JUNK MODEL<ジャンクモデル>

アメ車プラモデル(40~60年代を中心)を管理人が好き勝手に紹介していきます。

CAT ブルドーザー RC化 No.4

2017-06-25 | アメリカントラック
梅雨入りして嫌な時期になりましたね。

ブルドーザーは相変わらず仮組みの繰り返し。
履帯を取り付けてみた。


車体裏側はこのような感じになってます。
スイッチ部分にon/offをインレタを入れてみました。
戦車キット付属のスイッチなんですが
何故かon/off表記がされていません。


バッテリーは単三4本を使って駆動させる仕組みなんですが
このブルドーザーにそのような空きスペースはありません。


単三から単四4本に変えて出来るだけ小スペースにしていきます。
まず2本は後部燃料タンク部分が使えそうなのでこのスペースを
利用することにした。


何とか収納可能。


残り2本はラジエーター部分に移植。


ラジエーター部分を加工して単四2本が収納できるように加工。
グリルも装着できます。


後部にギヤBOXや電池が集中しているので
フロント部に電池を配置して重量バランスが良くなるかも・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CAT ブルドーザー RC化 No.3

2017-06-11 | アメリカントラック
各パーツをマスキングテープで仮留め。
こんな感じになるのか・・・結構大きいです。


RC化に向けて重要な履帯に手を加えていきます。
キットの履帯は1個づつ組み上げていくタイプ。
5個ほどパチンパチンと組み上げた状態。


この履帯、よく見ると履板の厚みが太いかも。
ヤスリで削り少し薄くしてみたのが、写真後ろにある履帯を組み上げたもの。
しかしこの履帯、片側42個、両側で84個削るのは大変苦労しました。


履板にリベットを接着して雰囲気を出してみた。
1つの履帯に4個のリベット。老眼には辛い作業・・・


転輪が履帯に上手く回転するように加工していきます。
キットの転輪は厚みが薄く、そのままでは履帯から外れてしまう可能性があったので
転輪にプラ板を巻いて厚みを出して対応。


駆動用動輪(起動輪またはスプロケット・ホイールって言うらしい)が
上手く履帯と噛み合うように、履帯に1.5mm真鍮線を差し込んでみた。


こんな感じ。


少し間隔を空けないと上手く起動輪と履帯が動かないかもしれないので
2個間隔を空けてみた。


早く組み上げてモーターで回転させてみたい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

CAT ブルドーザー RC化 No.2

2017-06-06 | アメリカントラック
駆動用ギアボックスの場所は初めから決まっていたのですが
それ以外にブレードを上下可動させるためのギアボックス
と受信ユニット、さらには動力となるバッテリー(チーフテンは
単三4本使用)ボックスを収納させなければなりません。


エンジンレスにするなら比較的簡単に内蔵できるのですが
むき出しエンジンはブルドーザーの魅力でもあるので
これは譲れない。延々といろいろなスペースを検討して
操縦席下のスペースに無理やり押し込む事で何とかなるかも。


仮組状態。
やはり、きちんと寸法を測っていかないとダメですね~。
でも現物合わせは得意なほうなので何とかしていきます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CAT ブルドーザー RC化 No.1

2017-06-04 | アメリカントラック
この前パワーショベルのRCを買ってから
RCの面白さにハマってしまった。
しかし、RCとはいえ1/16~1/18のサイズは
少し大きすぎるので、1/25のサイズは無いものかと
いろいろ検索するも元々RC建機自体がマニアック
すぎるのか、ドイツ製の本格的な物や高額なものばかり。

久しぶりに「無いものは作ってみる」の精神がムクムクと
湧きあがったきた。
じゃあ、手始めにトラックなんぞをRC化と思ったが、
ここはやはり建機をやってみたい。
しかし、家にあるのは貴重なamtのブルドーザー。


このキット再販された時にたまたまゲットした1個。
その後再販は全くされないのでかなり悩んだが
ここは思い切ってRC化に向けた改造をやってみたいと思います。
RCユニットは1/25タミヤRC戦車チーフテンのRCユニット4チャンネル
を利用します。

RC化に伴いフレームを強化しなければなりません。
プラ棒を裏側から補強。


駆動系のモーターを2個収めるための場所を作っていきます。


この部分にタミヤ楽しい工作シリーズのNo.189
ミニモーター低速ギアボックス(4速)2個をこの部分に
収めます。このギアなら低速走行用には丁度良さそう
なのと、何より小型のギアボックスが良いです。


