趣味の小部屋 (AudiFill公式ブログ)

スピーカー専門ブランド「オーディフィル(AudiFill)」の公式ブログ。 (管理人:カノン5D)

集まれ塩ビ管スピーカー・関東オフ会2017 「S-063 PR-10 塩ビEdition」

2017年04月21日 22時36分39秒 | オーディオ訪問記(OFF会、店舗)
いよいよ、「集まれ塩ビ管スピーカー・関東オフ会2017」が来週になりましたね。

・日時:2017年4月29日(土・祝) 10:00頃開始(9:30開場)16:00頃終了予定。
・会場:横浜ラポール 3階ラポール座(視聴覚室)
・交通:新横浜駅 徒歩10分
・会費:無料(塩ビ工業・環境協会協賛)

http://www.enbisp.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=94


私も、発表を予定していまして、
「S-063 PR-10 塩ビEdition」を持参します♪



これは、AudiFillのスピーカー「PR-10」をベースとした作品です。
ダクトを塩ビ管に変えたので、これはこれで存在感が出ていますw




ベースとなった「PR-10」は、
設計上バスレフダクトがφ12mm×2と、かなり小さめです。

振動板面積と比較して、10%ほどのダクト断面積となりますね。



本体サイズや、設計意図から適正値を出したのですが、
一方で、「突き抜けたモノ」も聴いてみたいものです。

そこで、この塩ビ管の機会に作ってみることにしました。


「S-063 PR-10 塩ビEdition」では、8cmフルレンジ(振動板面積28cm^2)に対して、50%程度と、やや大きめのダクトを用意します。
具体的には、内径43mm(面積13cm^2)の塩ビ管を使うこととしました。


ご存知の通り、
ダクトの共振周波数は、ダクトの長さで決められます。

上手く調整すると、断面積の大きく違うダクトでも、
同じような共振周波数とすることができます。

こんな感じ。(ディップの部分が、共振周波数)



ちょうどピッタリに持ってくることができました。

そして、外見はこのとおり。




こんなノリで作った作品ですが、
ぜひ聴いてもらえると嬉しいです。

それでは、塩ビ管オフ会でお会いしましょう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 45°カット | トップ | 塩ビ管スピーカーオフ会に向... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たてちゅう)
2017-04-22 11:40:52
いつもありがとうございますm(__)m
塩ビエディション聴くの楽しみです。
当日は宜しくお願い致します。
コメントありがとうございます。 (カノン5D)
2017-04-22 18:38:17
たてちゅうさん

コメントありがとうございます。
こちらこそ、楽しみにしています。 今年も多くの作品が聴けるイベントになりそうですね!

カノン5D

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。