悪質請求にご注意@ネットのトラブル駆け込み寺

悪質請求業者注意喚起情報を連日更新中!

0345776349/03-4577-6349が連絡先のヤフーカスタマーセンターに折り返してはいけません

2017年08月09日 | 架空請求・不当請求

03-4577-6349が連絡先のヤフーカスタマーセンターに問い合わせしてはいけません!

もし関わってしまった場合の危険度判定結果は?

危険度:CAUTION

インターネットに関するトラブルのご相談が急増しています。
突然、身に覚えのない未納料金や滞納金の請求がきたらご注意ください。
決して悪質請求業者の要求に応じてはいけません。
一度でも連絡をしてしまうと、その後も何度も請求される可能性がございます。
もし何かご不明な点があれば、弊社の無料相談をご利用ください。

 

この業者についての詳しい情報もご確認ください

 

※連絡はダメ、絶対!
0345776349
03-4577-6349
ヤフーカスタマーセンター

不当請求例
会員登録の未納料金が発生しております。本日中にご連絡がない場合、法的手続きに移行します。ヤフーカスタマーセンター0345776349

※実在する同じ名称の業者、団体、会社とは一切関係ありません。
※悪質な業者は実際に存在する会社名を詐称しているケースもあります。

上記の業者に対して気を付けるべき点や対処法は?

実在する有名な会社を騙り、SMSやメッセージでお金を請求してくる悪質な業者が増えています!
もしもあなたの携帯端末に、その様な不審な請求が届いた場合、連絡を返してはいけません。
一度でも電話やメールでコンタクトをとってしまうと、非常に面倒なトラブルになってしまう相談例もございます。
個人情報の漏えいを防ぐ為にも、安易に悪質な業者に連絡をとらないようにしましょう!

探偵社タイムでは無料電話相談を承っております

電話問い合わせ
11:00~21:00

探偵社タイムの無料メール相談フォームはこちらです

メール問い合わせ
お問い合わせフォームは24時間365日受付!

本日のコラム

こちらでは特殊詐欺被害を未然に防ぐための知恵袋や、弊社スタッフのマル秘情報などを不定期更新していきます。

ネットのトラブル駆け込み寺 探偵社タイムの悪質詐欺被害対策コラム3
過去最悪のペースで増えている「特殊詐欺」、その中でも特に被害額が増えている手法が、被害者にレターパックや宅配便で現金を送らせる「送付型」だそうです。
警察庁による現金授受の手口別分析では、平成26年9月に初めて「手渡し型」を上回って「送付型」が最多になったとの発表もありました。

特殊詐欺とは?
オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺等の「振り込め詐欺」に加えて、近年増加傾向にある金融商品等取引名目の詐欺、ギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺、異性との交際あっせん名目の詐欺、それ以外の特殊詐欺の8類型を総称しているそうです。

こちらでは、様々な特殊詐欺の特徴や対処法をご紹介させていただきます。
被害を未然に防ぐには「詐欺業者がどんな手法でアプローチしてくるのか?」また「実際に被害にあいかけた際に、どう対処すればよいのか?」を知る事が大切です。

特殊詐欺 その3
【架空請求詐欺(支払え詐欺)】
身に覚えのない利用料金請求のことで、郵便はがき・告発通知の封書・インターネット等を利用して不特定多数に、架空の事実を口実に料金の請求や、偽の裁判通知などの文書・メールなどを送付するなどして、現金を預金口座等に振り込ませたり、宅配便やレターパックによる郵送などで送金させるなどの方法によりだまし取る詐欺の総称。
《手口の一例》
身に覚えのない不審なメールが携帯電話に突然届いた
最終通告と記載してあるが事前に連絡が全くなかった
《対処方法》
安易に連絡を入れない事が鉄則です。
万が一、連絡を入れてしまったら、すぐに専門家に相談しましょう。

悪質な業者についての情報をお持ちの方へ

探偵社タイムでは皆様からの情報提供もお願いしております。
ご提供いただいた情報は、弊社にて調査を行った後に注意喚起記事として掲載する場合がありますが、注意喚起以外の目的で利用することはございません。
ここで提供された情報を他のかたと共有することで、少しでも被害を未然に防止できればと考えております。
ご協力よろしくお願いいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0368121469/03-6812-1469が連... | トップ | 0363847364/03-6384-7364が連... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL