ayameじいちゃんの日記かな?

今日も今日とて、ayameじいちゃんはお暇な毎日…。
道端で拾った名古屋弁混じりのお話もいいんじゃないかな?

初期の緑内障だってぇ~…

2016-09-15 14:31:02 | 日記
 午前中に半年おきの目の検査に行ってきました。

 今回から、これまでの中堅主治医から30代前半の若手医師に主治医が変わりました。

 2010年に「白内障」の手術をしてから6年がたち3カ月ごとの定期検査が今年から6カ月ごとに変わったばかりなのに、今日は診察前の検査で「眼圧」がいつもより少し高めだったようで、「目のCT」と「眼底写真」が追加されました。

 そのデータを見た新主治医が「眼圧」の再検査(目に麻酔をかけて眼球に器具を当て眼圧を測定する)と通常の眼底検査をしてくれました。

 結局、糖尿病からくる網膜症は進んでいなかったものの、視神経が少しだけ欠損してるようで「初期の緑内障」という診断でした。

 ということで詳細な検査を受けることを勧められ、10月は広域の視野検査、11月は狭域の視野検査の2度検査を行い、その結果で治療をしようということになりました。

 以前に「緑内障」で手術したお友達がいましたので、「どんな治療になるんですか?」と聞いたら、「早期発見なので、目薬による治療になるだろう」とのお話でホッとしました。

 「白内障」の際に、随分進行してから病院に行ったので即手術といことになってしまいましたが、今回は定期検査を受けてたので早めに発見できたようです。

 それにしても「眼圧」の微妙な変化で「緑内障」が分るなんて知りませんでしたので、いい勉強になりました。

 一病息災とはよくいったもので、糖尿病になった際に今もお世話になってる主治医に「俺はいつまで生きられるのか?」と聞いたら「管理さえすれば(毎月の)、天寿を全うできます」と言われたので、安心したのを思い出しました。

 あれからもう25年以上が経ちますが、普通の人より「白内障」になるのは早かったものの、それ以外には毎月の血液検査でイヤな結果は出ず、今回は「白内障」の簡単な手術(両目に水晶体の代わりになる人工レンズが入ってます)のお陰で早期に「緑内障」が見つかったりして、やっぱり定期的に病院通いすることも大切だと思った次第です。

 何か体に変化があったら、早目に病院に行ってくださいね。

 じいちゃんのように体調が悪くても我慢してて、糖尿病が進行してしまったり、明るいと目が見えにくいのに我慢してると「白内障」進行して、結局手術なんてことにならないようにねぇ~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボッチャ?? | トップ | 蓮舫さんが民進党代表になる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事