パソコン上達日記2

日々の雑感を戯れに綴ります

2016全日本女子フィギュアショートの感想

2016-12-24 19:31:29 | つぶやき

天皇誕生日の祭日も、クリスマスイブも休みなく、がっつり仕事。色んな悩み苦しみがあっても、聖なる夜はやってくる。とりあえず明日はお休みだし。

今夜はスケートを見て休息を。技術点の点数が表示されるのは面白いかなと思った。採点競技ということがよく分る。(邪魔という人もいるかと思うけど)それから、高橋大輔君、話術の部分であまり解説に向いていない(メイン解説は本田さん)ように思う、元スケーターからの観点というのを視聴者は期待している(私は)と思うけど、そういった感じではない。サブ解説なら、佇まいやインタビュー、織田信成君のほうが、上手いというか聞かせる言葉をポンポン入れるような気がする。たぶん場数の差だろう。では女子の感想を


 本郷ちゃん

ヴォーカル曲に相応しい大人の女性の壮大な演技、表現力が素晴らしい、彼女の世界感が確立されていて感動!今シーズン思うような成績ではなかっただけに、このショートの結果は満足出来たのでは?フリーが楽しみ

女王宮原知子ちゃん

3連覇かけているんだね~。狙って取りに行くと今回宣言したんですって。この言葉どうり、まさに「盤石の演技」。高橋解説も述べていましたが「安心」というのかな、見ている観客も安心してうっとり出来るまさに女王の演技。76.49というハイスコアで自己ベスト。宮原の演技は、力みがみえない、そこが凄いなといつも思う。

松田悠良

この選手に限らず、ジュニア選手も彼女もスケーターは、可愛く美人ばかりだなと思う。個人的には前回のほうが良かったかな。後半にジャンプを組むのも当たり前。レベルが毎年上がっている

木原万莉子

さくらさくら…最初のジャンプが抜けたのがすごく残念。このプログラムは外国の方が好きそうだなと思う、日本的な振り付けだし、もっと極めればいいプログラムになると思うけどなぁ

樋口若葉

強気な樋口が私は大好き。後半の3-3のジャンプの高さは圧巻。力強くて、タフな感じがする。宮原のようなタイプとはまた違うから、彼女も世界選手権に出て欲しいなぁ。

村上佳菜子

「カルメン」う~ん…表情が硬いのが気になった、ジュニアの選手他、みんな表情にもとても気を配っている…村上の実力からするともっ。と、出来てもいいはず。後半ステップは良かったし、最初のジャンプが素晴らしかっただけに。それから…音楽が難しいなと。シンプルな音だけにすればもっと見栄えがいいような…


 三原舞依

17歳。GP大会の演技は素晴らしかった…そしてこの大会でもパーフェクトな演技。かろやか。難病を克服した彼女、スケートの楽しさが伝わってくるような演技で見ていて心地いい。

新田谷凛

最初のジャンプがあまりに残念!振り付けは鈴木明子さんらしく優雅だった…もう少し滑りにスピード感があるともっと見栄えがするような気がする

本田真凜

世界ジュニアのチャンピオン。あのロシアっ子を押さえた本田は凄い!容姿端麗でアイドルみたいな現代的で可愛らしい彼女、スケートに関しては天才肌なのかもしれない。数年先、樋口に対抗するのがこの本田だと思っているけど。表現力が高く、ジャンプも正確 笑顔がやわらかく何という可憐さでしょうか。可愛すぎますね…。しかもインタビュー、しっかりした大人顔負けの受け答え。頭もいいんですね。

永井優香

美人スケーターばかりの全日本女子。この方も、人気ありそう…今シーズンはやや不調かと。演技が終わったあと、涙を流していたけれど、どんなことを思ったのだろうかと。感極まったのかな。

廣谷帆香

アップテンポの曲に負けない元気いっぱいのジャンプ。中盤から後半ややスピードが落ちたのが残念。

浅田真央

トリプルアクセルは決められなかったけど、演技が終わった後も充実感からか、さっぱりした表情をしてた。このショートのプログラムも、ステップの部分が浅田らしい見応えのある振り付け、それを堂々と見せた。明日もただ黙って浅田選手を見守りたい。

引き続き男子ですが、もう眠いから、録画しようかな~どうしようか…。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« みんな真田丸が好き | TOP | 愛と幻想のSMAP »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。