パソコン上達日記2

独身の美魔女がつれづれを語るブログです。

乳がん術後から1年と6か月後

2016-10-13 07:28:00 | 乳がん

この1年と6か月の間にも、同世代の知人が乳がんに2人もなってしまった。・・・

その方の一人が、「無事手術を終えました」との報告メールが届いた。とても嬉しい。週末にはお見舞いに行く。

彼女は私が仕事復帰した時、私の顔を見て涙ぐんで抱き合った「よく戻ってきたね。嬉しい」と、言ってくれたから、乳がんになったと聞いたときは、本当にショックだった…。

治療は同じ病院だったので、それから色々自分の経験を手紙に書いて、何度か渡した。手紙なら必要に応じて読み返せるから。手術前は、逢って長時間話した、身近なサンプル例(私)を見たら彼女も少しは、気持が和らぐかもしれないと思って。


 

職場の人に「乳がんになっても、働けるんだね」 と 言われたことがある。がんというと死の病 というイメージがまだ一般的に強いけれど、昔に比べたらガンに対する対処療法が進んでいるから、早期発見すればするほど 予後は治療前と変わらない生活を送れるのが乳がんの特徴。

私はリンパ廓清をして、放射線治療 抗がん剤半年 ホルモン治療もしているけれど、仕事に復帰した。病名を隠さずにきちんということで 周囲の乳がんに対する理解が深くなることもある。もちろん理解してくれる人ばかりじゃないし、働くにいたって、日々これまで経験したことない精神的な苦しみと辛さに直面することもあったが、それでもこうして元気に働いている。

自分が元気に働くことは、ガンになっても大丈夫だよってことを周りに発信できる。同時にがんの怖さも伝えることが出来る。だから無駄じゃないかと思う。無駄ってこと(笑)ないか。

これまで色々な人達の励ましを頂いた、これからは自分がそれが出来るように 彼女の力になれるように頑張ろうと思っている。

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« プリンター問題 | TOP | 幸楽苑異物混入それは…指 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。