ぼちぼちやりま!

悪い時が過ぎれば、よい時は必ず来る。
事を成す人は、必ず時の来るのを待つ。
焦らず慌てず、静かに時の来るのを待つ。

左足ブレーキ

2017-08-11 14:51:35 | 社会問題
先日、とある自動車教習所に行ってきた。教官が助手席に乗って教習所コースでの実車テストを受けてみたが「運転に問題はないですよ、一旦停止もちゃんとできています。ただ左折時にもう少しバイクの巻き込み防止で左側に寄るよう心がけてください」ととりあえず及第点をいただいた。問題はこの後に起こった。

ゲーセンにあるよりも安っぽいシミュレーターでのこと。スタートさせたとたん、軍隊調の教官の叱咤が飛んだ。「こら、左足でブレーキ踏むやつがあるか! 教本にも書いたあるやろ!」ビクッとして慌てて右足ブレーキに変えるが、そこに気を取られ動作がぎこちなく、ハンドルさばきももたつく。「あーあ、運転技術以前の問題や!」と追加の罵声を浴びる。66歳のオラが何で50そこそこのおっさんに怒鳴られなあかんねん。こっちの怒りが爆発沸点に達する直前で、シミュレーションゲームは終わった。

   ***

数時間後、そのことを別の教官に尋ねてみた。 「ここでは左足ブレーキは禁止ですかね」と。経緯を話すと「ああ、あのシミュレータの教官ね、彼、札付きなんですわ。本当に申し訳ありませんでした。」そして聞いてきた。「教習所ではAT車は右足1本で指導してるのは事実です。けれど強制ではありません。あなたが免許を取られたときにはどういう指導でしたか?」 「オラの時はマニュアル免許しかなく、最初に買った車がAT車。でいろんな本を読んでみると、海外では左足ブレーキが主流、安全対策からも左足ブレーキにすべきということで、それ以来40年弱ず~と左足ブレーキですわ。」 そういうと「私は経験ないですけど、そんなにいいですか」と重ねて聞いてくる。「制動時間が短い、小回りが利く、踏み間違いがない、何より運転が楽。」と我が意を語ったのだけれど。

   ***

この問題、7年前に書いたころとちっとも変っていない。日本のメーカーは政府を巻き込んで右足ブレーキに徹底させようとしてるようだし、国を挙げての自動運転もいいけれど、ハイブリッド車の(前進で後ろに、後進で前に倒す)シフトレバー問題とともに、何とかならんですかね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よさこい祭り | トップ | 14人でBBQ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL