マッタリ風景

散歩写真と戯れ言のブログ

読めません

2017年02月13日 | 散歩写真




It is too small letters to read.
「文字が小さすぎるよ」

私は、視力が弱くて、いわゆる近視です、さらにとっくの昔に老眼もですが。
ただ、近視は生まれつきではありません、若い頃は視力は軽く1.5ありました。
悪くなったのには原因がありまして、それは読書です。
読書と言っても、勉強のためであればよかったのですが、好きなジャンルを乱読する役に立たない読書でしたが。

その読み方に問題がありました。
子供の頃はきちんとした姿勢で本を読んでいたのですが、大人になるに従って、寝て本を読むようになりました。
暗い環境で、本を目の近くに寄せて読むのですから、当然視力が悪化していって、今や完璧な近視になっちゃいました。
ちなみに、この悪癖は、今も健在です。

キャプチャーした画像は、ポワロの文庫本です。
文庫本の文字は小さいのですが、最近の文庫本は上の画像のように、少しは大きめに印刷してあります。
この前の土曜日、図書館へポワロの本を借りに行って、同じ題材の本が2冊ありました。
片方は貸出中だったので、もう一冊を借りることにしました。
ところがです、文字がとても小さいんです、それが下のキャプチャー画像です。
こちらは、発行年が古くて、昔の文庫本でした。
どうしようかと迷ったのですが、結局借りて帰って、読みました。
やはり、小さな文字は、目が疲れます、近視に老眼がプラスされると、本当に小さな文字に焦点を合わせるのが辛いです。

この同じ題材の本、実は同じ本棚に置いてありませんでした。
小さな文字の本は、とんでもない所に置いてありました。
それは、ジュニア層用の本棚なんです、子供は視力が良いのでしょうが、こんな小さな文字を読んだら、視力が落ちる可能性があります。
図書館は、一体何を考えているのか、ちょっと不思議でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そんなに遠くない | トップ | 大好物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散歩写真」カテゴリの最新記事