パソコン上達日記2

日々の雑感を戯れに綴ります

北朝鮮ミサイルの疑問

2017-04-29 11:54:50 | はつちゃんの毎日

仕事お休みなので、朝7時過ぎに起きました。

テレビをつけたら、神田沙也加さんご結婚のニュースが流れていました。沙也加ちゃんも、もう30歳ですか…年月の早さを感じます。若い人は神田沙也加さんが松田聖子の娘ということ、知らないらしいですね。私から見ると、そちらのほうが驚きですが。沙也加ちゃんは、聖子とは違うまたオーラーがありますね。彼女は話し方、表情、立ち居振る舞いに品があるから大好きです。


 チャンネルを変えると…北朝鮮のミサイル攻撃のニュース…。東京メトロが止まり、新幹線も止まりました。Jアラートを知らない人も多いと思うけれど、ミサイル攻撃に対してどうするのか?現実味を増してきたなと思っています。北朝鮮という国は、まともではありません。私は、楽観視できない性格なので、アメリカが先制攻撃をするんじゃないかと思っています。

国連の会議でも、北朝鮮の標的は日本(東京)・ソウルになっていると言われました。

不思議に思うのは、アメリカ・ロシア・中国の軍事大国なら、例えばこの北朝鮮のミサイル発射がいつになるか、簡単に分るような気がするんですよ。情報戦というか、アメリカはCIAもあるし。どう考えても北朝鮮という国は、お金に困っているようだし、どこかザル状態だろうし…。もしかしたら、北朝鮮をめぐる世界の黒い思惑が背景にあるのかもしれない。たぶん日本は、その思惑グループから外れているんでしょうが。核兵器がない国ですから。

戦争をしたい、北朝鮮にミサイル発射して欲しい、そういう人達の思惑に操られて、北朝鮮の上層部はあんな暴走しているのかもしれません。

日本はもう戦争をしたくない、平和でいい、そういう国です。ミサイルが飛んで来たら諦めるしかない。ただ諦めるのか、準備(避難したり)するかの違いで。そこは自然災害と似てますが。アメリカが攻撃するのか、韓国が攻撃するのかわからないけど、日本は攻撃出来ません。日本憲法の平和主義、9条も含め現実的な戦争に対しては、「攻撃されるのを待ち、防御するだけで何もしない」ということだから、こういう場合黙って諦めるしかないですね。

その一方でGWで海外に出国する人達のニュースもいつもどうり、流れています。平和です。ホッとします。

北朝鮮のミサイル発射、幸いにも国外に飛ばなかったのですが…もしこれが日本海近海でも、最悪日本国内、あるいは韓国都市部なら、どうなっていたでしょう。平凡な暮らしの上に不意に突如現れる「戦争」歴史は繰り返します。

異常気象でも分かるように、人類は自然と共存できるのか? 世界が真剣に考えなくてはいけない、こちらのほうが最優先事項かと思いますから、戦争をしているヒマないのでは?けれど、戦争をしたい、争いたいというのは、人の欲望を刺激するし、取り掛かりやすい…だから、世界が「ある閉塞感」に陥ると戦争にもってくんだなと思います。

 戦争は破壊だけをもたらすものではない、そう考える世界の政治家や官僚が仕事として戦争をしたがるのでしょう。日本は、非戦宣言の国ですから、アメリカのトランプさんと一緒に非難するより、中国の対話路線を進めたほうがいいかなと思いますが、本当は誰が戦争をしたがっているのか考えると、今の政府の対応を信じるしかない。ただそれしか道がないのかな。本当に。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 「緊急取調室」これは視聴率... | TOP | 心は、年をとらない »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。