Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

★テルマエ・ロマエ(2012)★

2012-05-05 03:12:22 | 映画(た)行
ひとっ風呂、
タイムスリップしませんか。


映時間 108分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2012/04/28
ジャンル コメディ/ファンタジー
映倫 G

【解説】

古代ローマの実直で誇り高き浴場設計技師が、現代の日本に
タイムスリップして未知のお風呂文化に驚愕し、その知識を古代ローマに
持ち帰るという奇想天外なストーリーで大ヒットとなったヤマザキマリの
痛快お風呂ギャグマンガを「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
「天国からのエール」の阿部寛主演で実写映画化した
ファンタジー・コメディ。共演は「あずみ」の上戸彩。
監督は「のだめカンタービレ 最終楽章」の武内英樹。

人気ブログランキングへ

【ストーリー】

古代ローマ帝国。浴場設計技師のルシウスは生真面目な性格が災いし、
流行に乗り遅れて職場をクビになってしまう。気分転換にと友人に誘われ、
公衆浴場(テルマエ)にやってきたルシウス。
突然そこで溺れてしまった彼は、なぜか現代日本の銭湯にタイムスリップする。
漫画家志望の山越真実ら、見たこともない平たい顔ばかりを前に
途方に暮れるルシウスは、ローマよりも遥かに進んだ風呂文化を
目の当たりにして愕然。やがて古代ローマに戻ったルシウスは、
平たい顔族(日本人)の風呂文化を採り入れた浴場を設計し
大評判となるのだが…。

4月28日(土)公開

公式サイト
 
【感想】 <川崎チネチッタにて鑑賞・5・1・火>
3.8

小さい頃は、銭湯に行っていたことがありますから、日本の銭湯懐かしかったです。
でも、実は、銭湯あまり好きじゃあなかったんですけどネ(苦笑)

そんなことは、ともかくとして、予告編があまりにも面白かったので、
あまり観ない邦画ですが映画館に行きました。たまたま川崎のチネチッタで
観たのですが、ローマのセット(広場とか)がイタリアのチネチッタでの
撮影だと後で知って、川崎のチネチッタで観て良かったとか思ってしまいました(笑)
何の関係もないですが(笑)



で、肝心の映画ですが、面白かったことは面白かったのですが、
予告編が良すぎて期待度MAXだったせいか、ふつうに面白かったと
言う感じになってしまいました
予告編で、すっごく面白かったところが、本編でもすっごく面白かったところの
ほとんどであり、期待を超えるほどの面白さまでは行かなかったです

でも、観終った後、私の前を歩いていた人が「めちゃくちゃ面白かったね~」
とか言ってましたから、予告編を観ていない人には、かなりの面白さなのかも
しれません。



原作は読んでいないのですが、もともと2巻しか原作がなかった頃に
映画化の話があってできた作品のようで、上戸彩ちゃんの役は原作になく、
この映画のために作られたようですが、映画にするには、原作が少なくて、
ストーリーを作るのが大変だったのでは?と感じました。

ですので、この映画の面白さは、ストーリーと言うより阿部ちゃんの表情、
演技力に頼るところがほとんどのように思いました。
阿部ちゃんも出ずっぱりで、阿部ちゃんのシーンは、全て笑えて
可笑しかったです

顰蹙に古代ローマと現代の日本とを行き来(タイムスリップ)する前半は
面白かったのですが、後半は、面白さはトーンダウンしてしまったように
感じました
なので、時間がちょっと長く感じてしまいました。

阿部ちゃんなくしては、成立しなかった映画!とも言える作品だと思いますが、
その他のキャストもお顔がこゆいかたばかりです・・・・

古代ローマ人(皆様お顔がこゆいです・笑)


ルシウス・・・古代ローマの質実剛健な浴場設計技師。
お風呂限定で(笑)古代ローマと現代日本をタイムスリップできる体質に
なってしまう・・・

とにかく阿部さんの出番が多いですから、撮影はすごく大変だったと思います。
阿部ちゃんの心の声も多いので、アフレコは異例の3日間かかったとか
シリアスな演技からこのようなコメディまでこなす阿部さん、演技の幅が
広いです。


