パソコン上達日記2

日々の雑感を戯れに綴ります

渡鬼・・・唖然のドラマ

2016-09-18 22:31:01 | 番組コラム

怠いからお風呂から出て早く寝ようかなと思ったけど、何となくテレビつけたら「渡鬼」がやってた。

長台詞が相変わらず、すごい。何というか…えっこれがドラマ?みたいな全体的ズレ感も酷い。

泉ピン子演じる五月(さつき)が、一人で色んな親戚の家に行き、時間をつぶすという物語(笑)

ピン子は、がむしゃらに働いてきたけど、もう人生も終盤、「幸楽」も娘夫婦の経営にシフトしていくのだが…それを受け入れたくないピン子。1か月のお休みをもらっても、家族にべったりすることでしか時間をつぶせない人がピン子の役。

家族に依存する生き方は、もうやめようでも、家族っていいねみたいなとこに落ち着くんだろう。それにしても、ダサいのを通り越して恥ずかしいくらいズレてる。


 渡鬼は、リアルな家族像を描いてきたホームドラマ。親子の問題、嫁姑問題 遺産相続など…まさに他人の不幸は蜜の味を橋田脚本で見せてきたけど、今回は「渡鬼の残骸」まで、見せられてる感じ。

ドラマとして成り立つの?これが?というレベル。酷いなぁ。コントでも見られないくらい、ありえなさ加減がもう…このありえなさ加減を数えることで楽しめるドラマだと思う。とにかく設定・中身がスカスカで、何のリアリティも感じられない。

全く現代的な家族像から離れている設定に始まり、誰かの都合で進められていくような物語…脚本家の頭にある現代の家族像がこれか…という驚きもある。橋田寿賀子氏の脚本だろうか?それなら仕方ないけど。もうお歳だし、庶民の生活とか知らないと思うから。たぶん雑誌とか人から情報を仕入れているんだろう(笑) そのあたり、あり得ない設定としてよく出てくるから。

泉ピン子のプロモーションドラマともいっていい「渡鬼」、AKBならプロモ的ドラマでも許せるが(笑)。

しかも、これ2夜連続らしいね~ピン子のプロモドラマが4時間枠で放送。凄い待遇。

 他の番組であまり見られないのが残念。愛ちゃんも、どんどん性格がきつくなってしまっている。よくやっていらっしゃるなぁ。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 真田丸第37回「信之」パパ... | TOP | 大腸検査1 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。