マッタリ風景

散歩写真と戯れ言のブログ

八海山を登る

2016年11月02日 | 散歩写真




I have climbed this mountain twice.
「この山に、二度登った事があります」

一番上の写真は、八海山の山頂(通称八ツ峰)方向をロープウェイ山頂駅付近から撮影したものです。
写真左端の八海山稜線をよく見ると、山小屋が写っているのが見えます、これは9合目にある千本檜小屋です。
かつて私は、この山小屋まで2度行った事があります。

今、登山がブームですが、私は若い頃から登山らしい登山をしたことがありません。
と言うよりは、避けてきたと言ったほうが良いでしょう、これと言った理由はないのですが。
ただ、不思議な事に八海山は二度も登山した事があるんです。

最初は、二十歳そこそこの頃、二度目は三十歳前の頃だったと記憶しています。
最初の登山は、これぞ八海山登山といわれる、屏風道ルートと言われる登山コースを登りました。
名前のとおり、屏風のように切り立った垂直の崖を、鎖につかまりながら登るコースです。
この時は、父親の知人から誘われて、父親と一緒に三人で登りました。
私は、軽い気持ちでくっついて行ったのですが、まさか切り立った垂直の崖を登るとは夢にも思いませんでした。
しかもです、天候は雨が降っていて、登っている時はガスが掛かって、視界がほとんど効きませんでした。
やっと千本檜小屋に到着した時は、やっと生きた心地がしました。
小屋のお客は私達三人だけ、濡れた服を脱いで乾かしたのを覚えています。
山小屋で記憶に残っているのが味噌汁です、寒くて山小屋で味噌汁を注文したのですが、確か一杯500円だったと記憶しています。
今だったら一杯千円位に感ずるほどの金額ですが、山の上はなんでも貴重品ですから、やむを得ないとは思います。
でも、凍えた体に熱い味噌汁を飲んで、元気が戻ってきたことは確かです。
私は、今も生きていますから、無事に下山したわけです、でも垂直の崖と雨に煙ったことしか覚えていません。
もう一度、同じコースを登ろうと言われたら、絶対に行きません。

二度目は、当時の八海山ゴンドラを利用して山頂駅まで上がって、そこから千本檜小屋まで登りました。
こちらは片道二時間くらいだったかなと思います、まあ屏風道ルートと比較したら、お気軽コーストいえるかもしれません。

どちらの登山も、千本檜小屋までで、八ツ峰は登っていません。
八ツ峰に登るには、それなりの覚悟(当然腕も)が必要な場所ですからね。
以前NHKの大河ドラマで放映された天地人のイントロ場面で、主人公の直江兼続が立っているところが八ツ峰の一つです。
私は、怖いです.....

下の写真は、ロープウェイ山頂駅付近で、紅葉を求めて撮影しました。
風で落葉してしまったと聞きましたが、殆どの木が丸裸に近い状態でした。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モデルチェンジ | トップ | 虹だ!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散歩写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。