ミミパパとの愉快な日常生活

お父さん・お母さんとの家庭農園仕事や、三太も加わっての愉快で楽しい日常生活等について綴ります

何と云ったら、良いんでしょうか?

2017年03月13日 21時10分16秒 | ペット

 今朝は余り寒くはなかったが、 どんよりとした一日を迎えそうな気配でした 。

                     

 

 

      今日の畑仕事は 

 午前中  お母さんはエンドウ豆の雑草抜き取り作業を

       お父さんは、じゃがいも用の畝作り準備を 

   私は、その作業をノンビリと監視させて頂いておりました。

 

 

私は優しいのか? 鈍感なのか? 真剣に悩んでます

           

 お父さんがジャガイモ畝用に耕したところに、カラスがやってきて

         地中にいる虫などを見つけて、食糧とするんですが 

 

 

私がなんら威嚇などをしないことを、百も承知のカラスは

           平然と私の前を素通りしていきます 

   どう考えても優しいというより、鈍感だ が適切な表現ですョネ。

 

 

 

お父さんはあきれてしまって、私のことなど関知しなくて

                ハウスのトマト用の畝準備作業に取り掛かりました。

有機堆肥などの肥料を散布して、十分な水分を与えなければなりません

    水撒きは、数日後に実施予定だそうです

 

私は畑砂上でしたが、満足出来た朝寝・昼寝をさせて貰いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も晴れたんですが!! | トップ | 私自身は、な~ンもなかった... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yushipapa)
2017-03-13 22:30:19
畑仕事、順調そうですね。
烏さんは、ほんと困りものです。
さくらは威嚇するけど、完全に馬鹿にされてます。
ここまでおいでと言われてる感じかな(笑)
さくらも、上にいる烏は全く気が付きませんが…
まぁ、そんなもんなのだろうとあきらめています。
Unknown (ミミ)
2017-03-14 11:02:11
yushipapaさんへ。
 お父さんの言によれば、このカラスは現在巣作りの最中だそうですし、我が家の者を小馬鹿にしてるようだとのことです。(食料を無料で提供してる恩を感じてないようです)

 私が強力に威嚇活動をすれば別問題ですが、そこまでやる必要を感じてないので、余計怖いという感が無いのだと思います。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL