マッタリ風景

散歩写真と戯れ言のブログ

Power of popular song.

2017年03月15日 | 散歩写真




We will not able to look up this word in dictionary.
「辞書にのっていません」

今日の朝聴いたラジオ番組からの受け売りです。
その番組は、毎週水曜日、森田正光さんが気象のウンチクについて語る番組です。

お題は「辞書で引けない言葉」でした、その言葉というのは「なごり雪」です。
多分、春先に降る、最後の雪が「なごり雪」を表すと思います。
でも、この言葉はまともな辞書には載っていないそうです。

なぜなのか、それはこの言葉が最近作られた造語だからだそうです。
誰が作ったのかというと、作詞家の伊勢正三氏です、そうですイルカがヒットさせた「なごり雪」の歌詞ですね。

「名残の雪」という言葉はあるそうですが、そこから"の"を抜いて作詞したらしいです。
とあるウエブサイトに伊勢正三氏のインタビューが掲載されていましたが、やはり当初は"の"を抜いたことに対して、相当批判があったと言っていました。
でも、歌謡曲のチカラは凄いですね、今は誰も不思議に思いません。
遂に、気象協会が選定する、季節の言葉になったそうですからね。

「なごり雪」は、森田さんによると1975年3月12日にリリースされたと言っていました。
東京地方で、なごり雪が降る平均は、3月11日だそうです。
だから、リリースもそれを考えてのことじゃないかと想像していました。

ウェブ検索すると、歌謡曲で歌われたがために、読み方が変化した言葉が結構あるようです。
花街は、多分「はなまち」と読む人が多いと思いますが、これは「かがい」が本来の読み方です、花街の母が影響しています。
また、白夜を「びゃくや」と読むのも、例の大ヒット曲(知床旅情)の影響です。
精霊流しの「しょうろうながし」もそうですが、本来は「しょうりょうながし」が正解のようです。
だって、悪霊は「あくりょう」と読みますから、精霊も「しょうりょう」でしょうね。

まあ、言葉は時代とともに変化しますから、余計なウンチクではありますが。
でも、歌謡曲のパワーは凄いなと思いました。

写真は、この前の日曜日に訪れた、月岡わくわくファーム(新発田市)で撮影しました。
まだまだ、雪が残っていました。
それに、あるお店を見た時変な感じがしたのですが、理由はひさしがなくなっていたことです。
なんと、雪の重みで倒壊したようです、恐るべし雪のパワー。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホワイトデー | トップ | 常備薬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。