日々の想いを

例え辛い日があろうとも 目の前のことをひたすらに坦々と。

親を残して逝った若もの達

2017-03-30 11:07:14 | Weblog

栃木県で起きた、高校山岳部生徒の集団遭難で

また多くの若い高校生や青年教師の命が奪われた。

毎年のように沢山の若ものが、元気で生きるために

計画を立てたりして実践中に命を落とすことが多い。

その他にも訳の分からない者から命を奪われたり

災害などでも、親より先に逝ってしまう子の何とも多い事か。。。

亡くなった本人ばかりでなく、親もその時から未来は奪われてしまう。

我が子への希望の持てなくなった生活は、他の人が幸せであればあるほど

口には出さずとも何と虚しい事か。

今回の遭難事故はあまりにもかわいそうでテレビが付けられない。

亡くなった方々のご冥福と、ご家族の方々の今後の幸せを祈るばかりです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頑張っている北星学園余市高... | トップ | 賢いカラス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL