三角定規のお部屋

平凡な男子中学生がまんがの紹介をしてみたり(下手くそ) 時々その日の出来事を日記にまとめたりしています、

鋼の錬金術師27巻[最終巻](後半)

2016-12-28 20:56:31 | 三角定規のハガレン紹介
後半では108話(最終話)「旅路の果て」を紹介したいと思います
この回は前回のエドのこのセリフから始まります!!
今まで最強だと思われていたお父様はエドにボコボコにされてしまいます
しかしお父様はさらなる強さを求め最後まで生き残ったホムンクルスのグリードの体内にある賢者の石を奪おうとします
奪われそうになるグリードをリンは必死になって食い止めます
しかしグリードはリンに嘘をついてお父様に攻撃を仕掛けにいきます

グリードはお父様の体内で炭化能力を使いお父様の体をもろくしようとします
しかしお父様によってグリードは消されてしまいます
そしてエドはお父様の体がもろくなった一瞬に渾身の拳をぶち当てます!!
この攻撃によってお父様は消滅します
長かった戦いも終わり、エドには最後の問題が立ちはだかります
エドは自分たちの体を元に戻す上で賢者の石を使わないと決めていてエドはそれ以外の方法であるを元に戻そうと必死に考えます
そこにホーエンハイムが
と言います
このセリフに対しエドは
そしてエドはさらに考えて
ついにアルを元に戻す方法を考え付きます!!
しかし真理の扉では代償が必要です、エドは代償として自分の真理の扉(錬金術)を使います
ついにエドはアルと再開することができます!
アルは元に戻りエルリック兄弟の体を取り戻す旅は終わります
戦いが終わり他のキャラたちも新たに動き始めます

ロイ・マスタングはマルコーと約束をして自分の視力を取り戻せることになり、これからこの国を背負っていくものとして歩んでいきます

リン・ヤオはシンで王となりチャン家(メイたちの家)を受け入れ新たに歩むためシンに帰っていきます

ホーエンハイムはトリシャの墓の前で長かった人生の終わりを迎えます

エドとアルは故郷に戻りウィンリィと再開します
そして兄弟は新たな旅を始めようと考えています
アルはシンへエドは西を旅することになります
そしてエドの出発の日、、エドはウィンリィに告白します
ウィンリィはこう返答します
ここのシーン、めちゃくちゃドキドキしちゃいますww
そして鋼の錬金術師という大作の巻はここで終わります


この巻はハガレンの1~26を全て繋いでくれた最高の最終巻だと思います!!!!
この巻には外伝も収録されていますし最後の戦い、その後も描かれているいままでの巻もそれぞれいいところがたくさんありましたがこの巻はぶっとんで最高な巻だと思います!!
少しでも気になった方はゆっくりでもいいので全巻揃えて読んでみてほしいです!!
ではまた次のブログで🖐

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鋼の錬金術師27巻[最終巻](前半) | トップ | 冬休み日記⑥12月28日「ハガレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

三角定規のハガレン紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。