ハドリアヌス(市村)・・・第14代ローマ皇帝。
天才と呼ばれ建築家としても優れた才能を持つ。

ケイオニウス(北村)・・・次期皇帝候補として、ハドリアヌスに可愛がられている。
生真面目なルシウスとは正反対の性格で、美しい女性にはすぐに手を出す。

舞台俳優の市村さんですから、オーバーなものいいが皇帝にピッタリで
良かったと思います。
北村さんは、そのまま彫刻にしたいくらいのお顔ですよね(笑)


アントニヌス(宍戸)・・・ハドリアヌス皇帝の側近。
実直で優しく、ハドリアヌスへ強い忠誠心を持っている。

マルクス(勝矢)・・・ルシウスの親友であり、ローマ帝国に生きる職人。


 平たい顔族(現代の日本人)


山越 真実(上戸)・・・漫画家を目指して上京してきた女の子。
実家は温泉旅館。タイムスリップしてきたルシウスと何度も出会う。

彩ちゃんって、こんなに巨乳でしたっけ?お顔があどけないから、そのギャップに
男子は、たまらないのでは?(笑)


山越 修造(笹野)・・・真実の父親。山越屋旅館を経営。

館野(竹内)・・・山越旅館の常連客。体には謎の傷が。。。

笹野さんは、まちがいなく顔が平たい族だと思いますが
力さんお顔は、こゆいと思いますが(笑)


<この他にも、オーデションで100人以上の中から選ばれた
ユニークなおじいちゃんたちがたくさん出て来て笑わせてくれます


期待以上の面白さは、なかったといいましたが、あくまでも期待以上と言うことで
あって、面白いことは面白いんですよ。

まじめにボケまくる阿部ちゃんの絶妙な演技、濃いキャストや平たい顔の
キャスト、壮大な古代ローマのセット、挿入されるオペラ音楽、
現代日本のお風呂がローマにできたらあんな感じになるとか
日本の温泉地もたくさん出てきますし、見どころもたくさんあります
そして、、日本のお風呂文化は世界に誇れる風俗文化なんだなあと、
改めて再確認もできましたしね(笑)
また、阿部ちゃんの肉体美にもちょっと感動しましたしぃ~(笑)
上手い具合にまた股間が隠れるんですわ

デートでも家族みんなでも楽しめる作品だとは思いますので、GW残り
少なくなりましたが、是非映画館で

オマケ

オペラ歌手が居眠りしていて、あわてて歌うところも可笑しかったです

真実の実家の旅館がつぶれそうと言うのは、特に伏線ではなかったんだ・・・

洋画中心に鑑賞する私ですので、邦画を観に行く時は、かなりの期待度で行って
いますんですよね(^_^;)特にコメディは好きなので・・・
期待度MAXで行かなければ、相当楽しめたと思います(^^ゞ

入る時に、小冊子を頂きました。原作者ヤマザキ マリさんの漫画と
阿部ちゃんや彩ちゃんへのインタビュー記事などがあって
ちょっと得した気分になりました


ハドリアヌス・・・ローマを知り尽くした帝国経営者
ケオニウス・・・志半ばで散ったサラブレッド
アントニヌス・・・温厚な皇帝の平和な時代

すべての風呂はローマに通ず



ローマの壮大なスペクタクル感と平たい顔族のギャップ。
それを楽しんで笑って、ハッピーな気持ちになっていただけたら。-武内監督


人気ブログランキングへクリック感謝です
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★5月公開の気になる映画★ | トップ | ★ドライヴ(2011)★ »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2012-05-05 05:49:28
原作は所持済みなのですが、未読のまま鑑賞しました♪

予告編で本編の重要なシーンを結構流していましたよね…
それはちょっと残念だと思いつつ、
それでもルシウスのカルチャーギャップに笑ってしまった。
ウォシュレットのあの表情、最高です!
全て奴隷に例えるあたりも面白かったです。

