ayameじいちゃんの日記かな?

今日も今日とて、ayameじいちゃんはお暇な毎日…。
道端で拾った名古屋弁混じりのお話もいいんじゃないかな?

ますます募る政権への不信感

2017-06-17 10:32:51 | 日記
 昨日の参院予算委員会の集中審議のTV中継を見て「政権に対する不信感を募らせた方」も多いでしょう。

 加計学園問題の文書を認めた文科大臣と文書はなかったと話す地方創生大臣の答弁の差には、呆れかえりました。

 どっちが言ってるのが真実なのかは定かではありませんが、文科大臣が同省の官僚たちの声を反映した答弁をしているのに、地方創生相の答弁は「文科省から出向してきた同省職員が本省にご注進した」とか言って、野党議員から非難轟々でした。

 安倍首相の答弁も謝罪などなく「私が指示したことは一切ない」とこれまでの発言を繰り返すばかりでした。

 また、野党の質問に対して的確な答えを出すことなく、議論をすり替える場面も多くて、これまで強行採決してきた重要法案の審議の際と同じような光景が繰り返されていました。

 この内閣…、野党ばかりでなく、本当に国民をバカにしてる内閣だと思わざるを得ません。

 国民の不安を煽るように仕向けて「集団的自衛権の容認」や「特定秘密保護法」「防衛関連法」を強行採決し、同じように今国会では、世界中で起こっているテロを防止するためと称して「共謀罪」を成立させてしまいました。

 「共謀罪」の採決なんて、参院法務委員会の採決さえ、すっ飛ばして「中間報告」という荒技を使い可決・成立させるという国会軽視も甚だしいやり方でした!

 国民は、なぜこんなやりたい放題の安倍内閣を何で支持してるんでしょうか?

 「他に適当な人がいない」というのが多くの人たちの意見らしいですが、今の状況はあまりにもヒドスギルと思いませんか?

 オリンピック・パラリンピックの開催国を決めるためのプレゼンテーションで、安倍さんが「福島(原発)は完全にコントロールされている」と嘘をついてまでオリンピック・パラリンピックの開催地を獲得した日本…。

 総裁任期を延ばしてまで、2020年東京オリンピックの時の首相という名前を残したい安倍さんの気持ちは分らんではないですが、今を生きる国民と将来の国民にとって、これほど危ない総理大臣は戦後いなかったでしょう。

 「共謀罪」が成立して、官憲は「通信傍受法」の網を縫って「国民」を監視する社会になるでしょう。

 「通信傍受法」を改正して、「誰がその対象」になり、「裁判所の令状」がなければ勝手に捜査できないなどが確立されていないのに、やってしまうのが日本の警察です。

 麻薬関連捜査で「GPS」を捜査対象者の車に勝手につけて逆に訴えられた警察がいい例です。

 バレなきゃ何でもありの日本の捜査当局ですから、野党議員が不安に思うのも当たり前です。

 下手すりゃ、与党議員の携帯やメール、LINEなども勝手に捜査されて、警察機構に何か不祥事があった時には「議員たちに脅し」を掛ける道具として使われるかもしれません。

 後から「こんな法律」作るんじゃなかったと後悔しても、遅いんです。

 政権が官憲を使って国民を監視できるということは、官憲が「為政者」をも監視することができるということだと、多分おバカな議員さんたちは気づいていないんでしょう。

 与党と野党が選挙で入れ替わったら、自分たちの身が危うくなるのも知らず…。

 今、国民が頼る情報源は、公に認められたマスコミだけ…。

 しかし、現状は政権に牛耳られて「真実」が伝えられるのは、極わずかです。

 じいちゃんの書いてるブログの内容も、あくまで「こういうことだろう」という推測の域を出てません。

 でも、大学時代に少しだけ法律の勉強をしたじいちゃんが思うに、この数年で「日本の将来を悪い方向へ向かわせる」要素になりかねない法律ができてしまったというのは事実です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女優・野際陽子さん死去… | トップ | プロ野球交流戦も最終戦に… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む