4-T ~レントの日々~

レントの期間、イースターまで聖句を読んで備える日々の記録

イザヤ書38章17節

2017年03月30日 05時43分32秒 | デボーション
見よ、わたしの受けた苦痛は
 平和のためにほかならない。あなたはわたしの魂に思いを寄せ
滅びの穴に陥らないようにしてくださった。あなたはわたしの罪をすべて
 あなたの後ろに投げ捨ててくださった。

Surely it was for my welfare
that I had great bitterness;
but you have held back my life
from the pit of destruction,
for you have cast all my sins
behind your back.

主イエスの受けた苦難を思い起こすこのレントの期間、罪というものにも真摯に向き合わなければならないと私は思っています。
それでも主は私の魂に思いを寄せてくださる方。
そう確信しています。
そうであるからこそ、2つの神に仕えることはできないのです。
門地によって差別されないとしながら、特別扱いされる天皇制はダブルスタンダードだと思いますし、その矛盾を解消しなければ、国家神道が台頭して、偶像崇拝が強要される日が来るかもしれません。
様々な圧力が予想されますが、神の国を待ち望み、備えていたいと思います。
主イエスに希望があります。今日も頑張りましょう!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エレミヤ書31章28節 | トップ | ペトロの手紙一3章3節から4節 »