日々の想いを

例え辛い日があろうとも 目の前のことをひたすらに坦々と。

郵便局網で高齢者支援

2016-11-19 23:50:37 | Weblog

本日の北海道新聞で高齢者社会にとって耳よりの事が書かれてあった。

『日本郵便が高齢者向けの生活支援サービスに乗り出す方針を固め、NTTドコモやセコムなどと8社で新会社をつくることで最終調整に入ったことが18日、分かった。郵便局員による見守りサービスのほか、買い物や健康管理もサポートする。大手企業のノウハウを生かしながら全国の郵便局網を使い、高齢化で膨らむニーズに応える。』

具体的には郵便局員が高齢者の自宅を月1回訪問して健康をチェックし

本人が同意すれば訪問の結果を家族や医療機関に知らせる。

このほか日本IBMは高齢者向けにタブレット端末を開発して利用者に貸出をして

そのタブレットで近くのスーパーなどに商品を注文し郵便局員が届ける。

他にもかんぽ生命や第一生命も健康づくりのアドバイスをするとか

体調を崩した時の管理にはセコムやALSOKの警備員が24時間対応で

駆けつけるなど、思い切った想定と思えることが来年の3月までに

計画されるとの事。

色々と想定外の困難は出るだろうけれど、何とか今後の

高齢者社会のために頑張ってもらいたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消費生活センター出前講座 | トップ | 社会的入院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事