ON  MY  WAY

50代を越えても迷えるキツネのような男が、スポーツや草花や人の姿にいやされながら、生きている日々を綴ります。

「三匹のおっさん」を読む

2017-08-09 16:29:08 | 読む
「種物図鑑」「阪急電車」
…と書くと、あっ、有川浩の小説だ、と分かる人は多いことだろうなあ。
最初は、「ひろし」だと思ったが、「ひろ」と読ませるペンネームで、女性だと分かったのは、「植物図鑑」を読んでからだった。
その後、「阪急電車」で、各駅での連作短編の物語を楽しく読んだ。
この2作を読んで、読後感のさわやかな小説っていいなあと思ったのだった。

本屋を見て回っていたら、そのさわやかな小説を書く人の作品に、「三匹のおっさん」なる作品があるというのを見つけた。

購入する気になったのは、主人公として最初に出てくる人物が、ゼネコンを60歳で定年退職したキヨ(清田清一)だったからだ。
彼を中心として、同い年の仲間がシゲとノリという人物が出てくる。
だから、自分と同じ年齢の3人が、どう活躍するのか知りたくて、本を買ったという訳である。
キヨは道場もやっていた剣道の達人で、シゲは柔道、ノリは電気工と得意技がある。
自警団を作って活躍する場面もある。
連作短編となっており、毎回の活躍が楽しい。
この3人が得意技を生かすのも面白いのだが、キヨのやんちゃな孫・祐希とノリの娘・早苗の高校生の恋愛感情の進行も面白い。
なんてことはない、勧善懲悪と恋愛と家族の絆と、様々なものが楽しめるのだ。
女性作家の有川さんが、60歳男性や高校生男子の心情もうまく描いているものだなあと、感心したりもする。

そんな訳で、この本にすっかりはまってしまった。
もうすでに、ラジオやテレビでドラマ化されたこともあるという。
肩の凝らない、楽しい作品だ。
続編「三匹のおっさん ふたたび」も楽しむことにしよう。


「ジジイと呼ぶな。おっさんと呼べ。」
いいセリフだなあ、と同年齢の私は思うぞ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寝苦しき夜… | トップ | 最高のサポーターがついている »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あ、知ってる (SunQ)
2017-08-10 04:28:23
「県庁おもてなし課」とかもも映画になってますよね。 この作品はドラマで見てました。ウチの妻も好きです。平均寿命も延びてるので、確かに六十代は「オッサン」で良いのかもしれません。作品中の彼らのように立派な「オッサン」になりたいものです。
おっさん、いいよね (50fox)
2017-08-10 11:45:59
>SunQ様
国外からコメントありがとうございました。
ドラマでは、北大路欣也や泉谷しげるがおっさんを演じたらしいですね。
私も、それ相応の「おっさん」でありたいと思っています。

コメントを投稿

読む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL