ayameじいちゃんの日記かな?

今日も今日とて、ayameじいちゃんはお暇な毎日…。
道端で拾った名古屋弁混じりのお話もいいんじゃないかな?

劉氏の死去後…

2017-07-15 10:38:18 | 日記
ノーベル平和賞受賞者で中国民主活動家の劉暁波氏が13日が亡くなりました。

 年齢は61歳だそうで、じいちゃんと同い年です。

 独裁政治を続ける中国共産党にとっては、彼は目の上のたんこぶ…。

 多くの人民を煽動する彼らにとっては強敵でしたが、長期間の獄中生活で体調を崩してしまいました。

 さて、劉氏の死去後、彼の支持者らは政府から軟禁状態になっているというニュースが流れています。

 また、遺族には「火葬にして海へ散骨せよ」とか、「他国で解剖するな」ということが言われているそうで、もし墓所ができたら活動家のシンボルになってしまうかもしれないという恐れと、「解剖」したら獄中で「何か悪さ」をしてたことが分かってしまうからかもしれません。

 中国政府が若者たちを弾圧した「天安門事件」は、中国の悪しき歴史として世界中で認識されていますが、国内では教科書はもちろん、ネットからもすべての情報が削除されているらしく、中国の国民はほとんどがその事実を知らされていないそうです。

 本当に「闇が深くて怖い」話です。

 それに比べりゃ、安倍内閣の「闇」なんて可愛いもんかもしれません。

 国会で野党が追及したり、マスコミも連日「不正があったんじゃないか」と記事や映像を流してるんですから…。

 それに「東京都議選」で都民は自民党に鉄槌を食らわしたし、安倍さんも支持率が激減して焦っているようです。

 これまで、やりたい放題だった安倍政権にも陰りが見え始めてきました。

 問題は、自民党の受け皿になる政党が今のところ見えていないことと、自民党内部に安倍さんを蹴散らせてやろうという政治家が存在していないことです。

 安倍さんの後を狙うために、自民党内では派閥活動が蠢き始めているようですが、どうなるんでしょうか。

 中国でこんな政権批判をしたら一発で手が後ろに回ってしまいますが、そんなことは日本ではないでしょうから、「なんとなく自由だ~」と国民は安心しています。

 ただ、もう少しまともな政治家さんに日本国を引っ張って行ってほしいとみんなが願っているでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記録的短時間大雨情報?! | トップ | ドルトムント、J1浦和に勝利… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む