このブルドーザーは1/25キットですが、
ギアボックスやRCユニットを収めるには
少しのスペースしかなく、かなり苦労しそうです。


どうなることやら・・・



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイ1953 FORD F-900 No.11

2017-02-19 | アメリカントラック
錆表現をやっていきます。

以前ググっていたら塩マスキング?なる方法があること知ったので
一度実験してみることにしました。
やり方は、塩に少量の水を含ませて錆を表現したい部分にふりかけます。
その上から塗装を行い乾燥後に塩を落とせば、
塗装の剥がれが表現できるようです。

じゃあ、早速やってみましょう。
霧吹きで水を染み込ませた塩を適当にふりかけていきます。




ボディーカラーはオレンジにしてみました。
塩をふりかけた後に、さらに軽く水を霧吹きで吹き付けて
おかないと、エアブラシの圧で塩が吹き飛んでしまうので
その辺りに注意が必要かと。
塩が十分に乾燥した後に塗装を行います。


乾燥後、塩を洗い流してみるとこのような感じになります。


このままだと、ルーターで傷を付けた部分が目立ちますね。


ここから、傷を付けた部分にチッピングを施していきます。
タミヤのウエザリングマスターやパステル粉を擦りつけたりして
ようやく、それっぽい感じになってきました。
















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1953 FORD F-900 No.10

2017-02-12 | アメリカントラック
2月初めにインフルに罹患してダウンしてました。
ようやく体調も復活してきたのでプラモ再開。

使い古された車体にするため、荷台をルーターでガリガリやっていきます。


ちょっとやり過ぎかも・・・


ボロボロになってしまった・・・


砕石や砂利を積み込むので内側もガリガリと・・・


ボディーカラーではありません。
下地に茶色を塗ってみました。


キャビンも同様に茶色で下地を作っていきます。


フェンダー上のウィンカーは
パイプタイプのプラ棒にレンズを入れて作りました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1953 FORD F-900 No.9

2017-01-22 | アメリカントラック
フォードトラックの続き。
エンジンの汚し塗装をやってしまった以上
必然的にシャシーもやっていきます。
全体的に使い古され錆が浮いている感じにしていきます。


3,4種類のピグメントとパステルを使い分け
錆や埃・土を表現してみまいした。


エンジンを搭載。


ウェザリングはやり過ぎに注意ですね。
自然な汚れになるように行っているつもりですが、
失敗も多々発生。まあ、修正はしやすいですが・・・









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ポチっとやってしまった・・・

2017-01-16 | ひとり言
以前から気になってた物をついついポチっと。
また悪い癖が・・・

それは油圧ショベル又はパワーショベルと言われている建機モデル。


写真の通り、結構大きいサイズ。
1/18と表記されているが、ひょっとして1/14位かも。


何を隠そう、これは建機ラジコンです。
写真に写っているのが、プロポもどきの送信機。
うーむ、ゲームのコントローラーみたいな・・・


この送信機をみると、トイっぽい感じですが、
15チャンネルで各部位が可動させることができます。
バッテリーはこのように後部に収納させます。


一回の充電で、約15-20分位可動すると書いてあります。
ブームを一杯まで上げてみると、このような感じ。
なかなか迫力があります。


精一杯下げて、この位いきます。


可動部位はアーム・ブーム・バケットはもちろん、
アッパーフレームの回転やクローラーも前後左右も出来ます。
また、ディーゼルエンジンの音も出ます。
バケットはアルミ製で、重量感があっていい感じ。


童友社の2.4GHz 1/18パワーショベルと同じだと思われますが
ロープライスです。
タミヤの1/14 RCビッグトラックシリーズと組み合わせたら
丁度良い感じになるんでしょうが、RCトラックは高価だし
これまで手をだしてしまうと・・・マズイでしょ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1953 FORD F-900 No.8

2017-01-04 | アメリカントラック
本年も宜しくお願い致します。

名古屋オートモデラーに未完成で持っていき
そのまま放置状態であったフォードトラックを
今年一番目の作業とします。

キャビンは細かい傷を修正し、ようやくサフまで終了。


エンジンはライトブルーで塗装。
これが正しいのかどうかわかりませんが
なんとなくイメージで。


シャシーはブラック。


また悪い癖が・・・
エンジンを少し汚してみました(笑)


排気管はサビサビに。
もう少し油汚れを出してみようかな・・・


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も終わりか~

2016-12-31 | ひとり言
ほとんど更新しないブログに遊びに来て頂いた皆様
有難うございました。

来年はもう少しアップしていきたいところですが、
それより作らない在庫の整理もしていかなければ・・・

まあ、のんびり好きな物を作っていこうと思っていますので
来年も宜しくお願いします。

唯一今年完成させたマーキュリーワゴン。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加