後半はシリアスな展開になり、
綺麗に纏めていたと思います。

ヒット次第では続編が作られそうな終わり方もグッド。
観そびれた・・ (☆オレンジピール☆)
2012-05-05 20:22:50
家族3人で観に行く予定でしたが、急遽、「おとなのけんか」を私だけ見させてもらいました。
大満足♪

原作が大好きな夫は・・うーん普通かな・・と、言ってました。
阿部ちゃんがシリウスを演じることを楽しむ映画だそうです。

私も漫画を読みましたが、キャストを知って
こゆい面々だけで爆笑しちゃいました^^

次女がこの映画は3D?と聞いてきましたが
肉体美の3Dって、迫力ですね(爆)
BROOKさ~ん \(~o~)/ (ひろちゃん)
2012-05-05 23:16:55
コメントありがとうございます

原作お持ちと言うことは、鑑賞されたので、これからお読みになるのかな?

確かに、ルシウスのカルチャーショック、ギャップには笑わせてもらいました(笑)
後半も綺麗にまとめていたとも思うのですが
コメディ大好き人間なので(^^ゞ面白さのトーンダウンが残念でした

結構ヒットしてるようですから、続編もできるかもしれませんね
☆オレンジピール☆さ~ん (*^_^*) (ひろちゃん)
2012-05-05 23:26:25
コメントありがとう

オレンジさんは、「おとなのけんか」を観て、ご主人と次女ちゃんは、この作品を観たってことですよね?
オレンジさんは、絶対におとなの~は好きだと思った(笑)大満足とのことで良かったです

>原作が大好きな夫は・・うーん普通かな・・と、言ってました。

やっぱり、ご主人とは気があうわ~。私も普通と思ったし、阿部ちゃんのルシウス観る映画だと思います。ほんと、なんでこんなにご主人と気があうんでしょ(笑)

肉体美もでしょうが(笑)ルシウスが水流でグルグル回ってワープするところとかじゃあないのかな
同感~ (ノルウェーまだ~む)
2012-05-06 09:19:00
ひろちゃん☆
阿部ちゃんの演技が本当に大真面目でやっていて余計に笑えたよね。
ほとんど裸ばかりというサービスもよかった!何しろ外人エキストラさんたちより、ずっと美しいギリシャ彫刻のような体型だったし。

確かに前半のぶっ飛んだかんじから、後半はやや失速していたよね。
オペラの歌声が心地よくて、ウトウトしそうになったくらいだったわ。
吾輩的には…、 (mori2)
2012-05-06 13:11:32
予想以上の面白さでした(笑)。
『全編日本語の古代ローマ帝国って、どないやねん!』ってツッコミましたが、そんなこと意に介してたら楽しめませんね、この映画。

とにかくこれはもお、キャスティングの勝利!でしたね。

あ、リンクありがとうございました!
ノルウェーまだ~むさ~ん (^^)v (ひろちゃん)
2012-05-06 15:58:59
コメントありがとう

この映画は、やっぱり阿部ちゃんのルシウスに
尽きると思いました
ほんと、さすがは、元メンズノンノのモデル!
まだ~むが言われるように、ギリシャ彫刻のような体型でした

オペラ歌手の歌声に、ウトウト?(笑)
オペラって眠れるのかな(笑)
mori2さ~ん (*^。^*) (ひろちゃん)
2012-05-06 16:03:51
コメントありがとうございます

予想以上に楽しめたようで良かったですね。
羨ましいです(笑)

そそ、全編日本語ですが、そんなこと言ったら
もうこの映画アウトですから~
そうですね。まさに、キャスティングの勝利だと私も思います

>あ、リンクありがとうございました!

いえいえ。遅くなってしまってすみません。
ひとつ空きができたので、早速にリンクさせて
頂きました
こんにちは~。 (mana)
2012-05-07 14:03:27
ひろちゃん、観ないだろうな~と思ってたら
観てたヽ(*´∀`)ノゎーィ♪
予告編の見せすぎは『ロボジー』を思い出してた。
その時も、観に来て貰うためには…
って話をしたけど、今回もそう感じました。
それでも楽しめましたけどね~。満足です。
阿部ちゃん好きって贔屓目は大きい(笑)

ひろちゃん、スーパー銭湯はえぇどぉ(*`▽´*)ウヒョヒョ
manaさ~ん (^^) (ひろちゃん)
2012-05-07 14:54:50
コメントありがとう
先を越されてしまった(笑)

普段なら観ないんだけど、予告編があまりにも
面白かったのと、コミックがかなり面白いと
聞いて、また阿部ちゃんが主役だし~で観に行きました

そうなのよね~。予告編って難しいよね。
実際私はあの予告編が面白かったから、観たいと思ったわけだしね~
ロボジーもそうだったよね。

私も楽しめたのよ~
でも、大満足とまでは行かなかったかな

>ひろちゃん、スーパー銭湯はえぇどぉ(*`▽´*)ウヒョヒョ

行ってみたいけど、人前で裸になりたくなくて~(爆)
Unknown (yukarin)
2012-05-07 23:57:18
知らずにロケ地で観てたんですね。
予告編かなり観てたけど結構楽しめちゃいました。
阿部ちゃん最高でしたわー。
すっぽんぽん度多し(笑)
うまいこと隠れてましたよね。
それに外国人の中に入ってても違和感なかったのもすごいですね(笑)
yukarinちゃ~ん (^_-)-☆ (ひろちゃん)
2012-05-08 00:25:00
こちらにもコメントありがとう

>知らずにロケ地で観てたんですね。

ロケ地と言うより、名前の由がローマのチネチッタである川崎のチネチッタで観たんですけどね

阿部ちゃんは、サイコーでした!すっぽんぽんなのに上手く隠してましたよねえ(笑)

日本人なのに平たい顔族より、ローマ人の中にあって違和感ないなんて、ほんと凄いって
言うか、こゆい(笑)
面白かったです~ (エビマヨ丼)
2012-05-08 17:11:48
こんにちは~
阿部さんをはじめ 俳優陣が笑えるほどに濃かったですよねーっ

今後はアニメにもハマってしまいそうです
阿部ちゃん (たいむ)
2012-05-08 18:08:45
ひろちゃん、こんにちは。
阿部ちゃんありきだと私も思いますよー。
そして予告編以上の事もないから、期待は禁物ってことで。

まぁ私は阿部ちゃんのプリッとおしりで満足だったし、オペラ歌手みたいな原作とは無関係のネタで笑わせてもらったので、予想以上に楽しめた感じでした。
エビマヨ丼さ~ん (^.^) (ひろちゃん)
2012-05-09 00:24:45
コメントありがとう

とっても楽しめたようで良かったですね

阿部ちゃんのルシウスがサイコーでしたが、他のキャストも良かったですよね

コミックもアニメもハマっちゃいそうですよね

たいむさ~ん (^з^)-☆ (ひろちゃん)
2012-05-09 00:29:14
コメントありがとうございます

そうですね・・・予告編で過度な期待は禁物
ですよね

阿部ちゃんのルシウスありきだと思いますが
他のキャストも良かったとは思っています

オペラ歌手は原作には、ないんですね。
あれは、のだめの監督さんだから作ったのかな?私も好きなシーンでした
こちらに・・・ (マリー)
2012-05-11 21:40:57
いや~~ん・・・ユノにコメントできないじゃない~?(そこ!?笑)
7周年、おめ~~!!!
そしていつの間にジョニーは3位に?せめて2位かと・・・しくしく
なんちゃって~~~。

で、この映画は阿部ちゃんの裸が全て・・・ではなくて~やっぱ役者さんがみんなハマってて楽しかったね。邦画でこれだけローマを描けたらいいんじゃないって思えるカンジでした。
彩ちゃんやおじ~ちゃんたちが良かった。
ショールームのシーンも笑った~!
マリーさ~ん \(~o~)/ (ひろちゃん)
2012-05-12 01:21:45
コメント&お祝いコメありがとう!

ユノの画像トップだから、コメント開けてたら
マリーさんは、絶対にコメくれると思ってました(笑)毎年、毎年、皆様に、おめでとう~って頂くのは申し訳ないと思って、しかも今年は周年記事のネタもなく(苦笑)、それゆえ、初のコメント閉じをやってみました

うん、ジョニーは今3位かなあ。。。と言うか
ロバートと同じ?(笑)
とにかく、今は、ユノ~~~~

さて、この作品、今、原作を読んでいますが、原作読むと、映画は良くできてたんだなあって
わかりました。阿部ちゃん始め、キャストみんな良かったね。お風呂嫌いの私ですが、この作品は好きです(笑)
おはよ! (みすず)
2012-05-25 08:07:09
そうそう、予告で見せすぎ!
だから最近はなるべく観ないように頑張ってるわ^^
なので、楽しめたよ~♪

阿部ちゃん目当てだったから、真面目な顔しながらも驚いたり喜んだりしてる姿はツボでした^^
わたしも小冊子貰いました^^
阿部ちゃん、くるくる本当に出来るのかしらん^^
みすずさ~ん!(^^)! (ひろちゃん)
2012-05-26 23:59:33
コメントありがとう

この作品は予告編観ないほうがより楽しめます
よね

>だから最近はなるべく観ないように頑張ってるわ^^

映画館に行く回数が多いと、見たくなくても、予告編観ることになっちゃうんですよね~

阿部ちゃんは、ハマり役でしたよね。
阿部ちゃんなしでは、成り立たない映画だったと思います

>阿部ちゃん、くるくる本当に出来るのかしらん^^

私も思いました。できるなら、ラムネくるくる観てみたい(笑)
こんにちは (dai)
2012-12-01 12:44:14
アイデア(原作)、キャスト(一部除く)は良かったのですが、どうも笑い含めて空回りのように感じてしまいました。
これが興行で受けていたというのは少し悲しかったです。
daiさ~ん(^.^) (ひろちゃん)
2012-12-02 21:45:25
コメントありがとうございます

興行的には大ヒットでしたが、
daiさんには不評のようでしたね

笑いを含めて空回りと言うのもうなづけます

私はまあまあ楽しめましたが、予告編以上ではなかったです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「テルマエ・ロマエ」 (日々“是”精進! ver.A)
日本の風呂文化が、ローマを救う… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204280002/ 映画 テルマエ・ロマエ ムジカ・コレクティオン サントラ SMJ 2012-04-25 売り上げランキング : 8551 Amazo...
武内英樹監督 「テルマエ・ロマエ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
GW中、唯一の公休だった昨日(4月30日) 面白そうかな?思って1本の映画を観てきました。 オフィシャルサイト⇒http://www.thermae-romae.jp/index.html 【あらすじ】 古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、生真面目すぎる性格が時代の変化に合わ...
テルマエ・ロマエ (こみち)
JUGEMテーマ:邦画      日本人を平たい顔族と呼ぶルシウス。    銭湯やショールーム、温泉で起こす行動には   大いに笑えました。まあ、親友に女房を寝取れれるなんて悲惨な一面もありま...
テルマエ・ロマエ (to Heart)
製作年度 2012年 上映時間 108分 原作 ヤマザキマリ 脚本 武藤将吾 監督 武内英樹 音楽 住友紀人 テーマ曲:ラッセル・ワトソン『誰も寝てはならぬ』 出演 阿部寛/上戸彩/北村一輝/竹内力/宍戸開/勝矢/笹野高史/市村正親 古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭....
テルマエ・ロマエ (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 久々の劇場鑑賞でもあるし、邦画も久々だった。 解説 古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップして しまう、ヤマザキマリの人気コミックを実写映画化。 監督は、『のだめカンタービレ 最終楽章』シリーズの武内英樹、脚...
「テルマエ・ロマエ」浴場スペクタクル! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[テルマエ・ロマエ] ブログ村キーワード  人気コミック原作の実写映画化。“お風呂”をテーマにした“歴史スペクタクルロマン大作(?)”「テルマエ・ロマエ」(東宝)。阿部寛が、古代ローマ人を熱演!いやあ~、濃いわ~(^^;。  古代ローマ帝国では、“テルマ...
テルマエみたよん (ろくちゃんのおにぅなおうち★)
阿部ちゃんのお尻が堪能出来ました
『テルマエ・ロマエ』 阿部ちゃんもお風呂も最高♪ (美容師は見た…)
映画鑑賞した翌日は、速攻ですよ。フロガネ~ゼもアリ~ゼも、思わず銭湯へ癒やされに行きたくなりますってo(≧∇≦)oすると岩盤浴の方にはこんなポスターが、そして脱衣所ロッカーの方には、漫画版の主人公・ルシウスが正しい入浴法を伝授するポスターが。場所が場所だけ...
テルマエ・ロマエ(日本) (映画でココロの筋トレ)
劇場予告を観て気になったので「テルマエ・ロマエ」観てきました。 ( → 公式サイト  ) 出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、勝矢 上映時間:108分  生真面目なルシウスは、世の流れをとらえられず浴場設計の仕事を失ってしまう。 ...
テルマエ・ロマエ (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/04/28公開 日本 108分監督:武内英樹出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、勝矢、キムラ緑子、笹野高史、市村正親 ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。 古代ローマ、アイデアに煮詰まり失業した浴場設計技師のルシウスは、友人に誘われた公衆浴....
テルマエ・ロマエ (だらだら無気力ブログ!)
上戸彩の鎖骨が色っぽい。
テルマエ・ロマエ <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  5月5日(土)に観にってきました~  そりゃもう大変な混みようで 年齢層も幅広かったなぁ   ちびっ子から お年寄りまで 老若男女   アニメを数回見た程度で おおよその内容を把握しての鑑賞です     出演者...
「テルマエ・ロマエ」みた。 (たいむのひとりごと)
特別大ファンと言うわけでもないけれど、原作漫画の既刊分は読了、ノイタミナのアニメ(全3話)も視聴済み。・・ということで、実写映画も阿部ちゃんがルシウスをやるのならばとソコソコ楽しみにしていた。けれど、
テルマエ・ロマエ (Akira's VOICE)
阿部寛のリアクション集。  
テルマエ・ロマエ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
古代ローマの大衆浴場の設計技師が現代の日本にタイムスリップして、最新の風呂文化を古代ローマに持ち込んだりして繰り広げれるコメディだ。単に風呂文化を持ち返るだけでなく、古代ローマの危機まで救ってしまう物語が奇想天外でおもしろかった。
映画『テルマエ・ロマエ』 観てきたよん(*^。^*) (よくばりアンテナ)
原作大好きなんですよね~ 何度も大笑いしてしまうし、何度も読み返したくなる秀作。 過去記事はこちら 果たして、このローマ帝国時代がちゃんとえがかれるのか疑問でしたが、 いやぁ、あのイタ...
テルマエ・ロマエ  監督/武内 英樹 (西京極 紫の館)
