ON  MY  WAY

50代を越えても迷えるキツネのような男が、スポーツや草花や人の姿にいやされながら、生きている日々を綴ります。

サッカー天皇杯3回戦

2017-07-12 22:59:25 | アルビレックス新潟
サッカー天皇杯3回戦は、現在J1リーグで首位のセレッソ大阪との一戦だった。

幸い、新潟の本拠地で試合だったから、息子と応援に行った。
試合のメンバーは、新潟は先日の先発と同じ。
つまり、いわゆる、゛ガチ”だった。
対するセレッソは、一軍半のメンバー。

試合は、前半のうちに、新潟が先制した。
試合直前の練習で負傷した山崎に代わって急きょ出場した平松のゴールだった。

しかし、後半開始まもなく、相手にPKを与え、同点とされた。
その後は、新潟がずっと押し気味に試合を進めるも、得点を奪えずに前後半が終了。

そのまま延長となった。
延長前半、新潟が勝ち越した。
やったと喜んだら、その直後に追いつかれた。
心の隙間をつかれたという感じ。
緩むとすぐやられる。
今季の新潟の悪い癖だ。

結局延長の後半に逆転ゴールを奪われ、万事休した。

試合を見に行った観衆は、3,104人と寂しかったが、新潟を応援するゴール裏だけは熱かった。
10年余り前に、当時の職場の近くに勤めていた方に、本当に久々に会った。
その方は、アルビの人気ブログを書いている方だ。
そのいい縁で勝てるかも、と思ったが、残念であった。

もう一歩なのだがなあ。
もう一歩で勝てるのだがなあ。
勝ちきれない、というか引き分けにまで行けないことも悔しい。

しばらく試合がないが、勝利は確実に近づいている。
後半の巻き返しを心から期待したい。
期待できる試合だったと思うのだが…。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年一番の暑さなのに、エア... | トップ | 夕方、30℃の中を13km走る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL