趣味の小部屋 (AudiFill公式ブログ)

桧スピーカー工房「オーディフィル(AudiFill)」の公式ブログ。 (管理人:カノン5D)

FE83Solレビュー / 試聴会のタイムテーブル更新

2016年09月18日 11時17分57秒 | AudiFill 情報
自作スピーカー派の間で、今注目のスピーカーユニットといえば「FOSTEX FE83Sol」でしょう!(FW-HSシリーズも忘れてはいけませんが・・・)


ちょうど私の手元にも届いたので、早速試聴してみました。


(写真:AudiFill「PR-83(Sol)」)

まず、見た目・・・あれ?結構違いますね。。。

フレームのせいか、センターキャップの接着剤のせいか、
FE83Enより、FE83Solのほうが一回り大きく見えます。

ちなみに、ステレオ誌のM800は、ゴム製のエッジが大きいために、
振動板サイズとしては、83系より小さく見えます。(少なくとも見た目上は)


試聴してみると、FE83En→FE83Solの違いは、
情報量と帯域バランスにあると感じました。

FE83Enは、従来から親しまれているボーカルに張りを持たせた鳴りっぷりで、
これはこれで、結構いい感じです。

FE83Solを聴くと、今まで聞こえてこなかった情報が、しっかり描かれているのが大きな違いと感じました。
歪感も抑制され、バランスとしてはFE83Enよりワイドレンジに聞こえますが、ボーカルの存在感はそのままなのが嬉しいですね。 単純に「振動板をデッドにして、低歪にしました」という改善ではなく、本質的なところの改善(銅キャップとか?)が効いているのでしょう。

FE103Sol,FE108Sol,FE83Solと聴いていると、
「Solっぽい音」というのが何となく理解できる気がします。
それは、紙臭さが抑えられ、情報量と粒立ちが良好で、Enの音離れの良さは維持といったところでしょうか。

FE-EΣ系のサウンドが好きな私にとって、
「Sol」の音は、「Enの扱いやすさにEΣの低歪さが加わった」という感触もあります。

とはいっても、やはりFOSTEXの紙コーン。
「簡単に低音が出ますよ」という甘口ではないので、
ここは自作派の腕の見せ所になりそうですね!
------------------------------------------------

さて、10月1日の「第2回 オーディフィル試聴会」に向けて、
着々と準備を進めています。
(概要はこちら。 会場への行き方はこちら。)

今日は、そのタイムテーブル(詳細版)を公開します!


詳細は、後日ブログでお話ししようと思います!
(詳細情報をこちら(9月23日の日記)にupしました。(9月23日の日記))
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桧でスピーカーを作る(後編... | トップ | 第2回試聴会の詳細情報 / ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。