【出演】  阿部 寛  上戸 彩  北村 一輝  市村 正親 【ストーリー】 古代ローマの浴場設計技師ルシウスは、ローマ人の風呂好きに疑問を感じていた。絢爛豪華で巨大な浴場は、人で混み合い、のんびりと湯船に浸かる事も出来ない。あまりの騒々しさに湯に潜り、水中で....
エクトプラズム 怨霊の棲む家 (2009) (肩ログ)
THE HAUNTING IN CONNECTICUT アメリカ 監督:ピーター・コーンウェル 出演:ヴァージニア・マドセン、カイル・ガルナー、マーティン・ドノヴァン、アマンダ・クルー、イライアス・コティーズ、他 久しぶりに正統派オカルトホラーです。 CSにて。 息子の病気治療のた...
『テルマエ・ロマエ』 試写会で鑑賞~ (pure breath★マリーの映画館)
                  ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。 『テルマエ・ロマエ』 監督・・・武内英樹 原作・・・ヤマザキマリ 出演・・・阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親 他  【解説】 古代ローマ帝国の浴場...
映画「テルマエ・ロマエ」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
阿部寛の違和感のなさが凄い!!! ローマ人の中にいて、まったく普通に感じられる。 この映画は阿部寛だからこそ成立している。 市村正親のハドリアヌスも絶大なる演技力で違和感も何もかも払拭し...
映画「テルマエ・ロマエ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「テルマエ・ロマエ」観に行ってきました。月刊雑誌「コミックビーム」で連載されているヤマザキマリの同名漫画を原作とした、古代ローマ帝国の公衆浴場「テルマエ」を設計する...
『テルマエ・ロマエ』 時空を超える秘密 (映画のブログ)
 『のだめカンタービレ』で私たちを大いに楽しませてくれた武内英樹監督が、そこでつちかったノウハウを活かして作り上げたのが『テルマエ・ロマエ』である。  誰もが認める本作の最大の特徴は、そのキャス...
『テルマエ・ロマエ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「テルマエ・ロマエ」□監督 武内英樹 □脚本 武藤将吾□原作 ヤマザキマリ □キャスト 阿部 寛、上戸 彩、北村一輝、竹内 力、宍戸 開、笹野高史、市村正親、       キムラ緑子、神戸 浩、内田春菊、松尾 諭、森下能幸、蛭子能...
「テルマエ・ロマエ」 濃ゆい人祭り (はらやんの映画徒然草)
日本の風呂文化というのは世界の中でも類いまれなものだと思います。 江戸時代から銭
テルマエ・ロマエ(2012-058) (単館系)
テルマエ・ロマエ MOVIXさいたま ヤマザキマリさんの同名コミックの実写映画化 調べてみると212-1/12~フジテレビ系列でアニメも放送され 4/13にはBlu-rayとDVDの発売もされたそうです。 ヤマザキマリ...
テルマエ・ロマエ 私も平たい顔族の1人ですわ (労組書記長社労士のブログ)
【=20 -1-】 いろいろとあったGWでした、関越道での高速ツアーバスの大事故で始まり最後は巨大竜巻か・・・しかし素晴らしいことは日本の原子力発電所全てが止まったことだ! 昭和のさまざまな間違いに反省し、メーデーと自分の誕生を皆で祝い、憲法を護ることを改めて...
テルマエ・ロマエ (みすずりんりん放送局)
 『テルマエ・ロマエ』を観た。  【あらすじ】  古代ローマの設計技師(風呂限定)ルシウス(阿部寛)。  仕事熱心な彼は浴場のアイディアについて悩みまくり、そのあげく現代日本の銭湯にワープ!?  彼は現代日本と古代ローマ(風呂限定)を往来出来る体質になっ...
「テルマエ・ロマエ」感想 (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 ヤマザキマリ原作の人気コミックを、「のだめカンタービレ」の武内英樹監督、阿部寛主演で実写映画化。古代ローマの浴場設計技師ルシウスが、何故か日本のお風呂にタイプスリップしてしまうSF(?)入浴スペクタクル。
テルマエ・ロマエ (いやいやえん)
古代ローマの大浴場と日本の銭湯を繋げるというアイデアが秀逸。漫画原作ですが、原作は読んでいません。 ローマ人役として日本の中でも濃い顔の役者を集めた発想も笑えます。阿部寛、市村正親、北村一輝、宍戸開、
テルマエ・ロマエ (銀幕大帝α)
12年/日本/108分/ファンタジー・コメディ/劇場公開(2012/04/28) -監督- 武内英樹 -製作- 亀山千広 -原作- ヤマザキマリ -テーマ曲- ラッセル・ワトソン『誰も寝てはならぬ』 -出演- *阿部寛『ステキな金縛り』・・・ルシウス *上戸彩『あずみ2 ...
テルマエ・ロマエ (Memoirs_of_dai)
上戸彩の存在が全て 【Story】 古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。たどり着いた場所は、何と日本の...
テルマエ・ロマエ (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、生真面目 すぎる性格から時代の変化についていけず、職を失ってしまう。 落ち込んだ彼は、友人に誘われて公衆浴場を訪れるが、そこで 突然、現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこで出会っ たのは...
テルマエ・ロマエ  (Yuhiの読書日記+α)
古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう、ヤマザキマリの人気コミックを実写映画化。監督は武内英樹、キャストは阿部寛、上戸彩、北村一輝、宍戸開、市村正親他。 <あらすじ> 古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師....