日々の想いを

例え辛い日があろうとも 目の前のことをひたすらに坦々と。

新大臣の失言から見えたもの

2017-08-08 00:00:00 | Weblog

内閣改造で初入閣した江崎鉄磨氏は5日、愛知県で記者団に

「しっかりお役所の原稿を読む。立ち往生より、答弁書の朗読かな」などと話したとのこと。

20年以上も議員を経験して来た70歳を過ぎた者の言うことだろうか!

まぁ、ほとんどの大臣が「その方が無難」と口に出すまでもなく

心の奥深くに収めているのは答弁を聞いていてもよく分かる。

結局はよく言われる、ただ議員として在籍していただけの

「税金泥棒」のお一人だったのか・・・?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父親が許したLGBT | トップ | 驚くべき虐待児の行く末 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事