>カラオケのとこでの私へのコメお返事が
笑っちゃったよーうまいこといいすぎですってば!

いえいえ、決してお世辞とかではありません。
私でなくても、migさんを知っていらっしゃる方は
皆さんそう思っていると思いますよ
BROOKさ〜ん !(^^)! (ひろちゃん)
2012-09-02 22:27:11
こんばんは

>初回でほぼ満席状態。
いやはや、これはかなりヒットするかも…。

初日もネット予約しようとしたら、前日には、ほとんど
席が埋まってました。日曜日の今日も凄かったんですね。大ヒットしそうですよね

掴みが上手いとBROOKさんも思われたんですね。

>涙無しでは観られない作品ではなく、
笑い無しでは観られない作品でした。

上手い!座布団10枚!(笑)ハンディキャップを持つ
人を扱った作品なのに、笑い無しで観られないって凄いことですよね

>派手なアクションがなくったって、
こんなにも面白い作品があるんですね。

私もそうですが、BROKKさんもアクション映画お好きですもんね。ほんと、アクション映画ではなかったですが面白くて、素敵な作品でした
daiさ〜ん (^з^)-☆ (ひろちゃん)
2012-09-02 22:33:39
こんばんは

今回は、六本木での鑑賞では、なかったんですね(笑)

障害者を扱った作品で、これほど笑って観たことはないような気がします
こういう作品ですと、daiさんがおっしゃるように伏目がちになることやお涙頂戴になることが多いと思うのですが、この作品は、私たちに活力を与えてくれた作品でした

キャスト、音楽、最強で最高で、本当に素敵な作品でした
小米花さ〜ん\(^o^)/ (ひろちゃん)
2012-09-02 22:38:27
こんばんは
こちらこそ、先日はありがとうございました

すごく良かったので、1日なら1000円で観れるから
もう1度観ようと思っていたんです。
そそ、映画館のスクリーンで観たかったので

>二人ともハンカチの用意をバッチリしていましたね(笑)。

タオルを出しておきましたが、そんなに必要ではなかったですよね(笑)

観終わった時の幸せ感、爽やか感、良かったですよね
こちらこそ、またご一緒させて下さいね

Unknown (mig)
2012-09-04 00:12:56
ひろちゃんこんばんは、gooメールにメールいれたんですが
みてもらってますか!?お返事がないので、、、、

ここにアド書くわけにいかないので
私のブログのコメじゃなくてメッセージのとこからメールもらっていいですか?
よろしくですー
migさ〜ん (^^♪ (ひろちゃん)
2012-09-04 15:58:12
今頃のレスですみません
昨日は、PCを開けず、寝る前に携帯で
ブログのチェックしました。
migさんのコメがあったので、何かなと思って携帯から読みました

あわてて、migさんのブログに行ってメッセージしましたが、入っていたかな

gooには、メール来ていませんでした
なぜだろう
おはようございます。 (寝湖世NOINU)
2012-09-17 05:59:10
コメント、TB有難うございました。

もう一度観たい気持ち、よくわかります。
早くTVでやらないか、または、DVにならいかなぁ…
と思っています。

いい映画でしたよねぇ・・・
寝湖世NOINUさ〜ん(^^) (ひろちゃん)
2012-09-17 20:49:12
こちらこそ、TB,コメントありがとうございました

フランス映画なのに、楽しめました(笑)
いい映画でしたよね
できれば、スクリーンでもう1度観たいのですが、
観れるかな?

DVDは購入しちゃいます?(笑)
Unknown (kazoo)
2012-10-26 23:38:54
こんばんわ
そして
TBどうもありがとうございました。

気持ちの良い作品でしたねえ。
リメイクどうしてもって言うのなら
キウェテル・イジョフォーに一票!です。

けれどこの作品
完成していると思うので
もう、ね〜〜〜(笑)

いや
本当に気持ちの良い作品でした!

kazooさ〜ん\(^o^)/ (ひろちゃん)
2012-10-26 23:52:03
こちらこそ、ご訪問、コメントありがとうございます

そそ、まさに気持ちの良いって言う作品でしたよね

>キウェテル・イジョフォーに一票!です。

ご賛同ありがとうございます(笑)でも、リメイクしなくてもね〜って私も思います

ハリウッドのリメイクでオリジナルより良かったっていう作品ってないような気がしますから

こんばんは! (ヒロ之)
2013-03-26 20:32:28
コメント&TB有難うございました!!

やっぱりフィリップ役にはダスティン・ホフマンですよね〜。
イメージにピッタリだと思います。
私もひろちゃんさんと同じでオリジナルの予告観た時、「あれ?ホフマンが出ているの?」って勘違いしちゃいましたもん(笑)。

こういう素敵な作品をリメイクしたくなるハリウッドの気持ちも分からなくもないですが、オリジナルを愛する人にも納得して貰える様なキャスティングを先ずはして欲しいものです。
配役次第では話の展開も若干変更されちゃう可能性はありますからねぇ。
クリスタッカーだと悪意がある台詞を用いて変な方向のコメディになりそうで怖いです^^;
ヒロ之さ〜ん\(^o^)/ (ひろちゃん)
2013-03-26 22:30:16
コメントありがとうございます

>やっぱりフィリップ役にはダスティン・ホフマンですよね〜。

ヒロ之さんも、予告編から、ダスティン?って思われたんですね。ほんと、似てますよね。外見もそうですが
演技も上手いところも似ていますよね

>こういう素敵な作品をリメイクしたくなるハリウッドの気持ちも分からなくもないですが、

そうそう、気持ちはわからなくもないです。でもリメイクされたもので、オリジナルよりいいって言うことは
めったにないような気がします

>クリスタッカーだと悪意がある台詞を用いて変な方向のコメディになりそうで怖いです^^;

彼は彼でいい役者さんだと思いますが、この作品のイメージではないですよね〜
うんうん、変な方向に行ちゃいそうですよね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
最強のふたり (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Intouchables監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・ルフーロ、アンヌ・ル・ニ
最強のふたり (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 固い絆で結ばれた男の友情もたまには良いもんだ。
「最強のふたり」 (或る日の出来事)
よい話ではある。
最強のふたり (新・映画鑑賞★日記・・・)
【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ、ト....
【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) / フランス (Nice One!! @goo)
原題:INTOUCHABLES 監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ 『最強のふたり』公式サイトはこちら。(2012年9月1日公開) 第24回東京国際映画祭『最強のふたり』ペ....
『最強のふたり』試写 (Nice One!! @goo)
2回目の観賞です。 試写会場: シネマート六本木 公式サイトはこちら。 第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。 これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはいるんだけど、思い出すとやっぱりもう1回観たくなっちゃって。 いろいろ応募したらめ....
「最強のふたり」心はひとつ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告を見たときから気になっていた作品。 予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・
心は自由。『最強のふたり』 (水曜日のシネマ日記)
車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。
最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ....
最強のふたり (風に吹かれて)
人生は楽しまなきゃ公式サイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp実話の映画化原作: A Second Wind (フィリップ・ボッツォ・ディ・ボルゴ著/アチーブメント出版) パラグラ
劇場鑑賞「最強のふたり」 (日々“是”精進! ver.F)
固い絆で結ばれた、“ふたり”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209020003/ A Second Windフィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ アチーブメント出版 2012-08-30売り上げランキング : 14504Amazonで詳しく見る by ...
最強のふたり (Memoirs_of_dai)
“最高”のふたり 【Story】 不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探しており、生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた...
最強のふたり ---試写会--- (こんな映画見ました〜)
『最強のふたり』 ---INTOUCHABLES  UNTOUCHABLE---2011年(フランス)監督:エリック・トレダノ・オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。 実話を基に、首...
最強のふたり (もののはじめblog)
「最強のふたり」の試写券を頂いたので、かみさんとふたりで観てきた。 突然に舞い込んだ幸運のため、この作品については何も知らず、タイトルからふたりが大暴れして何かとてつもないことを遣りそうなイメージ。 実際のふたりは、フランスのテレビ番組に取り上げられの....
最強のふたり (to Heart)
さぁ、人生に繰り出そう。 原題 INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 製作年度 2011年 上映時間 113分 監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル・ニ/オドレイ・フルーロ/アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ 車い....
映画「最強のふたり」 (FREE TIME)
映画「最強のふたり」を鑑賞しました。
『最強のふたり』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■...
無敵〜『最強のふたり』 (真紅のthinkingdays)
 INTOUCHABLES  パリに住む大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故で首から下の 感覚が麻痺し、車椅子生活を送っている。新しい介護人として彼が雇い入れ たのは、失業手当受...
「最強のふたり」を観てきましたぁ!  (“寝湖世NOINU”のクタクタ、でも云いたい放題、やりたい放題)
マイレッジがたまってたので、評判のイイ「最強のふたり」 (← 公式HP)を観てきた。8月に、「プロメテウス」でも観ようか・・・と思っていたんだけれど、スルーしといて良かったぁ〜。フランス映画を観るのは、いつ以来だろ・・・「あ面倒くさっ」な仏映画(嫌い...
最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ (労組書記長社労士のブログ)
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた〜(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者...
最強のふたり  INTOUCHABLES (映画の話でコーヒーブレイク)
話題のフランス映画です。 2011年にフランスで最大のヒットとなり、 東京国際映画祭のコンペティション部門で東京サクラグランプリと最優秀男優賞を受賞 セザール賞で8部門がノミネートされ、主演男優賞を受賞 というだけあって人気が高く、 平日なのにネットでチケット...
『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い (映画のブログ)
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...
最強の友情 (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 事故により全身麻痺になってしまった大富豪フィリップ 新たな介護者として不採用通知目当てで来た スラム出身の黒人青年ドリスを採用することにして… いやー まさに良作でした 万人にオススメできる作品で! ...
「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク (はらやんの映画徒然草)
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が
映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー ...
最強のふたり (にきログ)
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね〜 あらすじ 不慮の事故で全身...
最強のふたり (だらだら無気力ブログ!)
とっても良い映画だった。
『最強のふたり』原題の意味 (美容師は見た…)
どういう意味なんだろうと思ったら気になって。。。フランスの原題は『Intouchables』(アントゥーシャブル)と言うことで、これが調べてみると面白い。邦題での「最強のふたり」には違いないんですけど、原題の方がより深いところまで読み取れ、納得します。英語の「Unto...
最強のふたり (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「わ〜観れたの〜ね?ね?あぁそうだよそうだねと腑に落ちた感あ
映画『最強のふたり』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フランソワ・クリュゼ(フィリップ)◆オマー...
最強のふたり (いやいやえん)
口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。 事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人だが、やがて強い絆が芽生えていく、といったストーリー。 実話に基づいているそうで...
最強のふたり (銀幕大帝α)
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス <ストーリ....
1+1 (もののはじめblog)
こんな映画が創られた。 このふたりは 車椅子の大富豪とその介護者 人は相互に欠点を補いあえる 『 1+1=∞ 』 にも なり得る 本当のタイトルは「最強のふたり」