パソコン上達日記2

日々の雑感を戯れに綴ります

SMAPであって、SMAPじゃない

2017-01-04 19:50:18 | つぶやき

年が明けてもSMAP関連のニュースが目立つ。それだけ人気者だったということだろうけど。

ただこれは幼稚だなと。[SMAP“キムハブ”忘年会 森くんと4人の「入」と「出」一部始終]

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170103-00516446-shincho-ent

 

会社で働くと気に入らない人ともチームを組まなくてはいけない。またいくら仲が良くても、一日何時間も一緒に過ごしていれば、お互い気に入らないこともある。仲良しチームがいいかというとそうじゃない。そこには、甘えが出るし、競争がない。大人ならプライベートと仕事をきっちり分け、バランスとることは、珍しくない。距離をとるほうが、お互い客観的になるし、自分に対しても冷静になれる。

SMAPも、そうである。年末に解散したなら、もう焼肉屋でお別れ会やっているSMAPは、SMAPであって、SMAPじゃない。だから、森君が参加しているんだろう。なのに、こういう風に記事を書く。書いたほうが売れるし、ハブタクと呼ぶほうがインパクトあるからだろう。色んな憶測を呼ぶからだろう…。

けれどもし木村君がこの焼き肉屋に参加してワイワイやっていたら、そのほうがおかしいだろう。(どういう理由がしらないが)解散するのに、5人揃った姿を生でファンに見せないという重い選択を、プロとして決断した意味が全くなくなる。

この場合、最後だし飲み会でもやろうか~とプライベートで集まるのは、当たり前だし、おかしくないが。それはもうSMAPであって、SMAPじゃない人達の集まり、プライベートなもので、好きなようにやればいい。そこに何か幻想を見たい気持ちがあるかもしれないが、夢は潰えたと思う、あの謝罪会見で。

それをハブタクとかで、さもファンの憶測、一般の方達の関心を呼ぶような書き方をする週刊誌。

SMAP問題で、いい加減な憶測記事しか出せないし、彼ら本人に取材も出来ない。なのに、こうした幼稚などうでもいい場面で、あとをつけ回して、「木村君がいないですね」とか、得意満面で記事にする。幼稚でしかない。週刊誌は、本丸の部分に取材すればいいのに。そういった勇気もない。情けない。

木村君がいないことより、大人なら、もっと聞かなきゃいけないことがあるはずでしょ。┐(´д`)┌ヤレヤレ

プロとしてどう思うのかという部分で、彼らに直接聞けないという異常さは、なかったことのように、置き去りにされてく。こわいなぁ。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 映画「俺はまだ本気出してな... | TOP | 「世の中に片付くものなんて... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。