ayameじいちゃんの日記かな?

今日も今日とて、ayameじいちゃんはお暇な毎日…。
道端で拾った名古屋弁混じりのお話もいいんじゃないかな?

豊洲の地下空間、決めたのは誰?

2016-10-01 11:44:08 | 日記
 豊洲の地下空間の建設を誰が決めたのか???

 小池都知事の会見によると「誰が決めたのか分らない」ということだ。

 そんなバカな調査がまかり通るんだから、都庁はやっぱり「伏魔殿」なんだろう。

 名古屋に住んでるじいちゃんが言うのも何だけど、これが東京都だけならいいんだが愛知県庁や名古屋市役所の中でも同じような体質があるとしたら困りもんだ。

 大村知事や河村市長の声は、マスコミでも取り上げられて県民・市民にもある程度聞こえてくるが、庁内で働く職員の声は全く聞こえてこない。

 以前、何度か県や市の仕事をしたことがあるが担当職員との打合せで、よく聞いたのは「上からの指示でこう変更したい」という要望が多かった。

 もちろん、その段階では知事や市長の意見なんて入ってなかったと思うけど、それを指示した「上の声」は確実にあったはずだ。

 …、ということは「豊洲の地下空間」についても、どこかの段階で誰かの指示があったことは確実だろう。

 それをひた隠しにするのは、担当した職員の出世や何らかの利害関係が潜んでいるとしか考えられない。

 縦割だけで横の関係がなくコミュニケーションが不足してたという話もあったが、それは本当だろう。

 「盛り土」をしないことが、なんで隠されたのだろうか?

 「地下に構造物」をつくると「JV」が儲かるからなのか?

 それとも、都民を惑わせたまま「盛り土」をしたから「安全」だという認識を植え付けておきたかっただけなのか?

 豊洲市場へ移転した後に、「実は盛り土をせずに地下空間がある」と言えば多少は問題になるだろうけれど移ってしまったものは仕方ないで済むと思ったのか。

 まあ、かかわった職員たちは真実は話さないだろうから、この問題は「闇から闇へと」葬られてしまうんだろうね。

 小池知事が東京オリンピックのために建設する3会場を費用面などから「計画を見直す」という話しをしたら、組織委員会の森会長が猛反発してる。

 自分が主導してきた大金がかかる施設建設に反対されたから怒ってるとしか思えない。

 将来の東京都民や国の負担を考えたら、ちっとは妥協してもいいと思うのだけど…。

 森さんは東京オリンピックの際に「これは俺が造ったもんだ」と自慢したいだけじゃないのかなぁ~。

 こんなことならオリンピックなんてやらなきゃよかったと言われないようにして欲しい。

 2026年のアジア大会が愛知・名古屋の共同開催地に決定したが、これだって県民や市民にとって本当にいいことかどうか分らない。

 実際に、アジア大会が開催される時には大村さんも河村さんもいないだろうから、もし失敗したら一体誰が責任を取ってくれるんだろうね?

 巨大イベントには、巨額の費用が必要だ。

 準備中は会場建設などで活気があるかもしれないが、その後に残されるのは多額の借金とペンペン草が生えてる競技場しか残らないことを皆んな知ってるはずなのに…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涼しいなぁ~ | トップ | グランパス、降格圏を脱出… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事